ピュア・ストレージ、Kubernetes のデータ管理にかつてないシンプルさでより高いレベルへの拡張を可能にする Portworx 製品および、新たな自動モニタリングと AI による推奨機能が利用可能となる Pure1 の最新バージョンを発表

革新的なクラウド対応ソリューションとテクノロジーにおける 最高のエクスペリエンスによりデータを成果につなげることが可能に
Evergreen Reaches New Milestone

2021 年 7 月 29 日

マルチクラウドの世界でストレージ・アズ・ア・サービスを提供する IT のパイオニアである Pure Storage, Inc. の日本法人であるピュア・ストレージ・ジャパン株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 田中良幸、以下ピュア)は、Kubernetes 向け統合データプラットフォームである Portworx 製品の次期バージョンである Portworx Enterprise 2.8 と、クラウドベース管理ツールである Pure1 の最新バージョンである Pure1®Digital Experience を発表しました。これらの新しいイノベーションとクラウド対応ソリューションにより、お客様は散在するデータを活用して確実にビジネスチャンスや成果につなげ、最新のアプリケーションを導入することができます。

多様化するお客様のニーズに応えるため、ピュアはモダン・データ・エクスペリエンスにより、創業以来当社を支えている 3 つの哲学、「クラウド対応」、「最高のエクスペリエンスの提供」、そして「イノベーション・リーダーシップ」に根ざした進歩をもたらしています。

クラウド対応:Portworx Enterprise 2.8

ピュアは、クラウドの特性をあらゆる場所に適用することで、サイロ化やベンダー・ロックインなどのレガシーなインフラストラクチャの課題を排除しながら、マルチクラウドの世界とクラウドネイティブ・アプリケーションのストレージを再定義します。モダン・データ・エクスペリエンスにより、お客様は最高クラスのコンテナ・オーケストレーション、柔軟でグローバルなデータ・モビリティ、「as a Service」として提供されるサービスの利用を、すべて単一のコンソールで管理できます。ピュアを使用することで、AWSまたはMicrosoft Azure 上の Cloud Block Store といったサービスにより、パブリック・クラウド間の分割の溝を埋め、お客様はエッジからクラウドまで一貫したエクスペリエンスを得ることが可能になります。Portworx とピュアのポートフォリオ間の「API統合」により、コンテナ化されたアプリケーションのオンデマンド・プロビジョニングとデータ保護がシンプルになり、組織は Portworx Enterprise 2.8 のリリースにより、ストレージをコードとして活用できるようになります。

ピュアの製品とサービス・ポートフォリオ全体および VMware Tanzu との新しい統合により、お客様は Portworx® を使用して、Kubernetes の使用をかつてないシンプルさでより高いレベルに拡張できるようになりました。FlashArray™ および FlashBlade® でのダイナミック・ストレージ・プロビジョニング、Pure1® による一元管理やサポートなどの新機能により、Portworx は、コンテナ化されたワークロードをクラウド、ベアメタル・インフラストラクチャ、ピュア・ストレージ・アレイ、さらには競合ストレージ・ソリューションとも、全体でシームレスな統合を可能にします。

ガートナーは、インフラストラクチャと運用責任者の 40% が、2025 年までにハイブリッド・クラウド・ストレージ・アーキテクチャを実装すると予測しており、この割合は 2021 年の 15% から増加しています*1。お客様がハイブリッド・クラウド戦略を採用している場合でも、最新のアプリケーションを実行するには一貫した環境が必要です。つまり、クラウド内かオンプレミスかに関係なく、同じレベルのストレージおよびデータ管理機能が必要です。

最新のバージョンとなる Portworx Enterprise 2.8 では、幅広い Kubernetes エコシステムをサポートし、Kubernetes アプリケーションで、パブリック・クラウドと同じようなエクスペリエンスを得ることができます。 Portworx Enterprise 2.8 は、2021 年 8 月より提供予定です。

最高のエクスペリエンス:Pure1® Digital Experience

シンプルでスマートなエクスペリエンスは、ピュアの基盤です。ピュアが Evergreen と Pure as-a-Service でストレージ・インフラストラクチャを支えるビジネスモデルを再定義したのと同様に、購入やデータ保護、顧客満足に関するビジネス・リスクを排除しながら、残りのITオーナーシップ経験を再定義し、IT チームがニーズを予測し、条件や時間に応じてリソースを取得できるようにします。今回アップデートされた Pure1® Digital Experience により、セルフサービス管理とデジタル調達を備えた新たな自動モニタリングとAIによる推奨機能が利用可能となります。

