ピュア・ストレージ、FlashArray の最上位機種となる新モデルを発表、 比類のないシンプルさでエンタープライズ向けのパワーとスケーラビリティを提供

FlashArray//XL と Pure Fusion の組み合わせが、オンプレミスにクラウドライクな迅速デプロイメントと柔軟性、無限大のスケーラビリティを実現
Pure Introduces New Top End FlashArray Model

2021 年 12 月 16 日

マルチクラウドの世界でストレージ・アズ・ア・サービスを提供するITのパイオニアであるピュア・ストレージ(NYSE: PSTG)は、FlashArray ファミリーの最新機種となる FlashArray//XL を発表しました。FlashArray//XL は、大規模なデータベースからコンテナ化されたクラウドネイティブのアプリケーションまで、ミッション・クリティカルな最上位レベルのエンタープライズ・アプリケーション向けに設計されています。比類のないパフォーマンスとスケーラビリティを強みとし、これまでの製品と比較して IOPS を約 80% 向上させています。

ますます加速するビジネス環境において、アプリケーションの需要は瞬時に拡大します。新しいアプリケーションの迅速な展開というニーズに応えるべく、IT 部門には、月単位ではなく時間単位での速やかな業務遂行が求められます。これまで、大企業において、従来型のテクノロジーを基盤とする最上位レベルのアプリケーションの運用規模拡大にあたっては、複雑な管理業務、多大な電力消費コスト、業務の中断を伴うフォークリフト・アップグレード(システムの全面アップグレード)が必要でした。

ピュア・ストレージは、新製品の FlashArray//XL と、セルフサービスの自律型ストレージをコードとして提供する Storage-as-Code プラットフォーム「Pure Fusion」により、サブスクリプション・ストレージにおけるエンタープライズ・グレードの拡張性を強化しています。これにより、IT インフラストラクチャを容易に進化させ、常にアジャイルかつ最新の状態に保ちます。

FlashArray//XL は、以下のような機能を提供します。

  • 要求の厳しいビジネス・サービスをサポートする堅牢性:エンタープライズ・ワークロードを加速させ、大幅なスケーリングによる負荷の増大に際しても、最大限のパフォーマンスを維持。ホスト接続性を 2 倍に向上させ、単一のアレイで 2 倍のボリュームをサポート。
  • クラウドライクなモデルで、新たなアプリケーションを迅速かつ容易に展開:Pure Fusion と FlashArray//XL は、設計段階から連携を前提として開発。コードとして提供するストレージ(Storage-as-Code)によるクラウド・スケールのストレージへのアクセスを可能にし、最上位レベルのストレージ・ティア、データ・ポリシー、ストレージ・プールやワークロードの配置を最適化する強力なツールを提供。
  • 高効率・高密度でのアプリケーション統合による、総所有コスト(TCO)の最小化とグリーン・データセンターの推進:より少ない数のアレイにワークロードを統合することで、運用管理を簡素化、ラック・スペースを節減、電力消費や冷却コストを大幅に削減。
  • ランサムウェア対策を備えた常時オンのデータ保護:FlashArray//XL に保存されたデータのセキュリティ、可用性、復元性を確実に維持。悪意ある攻撃を含む要因による障害の後も、容易なリカバリが可能。
  • 将来性を確保する Evergreen サブスクリプション:容量保証プログラム(Right-Size Guarantee)、無停止アップグレード、ストレージ・ニーズの変化に柔軟に対応する容量拡張を含む継続的改善を将来にわたって提供。

FlashArray //XL と Pure Fusion は、ピュア・ストレージのシンプルなサブスクリプション・モデルの活用によるストレージ環境の統一化と、高度なスケーラビリティの両方を必要としていた、新規のお客様のニーズに対応すべく構築されました。このニーズに関してはプレリリース段階で既に検証が完了しており、お客様の環境において、主要なエンタープライズ・ワークロードをFlashArray//XL アレイに統合し、従来型の Dell EMC システムからの乗り換えが実現しています。

