サービスとしてのストレージ(STaaS)のビジネス価値

ESGによるデータ保護とデータ利用可能性に関する調査結果

アナリスト・レポート

(7 ページ, 1 MB)

柔軟性、俊敏性、利用の透明性を提供する新しい消費モデルへの需要は高く、サービスとして提供する「as-a-Service」モデルの採用は加速し続けています。IDC社の調査では、ストレージ・デバイスを含むITインフラストラクチャを利用するために、多くの企業がこれらのモデルに移行している理由が示されています。

本レポート「The Business Value of "as a Service" for Storage Environments」(ストレージ環境における "as a Service" の価値)は、IDC のリサーチ部門ディレクター Susan Middleton 氏の執筆によるもので、このモデルがビジネスの俊敏性をいかに実現するかを考察しています。

本レポートでは、次の事柄を中心に解説しています。

  • 多くの企業が柔軟性、俊敏性、透明性を求め、ストレージをサービスとして提供する STaaS(Storage as a Service)モデルに移行している理由
  • STaaS によるビジネス変革、TCO 削減、イノベーション創出の促進
  • ストレージの有用性を確実にする Pure as-a-Service™ ― クラウドの経済的メリットを単一のサブスクリプションに統合

「2024 年までに、データセンターのインフラの 50% 以上、エッジ・ロケーションのインフラの 75% 以上が、サービスとして提供されるモデルで消費・運用されるようになるでしょう。」
— IDC リサーチ部門ディレクター Susan Middleton 氏

アナリスト・レポートを読む