ピュア・ストレージ、NVMeおよびAIの普及を促進する
新たなデータ・セントリック・ソリューションを発表

2018年7月13日(東京) ― データを通じたイノベーションでより良い社会の構築に貢献する、オールフラッシュストレージプラットフォームベンダーのピュア・ストレージ(本社:米国カリフォルニア州マウンテンビュー、NYSE:PSTG)は、2018年7月13日、ピュア・ストレージ・ジャパンの年次イベント「Pure Live 東京 2018」において、NVMe(不揮発性メモリエクスプレス)およびAI(人工知能)の普及を促進する、新たなデータ・セントリック・ソリューションを発表しました。このソリューションには、新しいFlashArray//X、Evergreen Storage Service(ES2)、NVIDIA社と共同開発した第2弾のAI対応インフラストラクチャであるAIRI™ Miniが含まれます。

ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社 代表取締役社長の田中 良幸は次のように述べています。「これらのソリューションは、ピュア・ストレージのデータ・セントリック・アーキテクチャのビジョンを強化するものであり、企業がデータから価値を引き出し、最新のテクノロジーを活用して競争力を獲得することを支援します。重要なことは、性能、シンプルさ、信頼性をお客様に届けるという、ピュア・ストレージの公約がさらに前進したことです」

FlashArray//X:あらゆるワークロードに対応する共有型高速ストレージ

新しい製品ラインであるFlashArray//Xは、共有型高速ストレージ向けに設計された初のオールフラッシュアレイシリーズです。完全NVMe対応FlashArray//Xシリーズは、データベース、仮想環境、テスト/開発イニシアチブ、Webスケールのアプリケーションなどあらゆる対象を、FlashArray//M以上の追加コストなしで、実効容量に応じて高速化します。

完全NVMe対応FlashArray//Xシリーズは、小規模なアプリケーション展開向けのNVMe対応//X10から、ピュア・ストレージ最高の集積度と速度を誇る最新の完全NVMe対応//X90まで5種類の構成があります。FlashArray//Xは、NVMeおよびNVMe-oFを採用した最新世代の共有型高速ストレージであり、SANとDASを一体化し、統合化、共有化した、非常に効率的なデータ・セントリック・アーキテクチャを実現できます。

//X90は、わずか6Uながら最大3PBの実効容量を備え、レイテンシーは極めて低い250μsを実現しており、すでに市場を確立しているFlashArray//Mオールフラッシュアレイ(AFA)と比較し性能が最大2倍に向上しています。フラッシュ用に生まれた最新版のPurity Operating Environmentバージョン5.1は、FlashArray//MおよびFlashArray//Xを使用するすべてのユーザーが無停止アップグレードで利用可能となっており、データを最大20%削減しストレージの追加購入や管理の手間を削減します。

Evergreen Storage Service(ES2)

Evergreen Storage Serviceは、クラウド型のアプローチをオンプレミスのストレージに適用することで、フォークリフトアップグレードや計画的なダウンタイムの必要がなくなります。ES2を利用すると、企業はクラウド型のStorage-as-a-Service(STaaS)を活用して、変動するキャパシティ要件に対応することが可能になります。ES2は当然ながら「Evergreen」であり、企業はシステムを停止せず、新しいイノベーションの導入を並行して行うことが可能になります。ES2は、数日で運用開始を可能とし、Tier1向けのエンタープライズグレードの機能を備えており、非常に柔軟でスケーラブルなオンプレミス型のソリューションをお客様に提供します。ES2は、オンデマンド型かつエンタープライズグレードのストレージを提供し、実績のある信頼性を備えたパブリッククラウドと比較してコストを最大50%削減できます。ES2の契約条件は、最短12カ月から利用可能であり、基本契約の有効ストレージは最低100TBです。

フラッシュ用にゼロから設計されたピュア・ストレージのアレイは、ソフトウェア、コントローラ、フラッシュメディアのアップデートが利用可能になった際、動作やオンライン状態を維持しつつシステムのパフォーマンスや機能をアップグレードできます。また、企業やサービスプロバイダがES2をオンプレミスまたはEquinixなどのコロケーション施設に展開することで、ハイブリッドクラウド環境にも柔軟に対応できるようになり、AWSやMicrosoft Azure、Google Cloud Platformなどのパブリッククラウドと直接接続できます。

