Pure Storage and OIST

沖縄科学技術大学院大学(OIST):FlashBlade 導入により、膨大な研究データへの高速アクセス、シンプルな構成、迅速な解析を実現

さまざまな機器を介して取得する膨大な研究データに
GPUクラスタやHPCノードからイーサネット経由で高速アクセス。

概要

沖縄科学技術大学院大学(OIST)では、5年一貫制の博士課程を置き、公用語は英語というグローバルな環境の中、世界中から集まったさまざまな専門性をもつ研究者からなる60を超える「研究ユニット」が、学際的で先端的な教育研究活動を行っています。学内は10 Gbpsのネットワークでつながっており、HPCを含むコンピュータのリソースは一元化されています。さまざまな研究用機器を介して取得される膨大な量のデータへのアクセスの高速化を目指して検討を重ねた結果、イーサーネット上の分散環境においても高速アクセスが可能なピュア・ストレージのFlashBladeの導入を決定。その結果、システムのボトルネックが解消し、研究分野ごとに柔軟にデータが扱えるようになり、効率的で高速なコラボレーションが可能なコンピューティング環境が実現しました。

業種

教育機関

採用地域

  • 日本

用途

  • 研究用システムのデータ・ストレージ

課題

ソリューションと効果

ビジネスの変革

  • 高速に共有できるコンピューティング環境の実現

ITの変革

  • ピュア・ストレージ製品の導入でシステムのボトルネックを解消
  • 研究により異なるデータの扱い方にフレキシブルに対応
  • OIST の方針に沿った、コラボレーションが可能なシステムを実現

注目の最新情報

導入事例

DMM.com: VVols と FlashArray の導入で VM 運用負荷とデータを大幅削減

導入事例

東映アニメーション: オールフラッシュ・ストレージで TCO 大幅低減

導入事例

日本中央競馬会(JRA): ピュア・ストレージで IT 基盤をオールフラッシュ化

導入事例

三菱 UFJ モルガン・スタンレー 証券:ピュア・ストレージの 導入で、株取引執行システム、 バックアップ/リストアを高速化

導入事例

毎日新聞社: ピュア・ストレージの導入で 全社用仮想化基盤の性能を改善

+
800-379-7873 +44 20 3870 2633 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 9 75 18 86 78 +49 89 12089 253 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 (0) 20 201 49 65 +46-101 38 93 22 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 31 52 80 624 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387