クラウド・ネイティブとは

クラウド・ネイティブとは

クラウド・ネイティブとは

柔軟性、拡張性、分散性に優れたクラウド・ネイティブ・アプリケーションは、クラウドのメリットを最大化することを目標に構築されています。アプリケーションの開発と導入におけるこのアプローチは、マイクロサービス・アーキテクチャ、コンテナ、API など、クラウド・コンピューティングにネイティブに対応するテクノロジーとパラダイムを活用しています。

クラウド・ネイティブ・アプリケーションとは

クラウド・ネイティブ・アプリケーションは、それらをサポートするために必要な基盤となるインフラストラクチャに疎結合されています。最近では、ユーザーの要求に応じてリソースを動的にプロビジョニングできるコンテナを介してマイクロサービスを展開することを意味します。各マイクロサービスは、サービス・レイヤーを通じて管理される API を介して独立して通信できます。アプリケーションをクラウド・ネイティブとみなすためにマイクロサービスは必要ありませんが、モジュール性、移植性、リソースのきめ細かな制御などの利点があるため、クラウド上でアプリケーションを実行するのに適しています。

FlashArray//X のテストドライブ

セルフサービス環境でピュア・ストレージ FlashArray //Xの管理を体験してください。スナップショット、レプリケーション、ActiveCluster™、VMware統合などの高度な機能をお試しいただけます。

クラウド・ネイティブ開発のメリット

クラウド・ネイティブの一般的なメリットには、次のようなものがあります。

  • コンピューティング・リソースとストレージ・リソースのオンデマンド・プロビジョニング
  • 再利用可能なモジュール式ソフトウェア・コンポーネント、サービス、API
  • DevOps フレンドリー ― DevOps に適しており、マイクロサービス・アーキテクチャは、継続的統合・継続的提供(CI/CD)パイプラインの設定にも最適
  • クロスプラットフォームの移植性 ― パブリック・クラウドとプライベート・クラウド、またはオンプレミスとハイブリッド・クラウド
  • 俊敏性、スケーラビリティ、拡張可能なソフトウェア・アーキテクチャにより、ビジネスの成長にあわせて拡張可能

ピュア・ストレージの取り組み

ピュア・ストレージは、オールフラッシュ・ストレージ・アレイのパイオニアとして、クラウド・ネイティブ・アプリケーションの俊敏性やスケーラビリティに対応したモダン・データ・エクスペリエンス(Modern Data Experience™)を提供します。ピュア・ストレージは、以下のような機能により、クラウド・ネイティブ・アプリケーションでクラウドの分断を解消します。

  • 大規模並列や低遅延など 100% NVMe ストレージがもたらすメリットをフルに提供
  • 容易に使えるデータとアプリケーションのモビリティ ― パブリック・クラウド、プライベート・クラウド、ハイブリッド・クラウド、オンプレミス・インフラストラクチャ間のモビリティ
  • Portworx® を使用した Kubernetes データ・サービス用のコンテナ定義のストレージ・ソリューション
800-379-7873 +44 20 3870 2633 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 9 75 18 86 78 +49 89 12089 253 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 (0) 20 201 49 65 +46-101 38 93 22 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 31 52 80 624 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387