町田市: 住民サービスの情報システム基盤にオールフラッシュストレージ導入、運用性大幅アップ


課題

  • 業務システムのストレージ基盤増強
  • 安定性と継続性を強化するストレージ運用の実現

ソリューションと効果

  • 約6倍のデータ圧縮倍率によってリソースおよびコストを最適化
  • バッチ処理時間を約2分の1に短縮するなど、運用性を大幅アップ
Created with Sketch.
「新システムの切り替えの際、デー タの移行作業でフラッシュストレージの性能と圧縮機能の効果を実感しました。何回かに分けてデータ移行を行ったのですが、旧システムのハードディスク型のストレージと比べると、同等の容量のデータを約6分の1の時間で移行できたのです。市民サービスを止めないためには、システムの保守にかかる時間はできるだけ短くしたい。フラッシュストレージの優れたI/O性能と圧縮効率は、市民サービスの安定提供に貢献します。」
町田市 総務部 情報システム課 担当係長 間宮正秋 氏

注目の技術パートナー

テクニカルサポートへのお問い合わせ
経験豊富なサポートエンジニアが積極的なサポートを提供します。

ピュア・ストレージと繋がりましょう。