京都橘大学:オールフラッシュストレージを基盤とするVDIで高速性と運用性を実現


課題

  • ネットワークブート方式による従来システムの性能劣化
  • 運用管理性の改善

ソリューションと効果

  • デスクトップ仮想化とオールフラッシュストレージの組み合わせによる大幅な性能改善
  • 優れたインライン重複排除機能でデータを大幅削減、安定的かつ柔軟な運用を実現
「ハードディスク型、フラッシュとのハイブリッド型、オールフラッシュ型と各種のストレージ製品を比較・検討しましたが、VDIの安定運用にはI/O性能が決め手になると判断してオールフラッシュに決めました。メーカーの選択で重要 だったのは運用管理性とサポートです。次のシステム更新までの5年間の運用コ ストも加味した結果、ピュア・ストレージの製品を選びました。」
京都橘大学 図書館情報課 図書館情報課長補佐 辻俊 氏

テクニカルサポートへのお問い合わせ
経験豊富なサポートエンジニアが積極的なサポートを提供します。

ピュア・ストレージと繋がりましょう。

ピュア・ストレージ導入
簡単 3 ステップ

1. ニーズご相談

データ・ストレージのニーズについて個別にご相談をお受けしております。

2. PoC 実施

お客様にご協力いただき、専門チームが PoC(概念検証)を実施します。

3. ピュアへ移行・ピュアを導入

総所有コスト(TCO)削減効果を実証し、移行・導入のお手伝いをいたします。