SAP環境の簡素化

SAPインフラストラクチャを、低速で非効率的なディスク型や、最適化されていないハイブリッド型ストレージシステムで運用する場合には、複雑さに加え、多大な時間と工数を要することが少なくありません。ピュア・ストレージは、このような問題に対する改善策を提供します。オールフラッシュの導入により、速度が大幅に向上します。また、運用、管理、ディザスタリカバリにおいて、ディスク型のアーキテクチャでは不可能な多くのメリットを実現します。お客様のビジネスの加速化にお役立てください。



SAP環境のためのCisco+Pure

シスコの検証済み設計(CVD: Cisco Validated Design)プログラムは、顧客先へのサービス展開の信頼性と効率性を上げる目的で設計・検証され、文書化されたシステムおよびソリューションです。

SAP環境にピュア・ストレージが選ばれる理由

―約2分の動画にまとめました―

 

ピュア・ストレージはSAPを加速します

SAP認定

Pure Storage FlashArray//mは、SAP HANA®プラットフォーム用のエンタープライズストレージソリューションとして、SAP社に認定されています。ピュア・ストレージは、SAPのTailored Datacenter Integration(TDI)に参加しています。TDIは、SAP HANAのためのコンピューティング、ネットワーク、ストレージの構成要素をお客様が選択することを支援します。

SAP認定の詳細を読む

高速に、俊敏に

導入にかかる時間を3分の1に短縮し、99.999%の可用性で1ミリ秒未満の低遅延を実現します。無停止でのアップグレードと拡張が可能です。複雑性も軽減します。ストレージの調整、階層化、データの移行、保守中のダウンタイムは不要です。ピュア・ストレージが提供するvSphereプラグインにより、統合管理ができます。簡易性を提供します。

コスト削減

業界屈指のデータ削減技術が、お客様のストレージの購入量を抑制します。また、ピュア・ストレージ製品は、TCOを劇的に削減します。オールフラッシュ導入により、電力消費、冷却費用、設置スペースの削減が可能となります。データ移行やフォークリフトアップグレードも不要です。


SAPのバックアップ処理時間を5分の1に短縮

ピュア・ストレージのスナップショットは、データ量が多い場合でもほぼ瞬時に取得可能で、容量の使用効率に優れています。システム管理者は、本番環境への影響を最小限に抑えながら、バックアップとリカバリのプロセスを大幅に高速化できます。

SAP HANAのための基盤

SAP HANAは、大量のデータをリアルタイムで分析する、新世代のアプリケーションを実現します。ピュア・ストレージのオールフラッシュは、SAPの認定を受けた基盤として、HANAのパワーを最大限に引き出します。

さらなるデータ削減

FlashArray//mにより、SAP HANAのデータ削減能力に加えて、さらに47%~57%のデータ削減が可能となります。結果として効率性が向上し、コスト削減につながります。

HANAのCPUサイクルを抑制

HANAの暗号化機能を無効にして、FlashArray//mの、より包括的な暗号化機能を利用することで、HANAの処理能力を節約し、クエリの処理を効率化することができます。

バックアップとリカバリ機能を標準搭載

FlashArrayでは、スナップショットを高速かつ効率的に作成できます。バックアップとリカバリのプロセスの自動化により、目標復旧時点(RPO)と目標復旧時間(RTO)を大幅に短縮することができます。Backintツールは必要はありません。

HANAのトータルコストを低減

クエリのパフォーマンスへの影響なく、HANAのコストを削減します。Dynamic Tiering機能により、コールドデータとウォームデータをFlashArrayに移動し、ホットデータをSAP HANAに残すことができます。


「当社の分析アプリケーションは、ハイエンドのディスクストレージアレイでも対応が困難でした。ピュア・ストレージ製品への移行により、パフォーマンス向上の可能性が飛躍的に高まりました。Microsoft SQL Server のデータを 9分の1 に削減できたことは驚きです。」
CIO Jeff Geltz氏
Mattersight社
「物理ホストはもう必要ありません。ピュア・ストレージがすべてを仮想化してくれます。」
IT部門責任者Dave Comben氏
Investec Asset Management社
「ストレージで感動したのは初めてです。」
ITマネージャーJason Strom氏
Factory Motor Parts社

Pure Storageおよび「P」のロゴは、Pure Storage, Inc.の商標または登録商標です。他のすべての商標は、それぞれの所有者の登録商標です。

注目の技術パートナー