新機能には、以下が含まれます。

  • AI エンジン、Pure1 Meta® のアップデート:問題をプロアクティブに特定し、動作が停止する前に解決されるよう解決策を規定する予測サービス管理を提供
  • AI によるパフォーマンス、容量、拡張に関する推奨:新しい Pure1 Digital Experience は、リソースがどのように使用されているかを追跡するだけでなく、ワークロードを追加または移動した場合の予測を実行
  • セルフサービス管理とデジタル調達:Pure1 サービス・カタログの拡張されたサービスにより、ユーザーは単一のインターフェースから、オンプレミスおよびハイブリッド・クラウド・ストレージのサービスや、プロフェッショナル・サービスになどに幅広くアクセスが可能

機能強化された Pure1 Digital Experience は、追加費用なしで、すべてのお客様にご利用いただけます。

イノベーション・リーダーシップ:Evergreen

オールフラッシュ・データセンターに対するピュアのビジョンが現実のものとなり、ハイブリッド・アレイがほとんど過去のものとなりつつある今、ピュアは、革新的なリーダーシップの次のフェーズの基盤を築いています:それは、最新のアプリケーションを強化するためのオンデマンド・データサービスの提供です。最新のアプリケーションは、独自の属性をサポートするために、新たな考え方とアーキテクチャが必要です。ピュアは、インフラストラクチャを最新のものにするために革新を続けることで、デジタル・ファーストの世界でビジネスを推進するために必要な機能をお客様に提供しています。一方、お客様は最新のデータ保護と超高速のリカバリでセキュリティの脅威を軽減でき、既に搭載されている、持続可能な Evergreen アップグレードにより煩雑な更新作業が不要になります。

ピュアの日本におけるビジネス状況

ピュアは日本において、最新のデータ・ソリューションにより、引き続き堅調に推移しており、2021 年第 1 四半期の IDC Worldwide Quarterly Enterprise Storage Systems Tracker によると、11.5% 縮小した日本市場において 85.5% の成長を達成し、他の全てのベンダーを上回る結果となりました。

ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社の代表取締役社長、田中良幸は次のように述べています。

「モダン・データ・エクスペリエンスを実現することで、日本の企業はデジタル・トランスフォーメーションへの道を歩むことができます。それにあたり最新のアプリケーションを導入するため、データ・インフラストラクチャとカスタマー・エクスペリエンスを最新化する必要があります。ピュア・ストレージではそのようなビジョンのもと、ポートフォリオがマルチクラウドを含むあらゆる環境で、柔軟な消費形態を通じて次世代のサービスと製品を強化するためのコードとしてインフラストラクチャを提供し、お客様のご期待に応えています。」

ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社
代表取締役社長 田中良幸

Accelerate Digital Japan

ピュア・ストレージ・ジャパンは、8 月 4 日に開催予定の、お客様およびパートナー向けのオンライン・イベント、”Accelerate Digital Japan” で今回の製品アップデートを発表する予定です。

また当イベントでは、ピュア・ストレージの CEO(最高経営責任者)であるチャールズ・ジャンカルロ(Charles Giancarlo)と、ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社の代表取締役社長である田中良幸による基調講演のほか、日揮グローバル株式会社、株式会社サイバーエージェントをはじめとしたカスタマー・セッション、さらに業界で著名な CDO(最高デジタル責任者)や CIO(最高情報責任者)が参加する、デジタル・トランスフォーメーションに関するパネル・ディスカッションを予定しています。

 

*1ガートナー, Market Guide for Hybrid Cloud Storage, Raj Bala, Julia Palmer, 3 May, 2021

ピュア・ストレージについて

ピュア・ストレージ(NYSE:PSTG)は、技術者の負荷削減に寄与します。ピュアが提供する「モダン・データ・エクスペリエンス」は、真の「サービスとしてのストレージ(STaaS:Storage-as-a-Service)」モデルによって、複数のクラウド間でシームレスな自動化運用を実現します。急速な成長を遂げているエンタープライズ IT 企業の 1 つとして、企業がデータを強みに変えるためのソリューションを提供しています。ピュア・ストレージのソリューションにより、企業はデータをより有効に利用できるだけでなく、インフラ基盤の複雑性を解消し、管理コストを削減することができます。ピュア・ストレージは、NPS 顧客満足度調査において B2B 企業の上位 1% に値する高評価を受賞しました。

Pure Storage、「P」ロゴマーク、Evergreen、FlashArray、FlashBlade、Pure1 および Pure as-a-Service は、Pure Storage, Inc. の登録商標です。このプレスリリースのすべての商標または名称は、それぞれの所有者に帰属します。

本件に関するお問い合わせ
ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社
マーケティングマネージャー 吉留
800-379-7873 +44 20 3870 2633 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 9 75 18 86 78 +49 89 12089 253 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 (0) 20 201 49 65 +46-101 38 93 22 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 31 52 80 624 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387