ピュア・ストレージ、「Pure Live 2018 東京」で
次世代のインフラストラクチャ設計
「データ・セントリック・アーキテクチャ」の
ビジョンを発表

MITテクノロジーレビュー調査では、アジア太平洋と日本の
ビジネスおよびテクノロジーリーダーにとって
データが競争力の鍵となることが明らかに

2018年7月13日(東京) ― データを通じたイノベーションでより良い社会の構築に貢献する、オールフラッシュストレージプラットフォームベンダーのピュア・ストレージ(本社:米国カリフォルニア州マウンテンビュー、NYSE:PSTG)は、2018年7月13日、ピュア・ストレージ・ジャパンの年次イベント「Pure Live 東京 2018」において、次世代のインフラストラクチャ設計となる同社の「データ・セントリック・アーキテクチャ」のビジョンを発表しました。Pure Liveは、ピュア・ストレージの戦略や製品ビジョン、技術革新に関する最新情報を共有するために、年に1度各地域で開催するカスタマーイベントです。今年のPure Live 東京では、ピュア・ストレージの戦略部門副社長のマット・キックスモーラー(Matt Kixmoeller)による基調講演のほか、NVIDIA社および一橋ビジネススクールのゲストスピーカーによる招待講演を行います。また、ピュア・ストレージは、MITテクノロジーレビューの調査結果を発表し、アジア太平洋と日本のビジネスおよびテクノロジーリーダーにとって、データが競争力の鍵となることを明らかにしました。

アジア太平洋および日本(APJ)でのPure Liveの開催は今年で3回目であり、引き続き、同地域を重視するというピュア・ストレージの強いメッセージを表しています。ガートナー社およびIDC社の調査によると、ピュア・ストレージの新規顧客数は過去12カ月間で倍増しており、引き続き業界をリードしています。

機械学習およびAI(人工知能)技術の発展により、データは情報資産からイノベーションの中核へと変わりました。データ駆動型の組織はさらに、データ中心型の組織へと移行することが求められています。今日の企業は、急速に進化するアプリケーション環境で事業を運営しており、データからインテリジェンスを獲得して、競争力と成長につなげることは、将来における成功の前提となっています。成功に向けては、マルチクラウド環境でデータを最適に保存、共有し、最終的に分析できるよう構築された最新の基盤が必要になります。

ピュア・ストレージが委託し、MITテクノロジーレビューが実施した調査によると、アジア太平洋および日本(APJ)地域のビジネスおよびテクノロジーリーダーの圧倒的多数である87%、および日本のリーダーの83%が、顧客に向けて成果を出すためにはデータは不可欠であると答えています。データ・セントリック・アーキテクチャは、ピュア・ストレージのテクノロジーで構築されており、データおよびアプリケーションの最適な利用を可能にします。また、データをコア要素として扱うことで、データセンターの設計の形が根本的に変わります。

ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社 代表取締役社長の田中 良幸は次のように述べています。「この調査結果は、常日頃から日本のお客様より聞いている話と一致しています。お客様のビジネス戦略にとって、データは重要な要素であり、顧客体験を改善するとともに、競争力を生み出すための鍵になります。我々は、AIなど最新の技術革新を活用して、お客様が組織全体のデータをシームレスに活用することができる、データ・セントリック・アーキテクチャの構築をサポートしています」

MITテクノロジーレビューの調査では、世界中の2,300人以上(APJはこのうち30%)のビジネスリーダーとテクノロジーリーダーにアンケートを実施し、AIを活用したデータインテリジェンスが切り開く膨大な可能性や、企業が対応すべき課題を探求しました。

AIは、データ駆動型のイニシアチブを利用することで、企業が業務の改善や顧客体験の向上、ビジネスパフォーマンスを推進する上で、かつてない機会を生み出します。しかしながら、AIの採用にはなお、コスト、データインフラストラクチャ、人材リソース、倫理面などの懸念が存在します。

MITテクノロジーレビューの調査結果:

  • APJの80%、日本の72%のビジネスリーダーおよびITリーダーが、AIは業界にプラスのインパクトを与えると回答
  • APJの85%が、AIは分析、効率化、人的ミスの削減に重要だと回答
  • 日本では、AIの上位3つの利点は、競争優位性、高いセキュリティ、効率性の向上と回答
  • APJの81%、日本の80%が、データの解釈および意思決定にAIが必要だと回答

大半の回答者は、データインテリジェンスを得るための時間とリソースが不十分と回答:

  • 78%が膨大なデータを取得、分析、解釈する上で課題に直面していると回答
  • APJの58%が、リソースおよび人材不足が、データ管理を向上する上で障害になっていると回答する一方、46%はリソースおよび人材不足がAIの採用の障害になると考えている
  • 日本のリーダーが感じるAIの採用における上位2つの障害は、コスト(43%)とステークホルダーの了解(42%)

 

最新のニュースおよびデータを利用して、より良い世界を構築する企業をどのようにサポートするかについては、ピュア・ストレージのウェブサイトをご覧ください。

 

ピュア・ストレージについて

ピュア・ストレージ(NYSE:PSTG)は、イノベーターによるデータを通じたより良い社会の構築を支援しています。ピュア・ストレージのデータソリューションを利用することで、SaaS企業、クラウドサービスプロバイダー、企業、および公的機関における顧客は、マルチクラウド環境に含まれるミッションクリティカルな製造、DevOps、最新アナリティクス環境を駆動するためのセキュアなリアルタイムデータを提供することが可能になります。史上最も急速に成長しているIT企業の一つとして、ピュア・ストレージは、顧客がAIと機械学習を含む次世代テクノロジーの迅速な導入を通じて、データから最大限の価値を引き出し、競争力を獲得できるよう支援しています。ピュア・ストレージは、Satmetrix認定のネットプロモータースコア(NPS)において、B2B企業の上位1%に入る顧客満足度スコアを獲得しており、世界中の様々な分野の顧客に向けて高い要求を満たす製品を提供しています。

ピュア・ストレージとつながる:

ブログ / Facebook / YouTube / Twitter

FlashStackソリューション

アナリストの評価:

Gartner マジッククアドラント:ソリッドステートアレイ

IDC MarketScape: オールフラッシュアレイ

 

Pure Storage、「P」のロゴマーク、およびFlashStackは、Pure Storage, Inc. の登録商標です。このプレスリリースのすべての商標または名称は、それぞれの所有者に帰属します。

 

###

本件に関するお問い合せ

このプレスリリースに関するお問い合せは下記にて承っております。

■ ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社

マーケティングマネージャー 吉留

pr-japan@purestorage.com
TEL: (03) 5456-5710

■ 株式会社井之上パブリックリレーションズ

ピュア・ストレージ・ジャパン PR 担当 関/橋本

purestorage@inoue-pr.com
TEL: (03) 5269-2301 / FAX: (03) 5269-2305