KDDI 株式会社:
FlashArray と FlashBlade が
クラウドの I/O 性能向上と
データ分析基盤の簡素化に貢献

概要

グローバル・フォーチュン 500 社にも選ばれている通信事業大手の KDDI は、通信事業に加えて、高品質のパブリッククラウド事業「KDDI クラウドプラットフォームサービス(KCPS)」を展開しています。昨今の DX の進展による需要拡大を受け、KCPS の可用性実績 99.999% を維持するための性能面・管理面の強化および、無線通信サービスの品質向上を主目的とするデータ分析基盤の強化のため、ピュア・ストレージを導入しました。FlashArray が高品質クラウド・インフラの一部を、FlashBlade が分析基盤を支え、I/O 性能 3 倍、データ効率 2 倍を達成し、さらに、問題対応にかかる運用コストを 75% 削減しています。

業種

  • 情報通信業

採用地域

  • 日本

用途

  • パブリック/プライベート・クラウドの仮想化基盤
  • データレイク分析基盤

Webサイト

課題

ソリューションと効果

ビジネスの変革

  • クラウドの可用性実績 99.999% の維持
  • 運用効率の向上と運用コストの削減(問題対応にかかる運用コストを 75% 削減)
  • データ分析基盤運用の簡素化

IT の変革

  • FlashArray により I/O 性能が 3 倍に向上
  • マルチプロトコル対応かつ高性能な FlashBlade で、社内共用のデータレイクを構築

注目の最新情報

導入事例

DMM.com: VVols と FlashArray の導入で VM 運用負荷とデータを大幅削減

導入事例

東映アニメーション: オールフラッシュ・ストレージで TCO 大幅低減

導入事例

日本中央競馬会(JRA): ピュア・ストレージで IT 基盤をオールフラッシュ化

導入事例

三菱 UFJ モルガン・スタンレー 証券:ピュア・ストレージの 導入で、株取引執行システム、 バックアップ/リストアを高速化

導入事例

毎日新聞社: ピュア・ストレージの導入で 全社用仮想化基盤の性能を改善

+
800-379-7873 +44 2039741869 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 1 83 76 42 54 +498962824144 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 202457440 +46850541356 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 43 505 28 17 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387 +48 22 343 36 49
このブラウザは現在サポートされていません。

古いブラウザには、セキュリティ・リスクが存在する場合があります。ピュア・ストレージの Web サイトをより快適にご利用いただけるよう、最新のブラウザにアップデートしてください。