ピュア・ストレージがサイバーエージェントにデータ・テクノロジーを導入

ピュア・ストレージがサイバーエージェントにデータ・テクノロジーを導入

2021 年 5 月 11 日

マルチクラウドの世界でストレージ・アズ・ア・サービスを提供する IT のパイオニアである Pure Storage, Inc. の日本法人であるピュア・ストレージ・ジャパン株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 田中良幸、以下 ピュア・ストレージ)は、インターネット広告、メディア、ゲーム事業を展開する株式会社サイバーエージェント(以下、サイバーエージェント)が、ピュア・ストレージの最新のデータ・テクノロジーをプライベート・クラウドに導入したことを明らかにしました。

サイバーエージェントは、インターネット広告、メディア、ゲームと、インターネット産業に軸足を置いた 3 つの事業を展開しています。事業拡大を続ける同社の成長を支えるため、柔軟な IT インフラが不可欠となっています。サイバーエージェントの事業部門はサービス開発や運用に、オープンソースベースの OpenStack を用いた、Kubernetes を基盤としたプライベート・クラウド環境を利用しています。

サイバーエージェントは、3,000 以上の仮想マシンと 500 台規模のサーバーを備えたプライベート・クラウドの要求に耐えるために、信頼性の高いストレージ・インフラストラクチャの必要性を認識していました。アップタイム(連続稼働時間)は、妥協できませんでした。ピュア・ストレージを選択した理由の中でも特に、ピュア・ストレージの ActiveCluster™ 機能によって高可用性を確保できることが、大きな決め手となりました。

株式会社サイバーエージェント 技術本部プライベートクラウドグループ HW チーム チームリーダーの宮元裕樹氏は、次のように述べています。

「ピュア・ストレージのソリューションにより、プライベート・クラウドで求められる高い性能要求に応え、仮想マシンの切り出しも、開発者を待たせない、大幅な時間短縮を実現できました。
さらに、ActiveCluster の筐体間 Active-Active 構成が極めて安定して稼働し、障害時に運用者が稼働をかけることなく自動復旧するため安心できます。」

株式会社サイバーエージェント
技術本部プライベートクラウドグループ HW チーム チームリーダー 宮元裕樹氏

ピュア・ストレージの管理プラットフォームは、潜在的な問題を予測し、事前に警告するため、チームはさらに安心することができます。これにより、企業が事業を拡大する際の IT インフラストラクチャの拡張計画など、より戦略的な問題に集中できるようになります。

ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社の代表取締役社長、田中良幸は次のように述べています。

「IT はすべての企業の事業運営にとって絶対的に重要であり、信頼できるインフラストラクチャを持つことは、必須となってきています。ピュア・ストレージは、事業運営を支援するためのデータ管理プラットフォームを提供することで、サイバーエージェントのような企業から、ますます信頼を勝ち得ています。当社は長年にわたってこの信頼を築いてきましたが、今後も、モダン・データ・エクスペリエンスを提供するイノベーションで引き続き、支援してまいります。」

ピュア・ストレージについて

ピュア・ストレージ(NYSE:PSTG)は、技術者の負荷削減に寄与します。ピュア・ストレージが提供する「モダン・データ・エクスペリエンス」は、真の「サービスとしてのストレージ(STaaS:Storage-as-a-Service)」モデルによって、複数のクラウド間でシームレスな自動化運用を実現します。急速な成長を遂げているエンタープライズIT企業の 1 つとして、企業がデータを強みに変えるためのソリューションを提供しています。ピュア・ストレージのソリューションにより、企業はデータをより有効に利用できるだけでなく、インフラ基盤の複雑性を解消し、管理コストを削減できます。ピュア・ストレージは、NPS 顧客満足度調査において B2B 企業の上位 1% に値する高評価を受けています。ピュア・ストレージについて詳しくはこちらをご覧ください。

Pure Storage、「P」ロゴマーク、Portworx および、www.purestorage.com/legal/productenduserinfo.html に掲載されているピュアの商標リストにあるマークは、Pure Storage, Inc. の登録商標です。このプレスリリースの全ての商標または名称は、それぞれの所有者に帰属します。

本件に関するお問い合わせ
ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社
マーケティングマネージャー 吉留
800-379-7873 +44 20 3870 2633 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 9 75 18 86 78 +49 89 12089 253 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 (0) 20 201 49 65 +46-101 38 93 22 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 31 52 80 624 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387
Your Browser Is No Longer Supported!

Older browsers often represent security risks. In order to deliver the best possible experience when using our site, please update to any of these latest browsers.