ソフトウェア定義のストレージ

ソフトウェア定義のストレージとは

ソフトウェア定義のストレージ(SDS)は、データストレージのアプローチの1つで、ソフトウェアがストレージ関連のタスクを制御するいっぽう、物理ストレージハードウェアから切り離され、コモディティハードウェアの使用を可能にするものです。

ピュア・ストレージのPurity オペレーティング環境は、ソフトウェア定義のストレージのメリットを享受するための高度なサービスを提供します。Purityを構成する重要な要素には、業界をリードするデータ削減、パフォーマンスを損なわないティア 1の耐障害性、標準搭載のディザスタリカバリと保護機能、グローバルなフラッシュ管理などがあります。Purityは可変ブロックサイズを中心に設計されており、特に混在環境および仮想化環境で、すべてのアレイにおいてI/Oが可変サイズであることを実現しています。