ピュア・ストレージ
四国銀行が FlashArray//X を導入し、
業務システムの高速化、効率化を推進

Webサーバーのサービス起動時間が劇的に短縮、
預かり資産のシステムやビッグデータ分析用データベースの移行も計画

2019年2月7日

データを通じたイノベーションでより良い社会の構築に貢献する、オールフラッシュストレージのリーダーであるピュア・ストレージの日本法人であるピュア・ストレージ・ジャパン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長 田中 良幸 以下ピュア・ストレージ・ジャパン)は、株式会社 四国銀行(本店:高知県高知市、取締役頭取 山元 文明 以下 四国銀行)が、同社のストレージシステムにフラッシュストレージを採用し、ストレージ増強による業務効率向上を実現するため、ピュア・ストレージの「FlashArray//Xシリーズ」を導入したことを発表しました。四国銀行は「FlashArray//Xシリーズ」の導入後、試行運用において一部サーバーをFlashArray//Xに移行し、オペレーティングシステム起動後のサービス起動時間が劇的に短縮されたことを確認しました。四国銀行では、今後も継続して既存システムをピュア・ストレージ製品へ移行する計画です。

2018年に創業140周年を迎えた四国銀行は、高知県高知市に本店を構える地方銀行です。高知県を中心に四国全県に支店網を持ち、地元では「四銀(しぎん)」の愛称で親しまれています。四国銀行では、サーバー統合システムとしてサーバーの仮想化基盤の構築を進めています。その中で数年前からストレージの増強において、ハードディスクを含めどのような選択肢があるかを検討し、今後長期的に使用するといった視点から、成長が著しいフラッシュストレージも検討の視野に入れていました。
そうした中で、四国銀行は行内ではなく、外部のデータセンターで運用しているインターネット端末基盤でのピュア・ストレージ製品の利用機会を得ました。インターネット環境は行内システムに比べて利用頻度も低く、万が一の場合の影響も最小限で済むため、初めて利用する製品の検証としては適していました。この結果、四国銀行では、使い勝手や性能面での実績、故障率の低さや無停止交換などの保守性の高さといった特長を評価し、ピュア・ストレージ製品の導入の検討に入りました。
2018年9月、四国銀行はFlashArray//Xの具体的な導入を実施し、稼働を開始しました。製品導入後、まず試行的に一部のWebサーバーを移行したところ、オペレーティングシステム起動後のサービス起動時間が10分から2分半へと劇的に短縮され、ピュア・ストレージ製品の高速性が確認されました。

四国銀行では、行員が利用するグループウエアのデータベースを、2018年度内にハードディスクからピュア・ストレージ製品へ移行することを計画しています。この移行の結果、行員の利用における業務効率化に加えて、グループウエアの利用頻度が高まって数時間かかるようになってきたデータベースのバックアップの時間短縮も期待されます。
四国銀行では、今後も継続して既存システムをピュア・ストレージ製品へ移行する考えであり、お客さま対応において高いレスポンス性能が求められる預かり資産系のシステムや、本部がビッグデータ分析に利用するデータベースを移行することで、これらのシステムの高速化を図る計画です。

四国銀行 システム部 部長代理の川島 拓氏は、次のように述べています。

「事例、実績、ユーザーの声などを総合すると、保守体制も含めてハードディスクと変わらない運用ができると判断しました。ピュア・ストレージには、予兆保守や迅速な無停止運用の保守体制があり、ハードディスクよりも高いレベルの信頼性確保が期待できます。また、サービス停止を伴わずにリプレースやアップグレードを実現できる『Evergreen Storageプログラム』により、システムを止めることなく最新技術のキャッチアップが可能である点も評価しています」 

 

こちらの事例の詳細は、下記URLをご参照ください。
https://www.purestorage.com/jp/customers/shikoku-bank.html

ピュア・ストレージのFlashArray//X製品について詳しくは、下記URLをご覧ください。
https://www.purestorage.com/jp/products/flasharray-x.html

ピュア・ストレージのEvergreen Storageについて詳しくは、下記URLをご覧ください。
https://www.purestorage.com/jp/why-pure/evergreen.html

ピュア・ストレージについて

ピュア・ストレージ(NYSE:PSTG)は、イノベーターによるデータを通じたより良い社会の構築を支援しています。ピュア・ストレージのデータソリューションを利用することで、SaaS企業、クラウドサービスプロバイダー、企業、および公的機関における顧客は、マルチクラウド環境に含まれるミッションクリティカルな製造、DevOps、最新アナリティクス環境を駆動するためのセキュアなリアルタイムデータを提供することが可能になります。史上最も急速に成長しているIT企業の一つとして、ピュア・ストレージは、顧客がAIと機械学習を含む次世代テクノロジーの迅速な導入を通じて、データから最大限の価値を引き出し、競争力を獲得できるよう支援しています。ピュア・ストレージは、Satmetrix認定のネットプロモータースコア(NPS)において、B2B企業の上位1%に入る顧客満足度スコアを獲得しており、世界中の様々な分野の顧客に向けて高い要求を満たす製品を提供しています。

ピュア・ストレージとつながる:

ブログ / Facebook / YouTube / Twitter

FlashStackソリューション

アナリストの評価:

Gartner マジッククアドラント:ソリッドステートアレイ

IDC MarketScape: オールフラッシュアレイ

 

Pure Storage、「P」のロゴマークおよびEvergreen Storageは、Pure Storage, Inc. の登録商標です。このプレスリリースのすべての商標または名称は、それぞれの所有者に帰属します。

 

###

本件に関するお問い合せ

このプレスリリースに関するお問い合せは下記にて承っております。

■ ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社

マーケティングマネージャー 吉留

pr-japan@purestorage.com
TEL: (03) 5456-5710

■ 株式会社井之上パブリックリレーションズ

ピュア・ストレージ・ジャパン PR 担当 関/橋本

purestorage@inoue-pr.com
TEL: (03) 5269-2301 / FAX: (03) 5269-2305