日揮ホールディングス:
大規模プラント設計業務を支える
eVDI の性能を改善

インライン重複排除によりデータ容量も最大 1/18 まで削減

 

概要

創業90余年の日揮グループは現在、国内および海外における総合エンジニアリング、エネルギー・環境コンサルティングをはじめとする幅広い分野で事業を展開しています。海外プラントの EPC 事業では、エンジニアリング用仮想デスクトップ基盤(eVDI)の導入により CAD 環境の効率化を図ってきましたが、近年の事業拡大に伴うインフラの刷新に際し、ピュア・ストレージの FlashArray//X50R2 を採択。大規模プラント設計業務の効率化を実現しています。

業種

プラント・エンジニアリング、建設、建築・機械設計、エネルギー

採用地域

  • 日本

用途

  • VDI

課題

ソリューションと効果

ビジネスの変革

  • 大規模プラント設計業務の効率化

ITの変革

  • アプリケーションのレスポンス、イメージ展開に要する時間を大幅に短縮
  • ストレージ容量を最大約 1/18 に削減し、リソースの有効活用を実現

テクニカルサポートへのお問い合わせ
経験豊富なサポートエンジニアが積極的なサポートを提供します。

ピュア・ストレージと繋がりましょう。

ピュア・ストレージ導入
簡単 3 ステップ

1. ニーズご相談

データ・ストレージのニーズについて個別にご相談をお受けしております。

2. PoC 実施

お客様にご協力いただき、専門チームが PoC(概念検証)を実施します。

3. ピュアへ移行・ピュアを導入

総所有コスト(TCO)削減効果を実証し、移行・導入のお手伝いをいたします。