ピュア・ストレージと
富士通クラウドテクノロジーズが協業を発表
アジア太平洋・日本地域における
「ニフクラ」の展開を推進

2019年6月25日

データを通じたイノベーションでより良い社会の構築に貢献する、オールフラッシュストレージプラットフォームベンダーのピュア・ストレージ(本社:米国カリフォルニア州マウンテンビュー、NYSE:PSTG)と、クラウドコンピューティング技術でお客様のITインフラやデジタルビジネスを支える富士通クラウドテクノロジーズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:愛川 義政 以下、FJCT)は、クラウドサービス「ニフクラ」のアジア太平洋・日本地域における展開を推進する協業を発表しました。FJCTは、ピュア・ストレージのアジア太平洋・日本地域(APJ)初となるマネージドサービスプロバイダー(MSP)プログラムパートナーです。

FJCTはMSPとして、ピュア・ストレージのEvergreen SubscriptionモデルおよびEvergreen Storage Service(ES2)を利用し、「ニフクラ」の更なる拡大を図ります。ES2は、ピュア・ストレージによる、運用費のみ(OPEX)でSTaaS(storage-as-a-service)を提供するプライベートクラウドおよびハイブリッドクラウド用のサービスです。FJCTは、ピュア・ストレージが専売する販売、技術、マーケティングリソースの利用が可能となり、本協業によってAPJにおけるクラウドサービスビジネスの成長を加速させることができます。

ピュア・ストレージの戦略部門副社長のマシュー・キックスモーラー(Matthew Kixmoeller)は、次のように述べています。「この地域では、企業におけるクラウドへの注目はますます高まっています。しかし、オンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウド上のサイロに存在するデータの俊敏性をいかに高められるか、というのが課題の1つです。ピュア・ストレージは、そのような課題の解決をサポートするため、データ・セントリック・アーキテクチャと、業界の最先端を行くオールフラッシュソリューション群を開発しました。さらにFJCT社が持つクラウドのノウハウを組み合わせ、企業のデータをサイロから解き放つ魅力的なトータルソリューションを提供していきます」

FJCTの執行役員 事業戦略本部長、新見 昌弘は次のように述べています。「パブリック、ハイブリッド、プライベートといった様々な形態のクラウドサービスにおいて、高性能かつ高品質なストレージ環境をローコストで提供することは、FJCTにとってサービスビジネス基盤の重要な要素です。今回の協業によるピュア・ストレージ社製品の活用は、FJCTのクラウドサービス『ニフクラ』に更なる高速性、高い安定性と信頼性をもたらし、我々のクラウドビジネスを発展させる大きな推進力になると期待しています。また、FJCTでは日本国内のみならずアジア太平洋地域でのビジネス展開に向けて、個別構築型クラウドの提供など新たな形態のサービスを推進しております。ピュア・ストレージ社とのパートナーシップを契機として、アジア太平洋・日本地域(APJ)における両社のビジネス拡大を図りながら、今後も高性能・高品質なクラウドサービスを提供し続け、お客様の期待に応えてまいります」

ピュア・ストレージとFJCTの協業により、APJの顧客企業は以下のようなサービスのシームレスな利用が可能となります。

常に最新で高速なストレージ環境を提供 Evergreen Storage Subscription

ピュア・ストレージのEvergreen Storage Subscriptionでは常に最新で高速なストレージ環境をあらゆるワークロード環境にて提供します。業務の中断やダウンタイムを必要とせず、パフォーマンスへの影響もありません。最先端のデータ保護機能と稼働率実績99.9999%を誇る最高水準クラスの可用性、AES256bitの暗号強度によるセキュアなデータ格納を実現します。

「ニフクラ」ではピュア・ストレージのEvergreen Storage Subscriptionを用いて、ストレージメンテナンス時のダウンタイム・パフォーマンス影響を抑止することで、「ニフクラ」におけるストレージの安定性・信頼性を担保し、ユーザーにさらなる価値と安心を提供し続けます。

ハイブリッドクラウドのためのVM Analytics

VM Analyticsは、ピュア・ストレージのクラウドベースの総合的なパフォーマンス分析サービスです。インフラストラクチャ全体がグラフィカルなマップで表示され、仮想ディスク、VM、ホスト、データストア、ボリューム、ストレージなどを簡単な操作でスピーディーに可視化できます。分析結果を生かした効率的な管理・運用により、「ニフクラ」はさらに安定したクラウドサービスの提供を保証します。

 

ピュア・ストレージについて

ピュア・ストレージ(NYSE:PSTG)は、イノベーターがデータの力でより良い世界を構築できるよう支援しています。ピュア・ストレージのデータソリューションは、リアルタイムでセキュアなデータアクセスを提供することによって、SaaS企業、クラウドサービスプロバイダ、エンタープライズ、公的機関など多様な顧客のマルチクラウド環境におけるミッションクリティカルな製造、DevOps、近代的分析を可能にします。ピュア・ストレージは、史上最速の成長を遂げているエンタープライズIT企業の一つとして、顧客がAIや機械学習をはじめとする次世代の技術を迅速に導入し、データの価値を最大限に活用することで競争優位性を獲得するための道を切り開きます。ピュア・ストレージは、世界的に認知された指標であるNPS顧客満足度調査において、B2B企業の上位1%という高評価を受けています。

アナリストの評価:

Gartnerマジッククアドラント「ソリッドステートアレイ」部門(2018年7月) 
IDC MarketScape「オールフラッシュアレイ」部門

Pure Storage、「P」のロゴマーク、Evergreen は、Pure Storage, Inc. の商標または登録商標です。その他記載の全ての名称は、それぞれの所有者に帰属します。

 

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社について

富士通クラウドテクノロジーズは、1986年の設立以来、最先端のテクノロジーを活用して人と社会をつなぎ、人々の生活を豊かにするサービスを提供してきました。現在は、VMware ベースの高品質な国産クラウドサービス「ニフクラ」やスマートフォンアプリ向けクラウド「ニフクラ mobile backend」を提供し、「ニフクラ」においては7,000件以上の案件(2019年3月末時点)で、「ニフクラ mobile backend」においては延べ60,000件以上のアプリ(2019年5月末時点、未公開アプリを含む)でご利用いただき、お客様のITインフラやデジタルビジネスを支えています。また、顧客の持つデータやIoTを用いて新たに取得したデータをAIで価値化し、企業の課題解決と意思決定をサポートしています。

※記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

 

ピュア・ストレージのソーシャルネットワーク

ブログ / Facebook / YouTube

 

ニフクラのソーシャルネットワーク

ブログ / Facebook / YouTube

 

###

本件に関する報道関係お問い合せ

このプレスリリースに関する報道関係のお問い合せは下記にて承っております。

■ ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社

マーケティング本部 岡本 
pr-japan@purestorage.com 
TEL: (03) 4563-7443

■ 株式会社井之上パブリックリレーションズ

ピュア・ストレージ・ジャパン PR 担当 関口/橋本 
purestorage@inoue-pr.com 
TEL: (03) 5269-2301 / FAX: (03) 5269-2305 

■ 富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

広報担当 宮川
pr@fjct.fujitsu.com
TEL: (03) 6281-5740