経営陣

ピュア・ストレージでは、IT業界における豊富な経験を持つ、優秀な人材がリーダーとして活躍しています。データの有効活用で明るい未来を築くこと、エンタープライズストレージの市場に変革をもたらすことを目標に、研鑽を続けています。

エグゼクティブ
マネジメントチーム


取締役

チャーリー・ジャンカルロ(Charlie Giancarlo)

チャーリー・ジャンカルロは、2017年8月にPure StorageのCEOに就任しました。 世界の大手技術企業における成長と革新の推進に30年の実績があります。Pure Storage入社以前は、シルバーレイク・パートナーズのマネージングディレクター、価値創出ヘッドディレクター、その後2007年から2015年まではシルバーレイク・パートナーズのシニアアドバイザーを歴任し、シルバーレイクのポートフォリオ企業の戦略・事業展開の課題に取り組み、ビジネスの改善と投資機会の見極めに貢献しました。

シルバーレイク以前は、シスコ社において、最高技術責任者(CTO)、最高開発責任者(CIO)を歴任しました。シスコ社では、多品種の製品の成長をリードし、IPテレフォニー、WiFi、VPN、テレプレゼンス、SMB市場などの新市場に参入することで、さまざまな製品ラインでのR&Dの取り組みの最前線で活躍しました。

ブラウン大学で工学の学士号、カリフォルニア大学バークレー校の電気工学の修士号、ハーバードビジネススクールの経営管理修士号を取得しています

スコット・ディーツェン
(Scott Dietzen)

スコット・ディーツェンは、2010年から2017年にかけてピュア・ストレージのCEOを務め、現在は取締役副会長に就任しています。CEOディーツェンのリーダーシップのもと、ピュア・ストレージは数千人の従業員に成長し、2015年にIPOを完了しました。スコット・ディーツェンは、WebLogic社、Zimbra社、Transarc社で起業家として4度にわたって成功を収めています。ピュア・ストレージ入社以前は、オープンソースメッセージングとコラボレーションソフトウェアのベンダー Zimbra社で社長兼最高技術責任者(CTO)を努めていました。Zimbra社(現在はVMware社が買収)は、Web 2.0とオープンコアの各パラダイムのパイオニアでした。Zimbra社は当初、Yahoo! により買収されましたが、ここでもディーツェンはコミュニケーションおよびコミュニティの暫定シニア副社長(SVP)を務めました。それ以前は、BEA Systems社のCTOとして、WebLogicのテクノロジーとビジネスの戦略に貢献し、年間収益をWebLogic買収前の6,100万ドルから10億ドル以上に押し上げました。

ディーツェンは、JavaとWebアプリケーションサーバー技術のイノベーターであるWebLogic社の買収を機に、1998年にBEA社に入社しました。WebLogic社以前は、分散トランザクションシステムとファイル共有システムのTransarc社(IBM社によって買収)において主任テクノロジストを務めました。メディアへの露出度も多く、Bloomberg、CNBC、Fox Business、NBCのPress:Hereなどへの出演のほか、 Harvard Business ReviewForbesなどの媒体にも寄稿しています。ディーツェンは、カーネギーメロン大学において、応用数学とコンピュータサイエンスの学士号、コンピュータサイエンスの博士号と修士号を取得しています。

ジョン・“コズ”・コルグローブ(John "Coz" Colgrove)

ジョン・“コズ”・コルグローブは、VERITAS Software社(2005年にSymantec社と合併)を創設したエンジニアの1人です。20年間の在職中に、最終的に同社のデータセンター管理グループのフェロー兼最高技術責任者を務めました。大きな成功を収めたVERITAS Volume Manager(VxVM)やVERITAS File System (VxFS) の設計にあたった中心人物であり、後に、エンジニアリング、管理、コンサルティングのさまざまな職務に従事しました。VERITAS Software社に在職中、回転式ハードドライブの特徴に合わせたI/Oストリームとデータ構造の最適化において、業界トップクラスのエキスパートとなりました。現在は、ソリッドステートフラッシュメモリを対象として、同じ課題に再び取り組んでいます。VERITAS Software社の前は、Amdahl Corporation社で、UTSメインフレームのUNIXオペレーティングシステムカーネルの開発に大きく貢献しました。個人的な理由により2008年にSymantec社を離れた後は、客員起業制度(Entrepreneur in Residence)を利用してSutter Hill Venturesに入社しました。そこで、企業の間でソリッドステートストレージの導入が拡大していることを知り、この新たな技術の利点を最大限に活用することを目的に、ジョン・ヘイズと共同でPure Storageを創設しました。コルグローブはラトガーズ大学を卒業し、コンピュータ システムと信頼性の高いデータストレージ設計の分野で70件を超える特許を保有しています。

データ解析ソフトウェアのInterana社、スキル評価ソフトウェアのLytmus社の取締役も務めています。

ジェフ・ロスチャイルドは、1999年からベンチャーパートナーとしてAccel Partnersに参画、2005年から2015年にはFacebook社インフラストラクチャエンジニアリング部門のVPを務めました。また、Veritas Software社の共同創設者として、製品戦略、営業、マーケティングの各分野で活躍しました。Veritas社創設以前は、ストレージ管理、システムソフトウェア、およびネットワーキング分野の企業に所属していました。Vanderbilt大学で心理学の学士号を取得、同大学の運営委員会副会長としても貢献しています。データ解析ソフトウェアのInterana社、スキル評価ソフトウェアのLytmus社の取締役も務めています。

マーク・ギャレット(Mark Garrett)

