フラッシュ→フラッシュ→クラウド

データ保護の近代化

アナリストレポート

(12 ページ、1 MB)

フラッシュ→フラッシュ→クラウド(F2F2C)によるデータ保護アーキテクチャがもたらす価値とは?アナリストの分析結果を戦略的意思決定にお役立てください。

F2F2C に関しては、オールフラッシュのプライマリストレージが10倍以上の性能向上を達成したことが、昨今の IT 史上最も大きな変化のひとつとなり、組織におけるデータ保護とガバナンスモデルを真剣に検討する必要性が認識されています。(本資料より)

本資料では、F2F2C に関する次の事柄について詳しく解説しています。

  • F2F2C がディスクとテープによる従来型バックアップを置き換える背景
  • データ保護戦略を見直す際に重要となる RTO(目標復旧時間)と RPO(目標復旧時点)のバランス
  • 過去のデータの利活用が新たなビジネス価値を生み出す―F2F2C がそのための基盤としていかに有用か

お問い合わせ

ピュア・ストレージがお客様の成功を支えます。

テクニカルサポートへのお問い合わせ
経験豊富なサポートエンジニアが積極的なサポートを提供します。

ピュア・ストレージと繋がりましょう。