対象とする分野

  • 事業継続性
  • データの保護
  • デジタル変革

対象とする業界

全業界、但し次の業界に対して特に注力:

  • 政府機関
  • 医療・ヘルスケア
  • 教育機関

VEEAM.COM

Veeam®社とピュア・ストレージの連携により、アプリケーションの可用性とアプリケーションの性能を向上させます。FlashArrayはVeeam Universal Storage APIと統合されており、シームレスなスナップショット管理を提供します。さらに、FlashBladeはVeeamのストレージ・ターゲットとして検証されており、高速リストアが可能です。

ピュア・ストレージは、Veeam社のアライアンス・パートナー・プログラムにおいてエリート・パートナーとして認定されています。両社は、エンジニアリング、営業、マーケティングの各分野において緊密な協力体制を築いています。ピュア・ストレージとVeeam社はまた、チャネル内に多くの相互パートナーを有しています。両社に精通したリセラーと柔軟に連携することができるため、お客様はこのアライアンスのメリットを最大限に享受できます。

Veeam社とピュア・ストレージの連携について詳しくはこちらをご参照ください。

ソリューション

ソリューションの概要を動画で説明しています。 Veeam & Pure Storage Alliance

  • FlashArrayのためのVeeamスナップショットの統合 :FlashArrayは、Veeam Hyper-Availability Platformとのスナップショット統合をサポートしています。これにより、優れたバックアップの性能、より高速なリカバリ、開発およびコンプライアンス検証のための運用データ・コピーへの容易なアクセスを提供します。ピュア・ストレージのスナップショットのサポートには、Veeam Backup & Replication™用のプラグイン(無料)が必要です。
  • Veeamの高速リストアをFlashBladeで:Veeam社は、オールフラッシュのVeeam対応リポジトリとしてFlashBladeをサポートしています。このアーキテクチャ・オプションは、大規模なデータ・セットおよび重要なアプリケーションのリストア時間の劇的な短縮を可能にします。多くのケースで、これまで数日かかっていたリストア時間を数分にまで短縮します。
  • FlashStack Miniとの統合 :仮想データ・センターのFlashStack™Miniには、コンピューティングおよびネットワーク機能、フラッシュ・ストレージ、Veeamデータ可用性ソフトウェアが組み込まれています。これにより、最も要求の厳しいアプリケーションに対して、1ミリ秒未満の応答時間で最大500〜1,200のVMwarevSphere®仮想マシンを安全に展開することができます。
  • Veeamを用いたフラッシュ→フラッシュ→クラウド(F2F2C): Veeam Backup & Replicationとの統合によって、データのバックアップとレプリケーションを制御し、パブリック・クラウドやプライベート・クラウドを扱うさまざまなベンダーのアーカイブ・プロセスを管理できます。

参考資料

FLASHARRAY とVEEAM UNIVERSAL STORAGE APIとの統合

FLASHSTACKの高可用性

FlashBladeへの高速リストア


ニュース

  • Pure is Veeam Ready- Object verified
    (ピュア・ストレージはVeeam Ready - Object検証済み)

VEEAM社について

Veeam(Veeam Software)社は、「ハイパー・アベイラブルなエンタープライズ」を実現するためのインテリジェント・データ管理におけるリーダー企業です。Veeam Hyper-Availability Platformは、お客様がデータ管理を自動化し、データの高可用性を確保するための最善のソリューションです。フォーチュン500の75%、グローバル2000の58%を含む300,000社を超える顧客を世界中に擁しています。Veeam社の顧客満足度スコアは業界平均を3.5倍も上回り業界最高です。Veeam社のグローバルなエコシステムには、57,600社のチャネル・パートナーと、19,800社のクラウド・プロバイダおよびサービス・プロバイダが含まれています。スイスのバールに本社を置き、30カ国以上に支社を開設しています。

お問い合わせ

ピュア・ストレージがお客様の成功を支えます。

テクニカルサポートへのお問い合わせ
経験豊富なサポートエンジニアが積極的なサポートを提供します。

ピュア・ストレージと繋がりましょう。