ピュア・ストレージ、北海道新聞社 ミッションクリティカルな新聞制作システムの安定運用に貢献

~サーバー仮想化環境に最適な共有ストレージとして、Pure Storage製品が導入された事例を紹介~

2017年10月2日(東京) ― 市場をリードする独立系オールフラッシュベンダーであり、クラウド時代に適したデータプラットフォームを提供するピュア・ストレージ・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中良幸、以下:ピュア・ストレージ)は、株式会社北海道新聞社(以降「北海道新聞社」)のサーバー仮想化環境に最適な共有ストレージとして「Pure Storage FlashArray」が導入されたことにより、継続的な安定運用と総合的なコストダウンが実現していることを発表します。

北海道新聞社は1942年の創刊以来、地域に根ざした報道機関として発展を続け、日刊新聞を中核に出版、ウェブニュース、グループにテレビ、ラジオなどを擁する総合メディア企業です。以前の同社の新聞制作システムは、物理サーバーとハードディスク搭載ストレージの組み合わせで仮想化環境下にて構成されていました。しかし、個別のシステム毎に構築されていたため、リソースの無駄が徐々に顕在化してきました。徹底的に無駄を省くには、全てのシステムを統合する仮想基盤の構築が必須となり、性能、機能、コストの側面から比較検討した結果、オールフラッシュ型の製品を統一仮想基盤の共有ストレージに採用することを決定しました。

オールフラッシュ型製品の中でもデータ容量を大幅に削減できる圧縮技術、耐障害性、そして長期保守という3つの観点で「Pure Storage FlashArray//M20」の導入に至りました。

ピュア・ストレージの圧縮技術:
データを書き込む前に重複排除を行うことで書き込むデータそのものを減らすインライン重複排除の機能と、データの最少記録単位が他社製品よりも小さく抑えられることで、トータルコストの削減に大きく貢献しています。

ピュア・ストレージの耐障害性:
毎日行われている新聞制作は、トラブルが発生しても即時対応が求められます。ピュア・ストレージ製品のコンポーネントが万が一故障しても、システムを停止することなく交換できる設計なので、高い可用性と安定稼働を実現できます。

ピュア・ストレージの長期保守:
ストレージはディスクも含め7年で更新するのが一般的ですが、大事なデータ移行を伴うため運用側にはかなりの負担となります。ピュア・ストレージの長期保守プログラムであるEvergreen Storageにより、フラッシュモジュールが永久保守のためデータの移行が一切不要になりました。

北海道新聞社の新聞制作システムのうち、フォント管理システム、紙面加工システム、統合データベースシステムの3システムが、2017年3月より本格稼働を始めています。今後も、記事加工システム、プリント出力システム、自動組みシステムなどの各種システムが段階的に仮想基盤上に統合される予定です。

なお、ピュア・ストレージは10月26日、札幌グランドホテルにて「Pure Live 全国ツアー」を開催します。札幌会場では、当日は、北海道新聞社様をお招きし、採用の決め手や導⼊効果をお話しいただきます。また、はじめてPure Storageに触れるお客様にも弊社ソリューションの優位点をご理解いただけるよう、デモを交えてご紹介します(http://info.purestorage.com/Japan_PLOT.html)。

ピュア・ストレージについて

ピュア・ストレージ(NYSE:PSTG)は、お客様のビジネスの可能性を広げるお手伝いをしています。FlashArray、FlashBlade、FlashStack(Cisco社と共同提供しているコンバージドインフラストラクチャ)などのエンドツーエンドのデータプラットフォームは、モバイルデバイスを介してどこからでも管理が可能なクラウドベースの革新的ソフトウェアと、Evergreen(常に最新)のビジネスモデルに支えられています。ピュア・ストレージは、オールフラッシュの技術と、お客様の満足を追求したビジネスモデルにより、「手間いらず、優れた効率性、常に最新」のソリューションを提供し、ビジネスとITの変革を推進します。ピュア・ストレージは、Satmetrixによるネットプロモータースコア(NPS®)で83.7点を獲得。企業の規模に関わらず、世界中の幅広い業界において高い顧客満足度を実現しています。

 

Pure Storageのソーシャルネットワーク:

Facebook / YouTube / Twitter

 

アナリストの評価:

Gartnerマジッククアドラント:ソリッドステートアレイ

IDC MarketScape: オールフラッシュアレイ

 

Pure Storage、Pure1、「P」のロゴ、Evergreen、FlashBlade、FlashStackは、Pure Storage, Inc.の商標です。その他記載のすべての商標および名称は、それぞれの所有者の所有物です。

NPS®は、ベイン・アンド・カンパニー、フレッド・ライクヘルド、サトメトリックス・システムズの登録商標です。

###

本件に関するお問い合せ

このプレスリリースに関するお問い合せは下記にて承っております。

■ ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社

マーケティングマネージャー 吉留

pr-japan@purestorage.com / (03) 5456-5710

■ ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社 日本広報窓口

旭エージェンシー 高津、高木

purestorage@asahi-ag.co.jp / (03) 5574-7890