利用しているアレイの耐用期間の間、お客様は容量の拡張の一つとしてRight-Size Guaranteeの6カ月間の適用範囲を拡大することで、保証される有効容量の増加が可能となりました。Right-Size-Guaranteeは、単にデータの削減や総合的な効率だけでなく、有効容量を明示的に保証することに焦点を当てたものです。有効容量の利用結果に焦点を当てることで、お客様が購入する容量の超過または不足を確実になくします。

AIRI™ Mini:一般向け完全AI対応インフラストラクチャ

AI向け演算分野のリーダー企業であるNVIDIA社と提携して開発されたAIRI™ Miniは、ピュア・ストレージのAI対応インフラストラクチャの拡張版の製品サービスとなります。FlashBlade™上に構築されたAIRIを利用すると、データアーキテクト、科学者、ビジネスリーダーは、NVIDIA DGX-1 AIスーパーコンピューターの能力を拡張して、AIライフサイクルの早い段階で学習内容を実用化することが可能になります。AIRI Miniによって、AI向けに設計された世界クラスのインフラストラクチャを利用して、新しいデータサイエンスチームやプロジェクト運用が可能となります。AIRI Miniを利用すると、AIを活用したシンプルで強力なソリューションを、実質的にすべての企業が購入可能な価格で導入できるため、競争力の強化につながります。

NVIDIA社との協業により開発されたソフトウェアとハードウェアの完全統合型ソリューションであるAIRI Miniは、シンプルながら強力なアーキテクチャであり、AIの真の力を活用するために必要とされるデータ・セントリック・インフラストラクチャを、企業に提供します。

AIRI Miniには、最新の分析およびAI用に設計された業界初のストレージプラットフォームであるピュア・ストレージのFlashBladeが採用されており、7 x 17TBのブレードと2台のNVIDIA DGX-1サーバーで構成され、2 petaFLOPSの深層学習能力を実現します。これらのシステムは100GbEのスイッチで相互接続され、GPUDirect RDMAに対応しており、分散トレーニングの能力を最大化します。AIRIはまた、GPU性能を最大化するNVIDIA GPU Cloudの深層学習ソフトウェアスタック、およびDGX-1とFlashBladeによるマルチノードのトレーニングを最適化するピュア・ストレージAIRI Scaling Toolkitを利用します。データサイエンティストは、この統合型スタックを利用することで、数週間や数カ月単位ではなく数時間でAIへの取り組みを迅速に開始できます。

ピュア・ストレージは、AIRIおよびAIRI MiniがCISCO社の100GbイーサネットスイッチであるNexus 9000にて利用可能になることも発表しました。これにより、CISCO社およびピュア・ストレージ双方の何千にも及ぶお客様は、AIを中心とする新たな取り組みの実施において、新しく追加された共同ソリューションを利用できるようになりました。

ピュア・ストレージについて

ピュア・ストレージ(NYSE:PSTG)は、イノベーターによるデータを通じたより良い社会の構築を支援しています。ピュア・ストレージのデータソリューションを利用することで、SaaS企業、クラウドサービスプロバイダー、企業、および公的機関における顧客は、マルチクラウド環境に含まれるミッションクリティカルな製造、DevOps、最新アナリティクス環境を駆動するためのセキュアなリアルタイムデータを提供することが可能になります。史上最も急速に成長しているIT企業の一つとして、ピュア・ストレージは、顧客がAIと機械学習を含む次世代テクノロジーの迅速な導入を通じて、データから最大限の価値を引き出し、競争力を獲得できるよう支援しています。ピュア・ストレージは、Satmetrix認定のネットプロモータースコア(NPS)において、B2B企業の上位1%に入る顧客満足度スコアを獲得しており、世界中の様々な分野の顧客に向けて高い要求を満たす製品を提供しています。

ピュア・ストレージとつながる:

ブログ / Facebook / YouTube / Twitter

FlashStackソリューション

アナリストの評価:

Gartner マジッククアドラント:ソリッドステートアレイ

IDC MarketScape: オールフラッシュアレイ

 

Pure Storage、「P」のロゴマーク、Evergreen Storage、およびFlashStackは、Pure Storage, Inc. の登録商標です。このプレスリリースのすべての商標または名称は、それぞれの所有者に帰属します。

 

###

本件に関するお問い合せ

このプレスリリースに関するお問い合せは下記にて承っております。

■ ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社

マーケティングマネージャー 吉留

pr-japan@purestorage.com
TEL: (03) 5456-5710

■ 株式会社井之上パブリックリレーションズ

ピュア・ストレージ・ジャパン PR 担当 関/橋本

purestorage@inoue-pr.com
TEL: (03) 5269-2301 / FAX: (03) 5269-2305