日本郵政グループがピュア・ストレージを導入し、プライベート・クラウド・プラットフォームを刷新

日本郵政グループがピュア・ストレージを導入し、プライベート・クラウド・プラットフォームを刷新

2021 年 4 月 20 日

マルチクラウドの世界でストレージ・アズ・ア・サービスを提供するITのパイオニアである Pure Storage, Inc. の日本法人であるピュア・ストレージ・ジャパン株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 田中 良幸、以下ピュア・ストレージ)は、日本郵政グループの「JP グループクラウド」において、ピュアのテクノロジーが採用されたことを発表しました。JP グループクラウドは、日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の 3 事業を中心としたグループ各社が利用するプライベート・クラウド・プラットフォームです。

JP グループクラウドは、グループのデジタル・トランスフォーメーションの一環として 2013 年から運営されており、関係会社の成長をサポートするために、長年にわたって急速に拡張されてきました。ユーザー数の増加とデータの急激な増加に対処するために、レガシー・ストレージ・システムを高信頼かつ高性能なフラッシュベースのストレージに移行する必要があると考えられていました。

ピュアが提供する最新のオールフラッシュ・テクノロジーは、レガシーなストレージ・システムと比較し、データセンター内で設置に必要なスペースや消費電力も大幅な削減が可能なこと、さらに永続的な保守サービスである Evergreen™ サポートモデルにより、中断を伴わずにアップグレードが可能となることで、大幅にコストを削減しながら将来のテクノロジー・アップデートの恩恵を受けることができることなどが評価されています。

2020 年 12 月時点で 9 割ほどのシステムの移行が完了しており、既にパフォーマンスと信頼性の大幅な向上が確認されています。

ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社の代表取締役社長、田中良幸は次のように述べています。

「日本郵政グループのプライベート・クラウドのテクノロジー・パートナーに選ばれ、デジタル・トランスフォーメーションに貢献できることを嬉しく思います。日本ではクラウドの採用が加速しており、ピュアは、オンプレミスやハイブリッド、およびマルチクラウドのデータ管理の課題を解決するため、多くのお客様を支援しています。」

代表取締役社長 田中良幸
ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社

日本郵政グループのデジタル変革において、ビッグデータ分析など、今後はさらに多様なワークロードが JP グループクラウドで動くことが期待されています。ピュア・ストレージは、さらなる安定性とコスト効率の向上で、JP グループのデジタル変革に一層貢献していきます。

ピュア・ストレージについて

ピュア・ストレージ(NYSE:PSTG)は、技術者の負荷削減に寄与します。ピュアが提供する「モダン・データ・エクスペリエンス」は、真の「サービスとしてのストレージ(STaaS:Storage-as-a-Service)」モデルによって、複数のクラウド間でシームレスな自動化運用を実現します。急速な成長を遂げているエンタープライズ IT 企業の 1 つとして、企業がデータを強みに変えるためのソリューションを提供しています。ピュア・ストレージのソリューションにより、企業はデータをより有効に利用できるだけでなく、インフラ基盤の複雑性を解消し、管理コストを削減することができます。ピュア・ストレージは、NPS 顧客満足度調査において B2B 企業の上位 1% に値する高評価を受賞しました。

 

Pure Storage、「P」ロゴマーク、Evergreen、FlashArray、Pure1 および www.purestorage.com/legal/productenduserinfo.html に掲載されているピュア・ストレージの商標リストにあるマークは、Pure Storage, Inc. の登録商標です。このプレスリリースのすべての商標または名称は、それぞれの所有者に帰属します。

 

アナリストの評価


ガートナーのマジック・クアドラント「プライマリ・ストレージ・アレイ」部門リーダー(2020年)


ピュア・ストレージのソーシャルネットワーク

ブログ | Facebook | YouTube

 

本件に関するお問い合わせ

ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社 マーケティングマネージャー 正見

pr-japan@purestorage.com

800-379-7873 +44 20 3870 2633 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 9 75 18 86 78 +49 89 12089 253 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 (0) 20 201 49 65 +46-101 38 93 22 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 31 52 80 624 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387
Your Browser Is No Longer Supported!

Older browsers often represent security risks. In order to deliver the best possible experience when using our site, please update to any of these latest browsers.