仮想データベース基盤にオールフラッシュを採用、処理時間とコストを削減

課題

  • データベース環境のコスト削減
  • 仮想化環境におけるデータベースのレイテンシー抑制
  • ストレージシステムとしての可用性確保

ソリューションと効果

  • ピーク時でも1ミリ秒台の低レイテンシーを実現
  • 最大で5分の1以上のデータ圧縮率を達成
  • 約60%のコスト削減に成功
「実機を見て評価を行ったのですが、性能面ではレスポンスタイムとレイテンシーにおいて非常に優れていました。」
株式会社NTTぷらら 技術本部ネットワーク管理部マネージャー 長谷部勇 氏

テクニカルサポートへのお問い合わせ
経験豊富なサポートエンジニアが積極的なサポートを提供します。

ピュア・ストレージと繋がりましょう。

ピュア・ストレージ導入
簡単 3 ステップ

1. ニーズご相談

データ・ストレージのニーズについて個別にご相談をお受けしております。

2. PoC 実施

お客様にご協力いただき、専門チームが PoC(概念検証)を実施します。

3. ピュアへ移行・ピュアを導入

総所有コスト(TCO)削減効果を実証し、移行・導入のお手伝いをいたします。