サーバー仮想化 とは

サーバー仮想化 とは

サーバー仮想化とは、仮想化ソフトウェアを用いて1台の物理サーバー上に複数のオペレーティング・システム(OS)を動作させることを指します。サーバーの仮想化は、これまでサーバーの管理・保守にかかっていたコストや負荷を削減することができるため、最新のITデータセンターの重要な要素になっています。具体的な仮想化ソフトウェアには、VMware Workstation や VMware Fusion、VMware ESXi、Microsoft Hyper-V などがあります。

サーバー仮想化のメリット・デメリット

サーバー仮想化のメリットは、仮想環境でもたらされる効率の向上とコストの削減にあります。ITインフラにかかるコストを大幅に節約し、物理サーバーを購入・設置するよりも低リスク、かつ、低価格で導入することができます。

しかし、サーバー仮想化にもデメリットはあります。それは、仮想化の使用を拡大しようとする場合、複雑さとコストを増大させてしまうハードウェア設計に直面するということにあります。高速性、信頼性、柔軟性を備えたソリッド・ステート・ストレージへの統合は、コスト効率の高い方法であり、必要に応じて仮想化を拡張することが容易です。

ピュア・ストレージのソリューションは、仮想化されたサーバー環境に特に適しています。FlashArrayは、あらゆるワークロードを仮想化して統合する能力と、ビジネスの成長に適合するモジュール性を備えています。ピュア・ストレージのソリューションは、Evergreen Storageプログラムと組み合わせることで、ディスク・ストレージよりも低コストで、オールフラッシュのもつ高速性、拡張性、信頼性を10年以上に渡り提供します。