オールフラッシュ・アレイの概要と導入のメリット

オールフラッシュ・アレイの概要と導入のメリット

オールフラッシュ・アレイ(AFA)とは

オールフラッシュ・アレイ(AFA)は、ハードディスク・ドライブの代わりにフラッシュ・メモリのみを搭載したストレージ・インフラストラクチャです。ソリッドステート・アレイ(SSA)とも呼ばれます。AFA および SSA を導入することで、ビジネス・アプリケーションの速度、性能、俊敏性を向上できます。

データ・ストレージにおけるオールフラッシュ・アレイ

これまでの歴史において、データ・センターではネットワーク接続ストレージ(NAS)やストレージ・エリア・ネットワーク(SAN)として構成されたハードディスク・ドライブ(HDD)技術が主流でした。

ソリッド・ステート・ドライブ(SSD)の登場により、データ・ストレージ企業は、ティア 0 およびティア 1 データ・アプリケーション向けの高価で高性能なフラッシュ・メモリ製品の提供を始めました。SSD はディスクが回転しないため、従来の技術に比べて桁違いの速度を実現します。

ムーアの法則のとおり、フラッシュ・ストレージはコスト効率が向上し続け、経済的な面においても NAS デバイスと SAN によるオールフラッシュが実現可能となりました。ピュア・ストレージ製品は全て、オールフラッシュ・アレイ(AFA)です。

オールフラッシュ・アレイ:データ・センターにフラッシュ・メモリのメリットをもたらす

HDD を SSD に交換するだけでも、NAS や SAN ソリューションの速度や性能を向上させることができます。オールフラッシュ・アレイがもたらすメリットは、フラッシュ・メモリ自体のメリットと同様です。

  • 速度: メモリの読み書きおよびアクセス時間の高速化により、速度と性能が向上します。最良のオールフラッシュ・アレイでは、NVMe over Fabrics(NVMe-oF)を活用し、SAN 全体のデータ転送速度の最大化と低遅延を実現します。
  • ポータビリティ: SSD は HDD に比べて大幅に小型化されています。純粋に物理的な面でも、フラッシュ・メモリは容量当たりのスペースのメリットがあります。容量当たりのコストにおいても、フラッシュ・メモリは HDD ソリューションに急速に近づいています。
  • 耐久性: SSD は、物理的な可動部分がないため、落下や衝撃に対して回転ディスクよりも本質的に耐性が高くなっています。

FlashArray//X のテストドライブ

セルフサービス環境でピュア・ストレージ FlashArray //Xの管理を体験してください。スナップショット、レプリケーション、ActiveCluster™、VMware統合などの高度な機能をお試しいただけます。

オールフラッシュ・アレイ vs ハイブリッド・ストレージ・アレイ vs HDD アレイ

オールフラッシュ、ハイブリッド、従来型ストレージとある中で、どれを選ぶのが最適でしょうか。多くの企業はオンプレミス型のデータ・ストレージ・ソリューションを選択する際に、この問題に直面します。速度、性能、信頼性などの要因は、選択の基準の一部です。導入や保守の容易さ、セキュリティも重要です。

一般的には、オールフラッシュ・アレイがもっとも速く、高い性能を備えていると考えられています。次はハイブリッド・アレイです。同じストレージ・アレイ内で、フラッシュと HDD を組み合わせて使用します。オールフラッシュ・アレイに比べると速度は劣りますが、高い性能を要求しない場合は、安価な HDD ラックに容量を追加していくことも考えられます。そして、この中で最も低速なのは、従来型のアレイです。

ピュア・ストレージのオールフラッシュ・アレイが選ばれる理由

近代的なデータ・センターでは、性能と容量のニーズに対するソリューションとしてオールフラッシュ・アレイが検討されていますが、どのフラッシュ・アレイでも良いというわけではありません。初めから明確な目的のもとに設計されたアレイと、後付けで改良を加えたアレイでは、大きな違いがあります。オールフラッシュの技術と数十年前のハードディスクベースのアーキテクチャの組み合わせでは、最良のROIを得ることはできず、性能、信頼性、シンプルさにおいて欠点が露呈してしまいます。

ピュア・ストレージのFlashArrayは、ステートレス・アーキテクチャと柔軟なメタデータにより、フラッシュ・メモリと優れたコンピューティング性能の両方の利点を無停止で提供してきた実績があります。ピュア・ストレージが提供するソリューションのシンプルさと俊敏性は、後付けで改良を加えたフラッシュベース・システムの制約や、従来のストレージ・ポートフォリオの複雑さを排除します。

オールフラッシュ・アレイのユースケース

エンタープライズ層のストレージ階層におけるオールフラッシュ・アレイの位置 SDD は HDDに比べて高コストであることから、オールフラッシュ・アレイは長い間、ティア 0 およびティア 1 アプリケーション向けのプレミアム SAN ソリューションとして扱われてきました。しかし、現在はムーアの法則のとおり、フラッシュ・アレイのコストが減少し、上位のストレージ層に位置付けられています。FlashArray//Cは、ティア 2 ストレージ・アプリケーションを対象としたハイブリッド・ストレージ・アレイに対して競争力があるコストで設計された初めてのオールフラッシュ SANです。

オールフラッシュ・アレイのストレージ層とユースケースには、次のようなものがあります。

  • ティア 0:最高レベルの性能のティア(最大 IOPS/$)。金融取引、e コマースアプリ、高性能を必要とするアプリケーション向けのブロック・ストレージ・ソリューションを対象とします。
  • ティア 1:2 番目に高い性能のティア(IOPS/$ と容量のバランス重視)。業務処理、データ分析、データ・マイニングなどを対象とします。
  • ティア 2:高い性能を必要としないティア(容量重視)。メール、ファイル、印刷、データ・バックアップ、アーカイブなどを対象とします。

ピュア・ストレージが提供するオールフラッシュ・エンタープライズ・ストレージ・アレイ

フラッシュ・メモリは、データ・センターのエンタープライズ・ストレージに変革をもたらしました。フラッシュベースのエンタープライズ・ストレージは、ディスクベースのストレージよりも高性能、高効率、高信頼性を実現しています。

ピュア・ストレージは、ティア 0、ティア 1、ティア 2 のストレージのニーズに対応するために、2 種類のオールフラッシュ・アレイを提供しています。

  • FlashArray//X:性能が最適化された、オールフラッシュのエンドツーエンドの NVMe および NVMe ストレージ・アレイです。ティア 0 およびティア 1 アプリケーションにブロック・ストレージを提供するように設計されています。
  • FlashArray//C:ティア 2 アプリケーション向けに容量が最適化されたオールフラッシュ NVMe ストレージ・アレイです。

これらのオールフラッシュアレイ(AFA)は、クラウドライクなアプリケーション統合と優れた俊敏性によってストレージの概念を変え、ITとビジネスの変革を促進させます。ピュア・ストレージは、最新の ガートナー「マジック・クアドラント」および「クリティカル・ケイパビリティ」レポートにおいて、ソリッド・ステート・アレイ(SSA)部門のリーダーに位置付けられています。

800-379-7873 +44 20 3870 2633 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 9 75 18 86 78 +49 89 12089 253 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 (0) 20 201 49 65 +46-101 38 93 22 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 31 52 80 624 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387