ピュア・ストレージ、
ソフトウェアソリューションの開発大手
Compuverde社を買収、ハイブリッドクラウドを促進

ファイルストレージ機能を拡張し、
エンタープライズにおける高度なデータ利活用環境を実現

2019年4月15日

データを通じたイノベーションでより良い社会の構築に貢献する、オールフラッシュストレージプラットフォームベンダーのPure Storage, Inc.(本社:米国カリフォルニア州マウンテンビュー、NYSE:PSTG)は、米国時間2019年4月2日、エンタープライズおよびクラウドプロバイダ向けのファイルベースのソフトウェアソリューション開発大手のCompuverde社(本社スウェーデン)買収の正式契約を締結したことを発表しました。

この買収によりPure Storage, Inc.は、ファイルストレージ機能を拡張し、エンタープライズにおける高度なファイルベースのサービス提供を可能します。同時に、新たに有する機能が同社のハイブリッドクラウド戦略を後押しする形となり、顧客が本物のハイブリッドアーキテクチャを導入し、オンプレミス、クラウド、あるいは増加傾向にあるハイブリッド環境から、最適なデータ利活用環境を柔軟に選択することを実現します。

エンタープライズにおいては、パブリッククラウド上のファイルベースの共有型ストレージへの需要が高まっています。IDCによると、エンドユーザーの79%が、「ミッションクリティカルなワークロードに関わる非構造化データには、ファイルベースのストレージを利用したい」と考えています。エンタープライズアプリケーションのハイブリッドクラウドアーキテクチャへの展開が増加しつつある中、オンプレミス環境と同等の高度な機能を提供するファイルベースのストレージが、データ移行の課題を緩和するとされています。[1]

Compuverde社は、パートナー企業との技術的連携による強力なエコシステムを有し、同社の拡張性の高いソフトウェアソリューションは、テレコム、金融サービス、メディアをはじめとする分野のグローバル企業に利用されています。

Pure Storage, Inc.のCEO、チャールズ・ジャンカルロ(Charles Giancarlo)氏は、次のように述べています。

「Compuverdeチームの持つ優れた人材と技術をPure Storage, Inc.に迎え入れることを非常に嬉しく思っています。IT戦略の進化に伴って、より多くのエンタープライズが、オンプレミスの既存のソリューションを使いつつ、パブリッククラウドを利用したイノベーションの実現を目指すようになってきています。ピュア・ストレージは、データという資産をお客様が最大限活用できるよう、クラウドデータサービスをはじめとする多様なハイブリッドデータソリューションの提供に尽力していきます」

買収額などの取引条件については明らかにされていません。Compuverdeの買収は2019年4月に完了する見込みです。

+++

将来の見通しに関する記述について

本プレスリリースには、ピュア・ストレージの製品について将来予想される性能やメリット、あるいはそれ以外の将来の見通しに関する記述が含まれています。本プレスリリースにおける「確信」、「見込み」、「見通し」、「予定」、「期待」やその類義語は、当社の将来の見通しを表すことを意図しています。これらの将来の見通しに関する記述は、リスク、不確実性、および仮定を伴うものです。リスクが具体化した場合、あるいは前提が間違っていた場合は、実際の結果は、将来の見通しに関する記述に示された予測と異なることがあります。リスクには、当社が米国連邦証券取引委員会(SEC)に提出した報告書、あるいは将来随時提出する報告書に記載されるリスクが含まれますが、これらに限定されるものではありません。ピュア・ストレージは、そのような将来的な見通しに関する記述を更新する責任を負わず、また、現時点でそれらを更新する予定もありません。

本プレスリリース、当社のWebサイト、他のプレスリリース、あるいは公式発表で言及された未発表の製品、特徴または機能は、ピュア・ストレージの裁量により変更されることがあり、計画どおりに提供されない、または全く提供されない場合があります。ピュア・ストレージの製品を購入される際には、現在正式に提供されている製品および機能に基づいて購入を決定してください。

[1]  出典:『IDC Perspective - Growth of File Storage Services in the Public Cloud』、Doc # US44002318、2018年6月

 

ピュア・ストレージについて

ピュア・ストレージ(NYSE:PSTG)は、イノベーターがデータの力でより良い世界を構築できるよう支援しています。ピュア・ストレージのデータソリューションは、リアルタイムでセキュアなデータアクセスを提供することによって、SaaS企業、クラウドサービスプロバイダ、エンタープライズ、公的機関など多様な顧客のマルチクラウド環境におけるミッションクリティカルな製造、DevOps、近代的分析を可能にします。ピュア・ストレージは、史上最速の成長を遂げているエンタープライズIT企業の一つとして、顧客がAIや機械学習をはじめとする次世代の技術を迅速に導入し、データの価値を最大限に活用することで競争優位性を獲得するための道を切り開きます。ピュア・ストレージは、世界的に認知された指標であるNPS顧客満足度調査において、B2B企業の上位1%という高評価を受けています。

 

アナリストの評価:

Gartnerマジッククアドラント「ソリッドステートアレイ」部門(2018年7月) 
IDC MarketScape「オールフラッシュアレイ」部門

 

ピュア・ストレージのソーシャルネットワーク:

ブログ / Facebook / YouTube

 

Pure Storage、「P」のロゴマークは、Pure Storage, Inc. の登録商標です。その他記載の全ての名称は、それぞれの所有者に帰属します。

 

###

本件に関する報道関係お問い合せ

このプレスリリースに関する報道関係のお問い合せは下記にて承っております。

■ ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社

マーケティングマネージャー 吉留 
pr-japan@purestorage.com 
TEL: (03) 4563-7443

■ 株式会社井之上パブリックリレーションズ

ピュア・ストレージ・ジャパン PR 担当 関口/橋本 
purestorage@inoue-pr.com 
TEL: (03) 5269-2301 / FAX: (03) 5269-2305