マーク・ギャレットは、2007年2月から2018年4月まで、Adobe Systems Incorporated社の執行副社長兼最高財務責任者を務めました。技術分野において30年を超える財務管理の経験を積み、多数の業界大手企業に勤務してきました。2007年にAdobe社に入社する前は、EMC Corporation社のソフトウェアグループで上級副社長兼最高財務責任者を務めていました。2002年から2004年、1997年から1999年は、Documentum, Inc.社の執行副社長兼最高財務責任者を務めました。2003年12月に、Documentum, Inc.社はEMC社によって買収されました。現在は、Cisco社、GoDaddy社、サンノゼのThe Children's Discovery Museumの取締役を務めています。ボストン大学で会計学とマーケティングの学士号、マリスト大学で経営学修士号(MBA)を取得しました。

アニータ・サンズ(Anita Sands)

アニータ・サンズは2015年7月から取締役を務めています。2012年4月から2013年9月までは、グローバル金融サービス企業であるUBS Financial Services社で取締役とチェンジリーダーシップの責任者を務め、またWealth Management Americasの執行委員会のメンバーでもありました。2010年4月から2012年4月までは、UBS Financial Services社でWealth Management Americasの取締役兼最高執行責任者(COO)を務めていました。2009年10月から2010年4月までは、UBS Financial Services社のトランスフォーメーションコンサルタントでした。2008年から2009年は、Citigroup社のグローバルオペレーション&技術部門で、取締役とトランスフォーメーションマネジメントの責任者を務めました。

その前は、RBC Financial Group社とCIBC銀行で複数の管理職を歴任しました。現在は、Symantec Corporation社、ServiceNow, Inc.社、非営利団体の取締役会のメンバーになっています。北アイルランドにあるクイーンズ大学ベルファストで物理学と応用数学の学士号、同校で原子分子物理学の博士号、またカーネギーメロン大学で公共政策とマネジメントの修士号を取得しました。

フランク・スルートマン(Frank Slootman)

フランク・スルートマンは、2011年5月にServiceNow社の取締役会のメンバーとなり、2016年10月に取締役会長に就任。2011年から2017年まではServiceNow社の社長兼最高経営責任者(CEO)を務めました。それ以前も、Greylock Partners社のパートナー(2011年1月から同年4月)、EMC社の顧問(2011年1月から同年2月)、EMC社のバックアップリカバリシステム事業部長(2009年7月から2011年1月)、2009年にEMC社に買収されたデータストレージソリューション会社 Data Domain, Inc.社の社長兼CEO(2003年7月から2009年7月)、Borland Software社の上級管理職(2000年6月から2003年6月)など、さまざまな要職を歴任しています。また、1993年から2000年6月までの間は、Compuware 社のエンタープライズソフトウェア関連の二部門において管理職を務めました。ロッテルダムのオランダ経済大学(現エラスムス大学)で経済学の学士号と修士号を取得しています。

マイク・シュパイザー(Mike Speiser)

マイク・シュパイザーは現在、Sutter Hill Venturesの取締役を務めています。Sutter Hill Venturesには、2008年にYahoo!社, から移りました。Yahoo!社では、Yahoo! Groups、Yahoo! Profiles、Bixなどのコミュニティ製品部門副社長を務めました。Yahoo!社には、社長兼最高経営責任者(CEO)を務めていたBix社の買収を機に、2007年2月に加わりました。Bix社を共同創設する前は、Symantec社の会長兼最高経営責任者(CEO)であるJohn Thompson氏の下で副社長兼技術顧問を務めていました。その前は、Symantec社に買収されたVERITAS Software社で製品マーケティング部門と製品管理部門の副社長を務めていました。また、Epinions.com社も共同設立し、McKinsey & Company社のコンサルタント、CS First Boston社のアナリストを務めていたこともあります。ハーバードビジネススクールでは経営学修士号(MBA)を取得し、さらに、ベーカー スカラー を授与されました。また、アリゾナ大学で学士号を取得しました。

マイク・ヴォルピ(Mike Volpi)

マイク・ヴォルピは、Index Venturesのサンフランシスコオフィスのパートナーであり、エンタープライズソフトウェアやコンシューマインターネット企業への投資を中心に行っています。成長の後期段階のファンドにも関与し、現在はPath社、Sonos社、Lookout社、Hortonworks社、SoundCloud社、Big Switch Networks社、Zuora社、Foodily社、StorSimple社の取締役を務めています。また、Ericsson(ナスダック:ERIC)の理事も務めています。過去にはCloud.com社(現在はCitrix社の一部)の取締役を務めたこともあります。

ヴォルピはHewlett Packard社のオプトエレクトロニクス部門でキャリアを開始しました。その後、Cisco Systems社に移り、ルーティング&サービスプロバイダー技術グループの上級副社長兼ゼネラルマネージャーとして、Cisco社のサービスプロバイダー 市場 向け事業を率い、Cisco社のルーティング製品やアクセス製品をすべて担当しました。2007年には、この事業の規模が110億ドルに達しました。また、最高戦略責任者として、Cisco社の企業戦略、ならびにビジネス開発、戦略的提携、高度なインターネットプロジェクト、法務サービス、政府関連業務を担当しました。在職中は、同社の買収や投資の戦略立案に尽力し、Cisco社はこの間に70社以上の企業を買収しました。

ヴォルピは、スタンフォード大学で機械工学の 修士号と学士号、スタンフォード大学ビジネススクールで経営学修士号(MBA)を取得しています。

注目の技術パートナー

テクニカルサポートへのお問い合わせ
経験豊富なサポートエンジニアが積極的なサポートを提供します。

ピュア・ストレージと繋がりましょう。