ハイブリッド・インフラのニーズの明確化

ハイブリッド・インフラの利用と要件の分類考察

アナリストレポート

(11 ページ, 693 KB)

パブリック・クラウドとプライベート・クラウドの橋渡しをするハイブリッド・インフラは、エンタープライズIT環境におけるパブリック・クラウド採用の増加に伴い、IT環境の新たな標準となっています。組織にとって最適なハイブリッド・クラウドを構築し、本当に役立つものにするには、ニーズや利用シナリオを正しく理解することが重要です。

エンタープライズIT市場では、過去5年間、「ハイブリッド・クラウド」「ハイブリッドIT」「ハイブリッド・インフラストラクチャ」などの用語が広範に使用されている。しかし、これらの用語は、類似機能の集まりや基盤となるニーズを意味するものではない。

エンタープライズ企業のおよそ80%がハイブリッド・インフラを既に実装しているか、実装を計画しています。ハイブリッド・インフラとは何でしょうか。将来に向けてどのように進化しうる、あるいは進化させるべきでしょうか。本レポート(日本語版)では、ハイブリッド・インフラのニーズ、使用法、および要件について、詳しく解説しています。

概要

  • ハイブリッド・インフラ環境を積極的に利用している企業、導入を計画している企業の状況
  • ハイブリッド・インフラの使用法6種
  • ハイブリッド・インフラの統合要件
本レポートは日本語版です。ぜひご一読ください。フォームにご入力のうえ送信していただきますと、すぐにダウンロード可能となります。