ピュア・ストレージの FlashArray 事業部門 VP 兼ゼネラル・マネージャーのショーン・ハンセン(Shawn Hansen)は、次のように述べています。

「お客様は、エンタープライズ・ストレージを拡張するための新しいモダンな方法を求めています。真のエンタープライズ・クラスのアレイによる最大級のスケーラビリティと、クラウドの運用モデルを活用したスケールアウトによるアジリティを併せ持つ FlashArray//XL は、従来型のストレージ・ベンダーに対して明確な優位性を持つ製品です。」

Pure Storage FlashArray 事業部門 VP 兼ゼネラル・マネージャー
ショーン・ハンセン(Shawn Hansen)

IDC 社のエンタープライズ・インフラストラクチャ・プラクティス・リサーチ部門 VP のエリック・バーゲナー(Eric Bergener)氏は、次のように述べています。「大規模データベースをはじめとする最上位レベルのアプリケーションの運用においては、企業は、ストレージに対して最大限のパフォーマンスと密度を求めると同時に、自社のデータセンターの制御性、さらには、クラウドがもたらすアジリティや柔軟性も必要としています。FlashArray//XLのようなエンタープライズ・クラスのストレージ・ソリューションと、クラウドの運用モデルの組み合わせは、顧客にとって理想的な選択肢となるでしょう。」

Options Technology 社インフラストラクチャ統括責任者兼VP ジェームス・ラミング(James Laming)氏は、次のように述べています。「FlashArray//XL シリーズの発表は、市場をリードするストレージ・サービスを提供するというピュア・ストレージの揺るぎないコミットメントを裏付けるものです。要求の厳しいワークロードのサポートに献身的に取り組むパートナーを得たことは、私たちにとって大きな喜びです。新しい FlashArray//XL プラットフォームが、成長と拡大を続ける私たちのデータサービスのポートフォリオやエコシステムを今後も支えてくれることを確信しています。」

本日発表した FlashArray//XL は、最大実効容量 5.78 PB、わずか 150 マイクロ秒の低レイテンシ、最大スループット 36 GB/秒を実現しています。これらの機能を、業界屈指の 5:1 の平均データ削減率、10:1 の総合効率、99.9999% の可用性とともに、5U プラットフォームで提供します。

ピュア・ストレージについて

ピュア・ストレージ(NYSE:PSTG)は、技術者の負荷削減に寄与します。ピュア・ストレージが提供する「モダン・データ・エクスペリエンス」は、真の「サービスとしてのストレージ(STaaS:Storage-as-a-Service)」モデルによって、複数のクラウド間でシームレスな自動化運用を実現します。急速な成長を遂げているエンタープライズIT企業の 1 つとして、企業がデータを強みに変えるためのソリューションを提供しています。ピュア・ストレージのソリューションにより、企業はデータをより有効に利用できるだけでなく、インフラ基盤の複雑性を解消し、管理コストを削減できます。ピュア・ストレージは、NPS 顧客満足度調査において B2B 企業の上位 1% に値する高評価を受けています。ピュア・ストレージについて詳しくはこちらをご覧ください。

Pure Storage、「P」ロゴマーク、Portworx および、www.purestorage.com/legal/productenduserinfo.html に掲載されているピュアの商標リストにあるマークは、Pure Storage, Inc. の登録商標です。このプレスリリースの全ての商標または名称は、それぞれの所有者に帰属します。

本件に関するお問い合わせ
ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社
マーケティングマネージャー 吉留
800-379-7873 +44 20 3870 2633 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 9 75 18 86 78 +49 89 12089 253 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 (0) 20 201 49 65 +46-101 38 93 22 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 31 52 80 624 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387
Your Browser Is No Longer Supported!

Older browsers often represent security risks. In order to deliver the best possible experience when using our site, please update to any of these latest browsers.