大崎市民病院:システムの統合と仮想化、ストレージのオールフラッシュ化により、医療業務効率の改善と省スペースを実現

概要

宮城県大崎市の大崎市民病院は、創立80余年の歴史を持ち、市町村立病院では全国トップの機能評価係数を有する市民病院です。電子カルテを含む医療業務システムおよび部門システムの共用ストレージの刷新に際し、ピュア・ストレージのFlashArray//Mを採択。その結果、耐障害性の向上、省スペース、仮想マシンの容量の大幅削減を実現しました。

業種

医療・ヘルスケア

採用地域

  • 日本

用途

  • 電子カルテおよび部門システムの共用ストレージ

Webサイト

課題

ソリューションと効果

ビジネスの変革

  • 生命に関わるシステムにおける、耐障害性の向上

ITの変革

  • ピュア・ストレージ FlashArray//M20 R2 の導入で壊れにくい SSD にオールフラッシュ化
  • 仮想マシンの容量を平均 3.5:1 に削減
  • ストレージの設置場所が 3 ラックから 3U へ、消費電力は 1/10 に削減

注目の最新情報

導入事例

メルセデスAMGペトロナスF1チーム―正々堂々、正攻法で勝つ

導入事例

MAN AHL社―ピュア・ストレージのデータハブで市場投入までの時間を短縮

導入事例

ノースヨーク総合病院―ピュア・ストレージで健全な医療インフラを実現

導入事例

Valley Proteins社―FlashStackコンバージドインフラストラクチャの導入でSAPの性能を向上

導入事例

ソフトバンク社―VDIの性能と運用性を大幅改善

導入事例

カリフォルニア大学バークレー校―DNAシークエンシングを高速化

+

お問い合わせ

ピュア・ストレージがお客様の成功を支えます。

テクニカルサポートへのお問い合わせ
経験豊富なサポートエンジニアが積極的なサポートを提供します。

ピュア・ストレージと繋がりましょう。