スタック全体の
分析を可視化

Pure1®はこれまでに、ストレージ層での豊富な分析機能をお客さまに提供してきました。そして、VMware環境でのボリュームおよびVM上の詳細なパフォーマンス指標を介して、スタック全体の可視化が可能となりました。

トラブルシューティングを素早く

スタック全体の可視化により、遅延の問題やその他のボトルネックを突き止めるために必要なデータポイントを把握し、ワークフローの遅延、帯域幅、IOPの問題の解決に役立てることができます。


全システムの状態確認をいつでも便利に

FlashArrayやFlashBlade™の稼働状況は、Pure1® Global Dashboardにログインすることで確認することができます。監視対象が1つでも複数でも、シンプルさは変わりません。通知やアップデートの確認、レプリケーションスケジュールの追跡までも電話で行うことができます。

Created with Sketch.
「Pure1®では、ひとつのコンソールですべてのデータをリアルタイムで監視することができます。」
ITシステムズマネージャー、Stefan Seerden氏
Trespa社
Created with Sketch.
「ピュア・ストレージを導入して楽になりました。」
フェローJustin Stottlemyer氏
Shutterfly社
Created with Sketch.
「担当者によると、UIを見て、ものの数分で機能を理解できたとのことです。非常に使いやすいのだということが分かります。」
シニアマネージャーSasha Kipervarg氏
Workday社

スナップショットカタログに簡単にアクセス

ターゲットがピュア・ストレージのアレイでもNFSでも、すべてのスナップショットを1か所で簡単に確認できます。


ActiveClusterの状態を追跡

ActiveClusterは、シンプルさを念頭に置いて設計されています。Pure1経由で、すべてが同期していることの確認や、RPOの状態を確認できます。レプリケーションの指標履歴も参照できます。これによりビジネスの継続性が保証されます。


アレイのパフォーマンスを監視する

Pure1®はSaaSベースであるため、すべてのレポートはどのブラウザからでもアクセスできます。API経由でデータをエクスポートし、任意のツールにより詳細な分析を行い、Pure1® Analyzeを使用して現在および将来の負荷と容量のニーズを予測します。

製品 - Pure1 - 管理

ローカルで管理する場合でも、クラウドで管理する場合でも、ソフトウェアのインストール、アップグレード、管理は不要です。サーバーを追加する必要もありません。さらに、Pure1のクラウドベース、SaaSベースであるがゆえの、ピュア・ストレージが継続的に改良する機能をすぐにご提供できるという利点もあります。


どのデバイスからでも管理が可能

ファイアーウォール内から接続する場合も、VPN経由で接続する場合も、Pure1では完全な管理者権限でアレイにログインできます。ネットワーク接続が可能であれば、ブラウザ、デバイス、および場所を問わずにアクセス可能です。


リアルタイムデータと履歴の表示

ストレージ展開の効率性の確認するには、Pure1 Analyzeを使用します。パフォーマンスと容量の使用状況を詳細にリアルタイムで追跡することができます。また、ストレージ使用状況の時系列での傾向を確認することもできます。

Track Real-Time Performance and Capacity Consumption
Created with Sketch.
「Pure1®では、ひとつのコンソールですべてのデータをリアルタイムで監視することができます。」
ITシステムズマネージャー、Stefan Seerden氏
Trespa社
Created with Sketch.
「ピュア・ストレージを導入して楽になりました。」
フェローJustin Stottlemyer氏
Shutterfly社
Created with Sketch.
「担当者によると、UIを見て、ものの数分で機能を理解できたとのことです。非常に使いやすいのだということが分かります。」
シニアマネージャーSasha Kipervarg氏
Workday社

注目の技術パートナー

テクニカルサポートへのお問い合わせ
経験豊富なサポートエンジニアが積極的なサポートを提供します。

ピュア・ストレージと繋がりましょう。

お問い合わせありがとうございます。

当社専門スタッフよりご連絡を差し上げます。