債権債務システムの処理速度低下を
ピュア・ストレージ導入で大幅改善 ―
バッチ処理時間70~90%削減、
業務効率向上


課題

  • パッケージソフトによる債権債務管理システムのパフォーマンスを改善したい
  • 日々増加していくデータに対応できるストレージ基盤を構築したい
  • ビジネスの強化に貢献できるシステム基盤を整備したい

ソリューションと効果

  • パッケージソフトのパフォーマンス改善による業務効率の向上
  • システムの処理速度の改善
  • 重複排除機能による、データ量増大に対するストレージ利用率増大の緩和
  • 「Forever Flash」プログラムによる、3年後を見据えた適用範囲の拡大
Created with Sketch.
「今のところ、パフォーマンス面でも運用面でも、不満はまったくありません。今回は、パッケージソフトによる債権債務管理システムへの適用でしたが、実際に良好な結果が出ていることもあり、今後は他の基幹系システムに対しても導入を検討していきたいと考えています。」
株式会社山善 経営企画本部 情報システム部 システム管理2課 松井邦旭 氏

注目の技術パートナー

テクニカルサポートへのお問い合わせ
経験豊富なサポートエンジニアが積極的なサポートを提供します。

ピュア・ストレージと繋がりましょう。