注力する領域

  • データ保護
  • データベースソリューション
  • eコマースおよびWeb管理
  • 超高速なブロックワークロード
  • AI(人工知能)
  • ML(機械学習)
  • IoT(モノのインターネット)

対象とする業界

  • 医療・ヘルスケア
  • 金融サービス
  • 製造
  • 小売
  • テクノロジー
  • 運輸
  • 電子機器
  • 保険
  • 通信

RACKSPACE.COM

マネージドクラウドプロバイダとして最大手のRackspace社と、ピュア・ストレージとの連携により、オンプレミス環境を利用するお客様が、ワークロードを、自身のデータセンターから世界的大手のマネージドクラウドプロバイダ環境へレプリケートもしくは移行することが可能になりました。

主な特長

優れた高速性:ピュア・ストレージのFlashArray™を基盤とした、NVMeベースの「Ultra-Fast Performance Rackspace Dedicated Block Solution」は、現在のミッションクリティカルなブロックワークロードだけではなく、AIや機械学習、IoTなど、複雑なデータを扱う未来志向のワークロード、そしてクラウドと連携するワークロードにも適しています。

マルチクラウド化:Rackspace社は、Professional&Advisoryサービスによる専門的なサポートにより、お客様のデータのクラウド移行を支援します。お客様のデータワークロードのアセスメント、アーキテクチャー、移行をサポートし、お客様のデータの管理、保護の負担を軽減します。

Fanatical Experience™(徹底したユーザエクスペリエンス):Rackspace社の3,300人を超えるクラウドエンジニアが、複雑なワークロード、クラウド、6,500以上のアプリケーションに関する専門知識によって、アセスメント、移行、運用に必要なサポートを提供します。Rackspace社は、優れたツールと自動化、常時オンのサービスにより、お客様の期待に応えています。

Purityオペレーティング環境をベースとするエンタープライズクラスのストレージ:ピュア・ストレージのFlashArrayブロックソリューションは、大規模運用にも適応するように設計されており、高度なカスタマイズが可能です。また、FlashArray内のデータは、連邦情報処理標準(FIPS)140-2認定済みのAES-256暗号化(保存データ暗号化: Data at Rest Encryption)により継続的に保護されています。


参考資料

RACKSPACE & Pure Storageのパートナーシップ発表

Rackspace社とピュア・ストレージのデータシートとソリューションの概要

Rackspace社について

Rackspace社は、マネージドクラウドプロバイダとして業界最大手であり、オールフラッシュアレイ市場の主要ベンダーであるピュア・ストレージと協力関係を築いています。オンプレミス環境を利用するお客様が、ピュア・ストレージの技術を基盤に、ワークロードを、自身のデータセンターから世界的大手のマネージドクラウドプロバイダへレプリケートもしくは移行することが可能となっています。

800-379-7873 +44 20 3870 2633 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 9 75 18 86 78 +49 89 12089 253 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 (0) 20 201 49 65 +46-101 38 93 22 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 31 52 80 624 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387

ピュア・ストレージ導入
簡単 3 ステップ

1. ニーズご相談

データ・ストレージのニーズについて個別にご相談をお受けしております。

2. PoC 実施

お客様にご協力いただき、専門チームが PoC(概念検証)を実施します。

3. ピュアへ移行・ピュアを導入

総所有コスト(TCO)削減効果を実証し、移行・導入のお手伝いをいたします。