インテリジェントなデータ管理

Purityストレージ・オペレーティング・システムは、管理、監視、分析、可視性を備えた単一のオーケストレーション・レイヤーを提供します。本稼働システム、クラウド・プラットフォーム、リモート・ロケーション全体で全てを管理することで一貫性を確保し、運用の俊敏性を実現し、迅速な意思決定を可能にします。

ピュア・ストレージが誇る業界屈指のデータ管理インターフェースにより、ITスタッフの生産性が向上します。Purityはシンプルに設計されており、一貫性と予測可能性を見据えて構築されているため、余計な労力をかけずにより多くのインフラストラクチャを管理することができます。

一貫した信頼性と強力なデータ管理サービス

Purityは、一貫した高信頼性・高性能を提供し、ビジネス・クリティカルなワークロードにおいて従業員や顧客が必要とする可用性を確実に実現します。さらに、業界をリードするデータ保護により、一貫した低遅延を実現します。

Purity OSには、スナップショット、クローニング、アクティブ/アクティブ・ストレッチ・クラスタ、非同期レプリケーションが標準搭載されています。追加コストなしで全てを利用できます。さらに、優れたユーザー・インターフェースによって、トレーニングをほぼ必要とせずにこれらの機能を使い始めることができます。

VCF 管理をシンプルに

ピュア・ストレージ上でVMware Cloud Foundation(VCF)を利用することで、ハイブリッド・クラウドおよびプライベート・クラウド環境向けに、スケーラブルで手間がかからず、コストを最適化したインフラストラクチャを提供できます。FlashArray™やFlashStack™にVCFを導入すると、VMやコンテナ・ベースのアプリケーションをサポートしながら、ワークロード・ベースのサイロを排除し、ESXiインフラストラクチャの管理を簡素化できます。その結果、モダン・データ・エクスペリエンスが実現され、市場投入までの時間が短縮されます。

Windows 管理センターから FlashArray を管理

Microsoft Windows管理センターについても 心配は無用です。Windows管理センター向けFlashArray管理の拡張機能により、Windows管理センターで展開されたオンプレミスとクラウドの両方のFlashArrayを管理できます。FlashArrayのダッシュボードには、IOPS、帯域幅、遅延、データ削減、容量管理など包括的な情報が表示されるため、主要なメトリックの全てをWeb管理コンソールで確認できます。

Microsoft SQL Server を一元管理

ピュア・ストレージが提供するMicrosoft SQL Server Management Studio (SSMS) 向けの拡張機能を使用することで、データベースのバックアップとリストアを簡単に管理することができます。ピュア・ストレージのBackup SDK Windows PowerShellモジュールを使用することで、アプリケーション間で一貫性のあるスナップショットを作成し、バックアップとリストア操作を自動化できます。また、全てのローカルおよびリモート・データベースのSSMSでそれらを管理することもできます。

800-379-7873 +44 20 3870 2633 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 9 75 18 86 78 +49 89 12089 253 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 (0) 20 201 49 65 +46-101 38 93 22 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 31 52 80 624 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387

ピュア・ストレージ導入
簡単 3 ステップ

1. ニーズご相談

データ・ストレージのニーズについて個別にご相談をお受けしております。

2. PoC 実施

お客様にご協力いただき、専門チームが PoC(概念検証)を実施します。

3. ピュアへ移行・ピュアを導入

総所有コスト(TCO)削減効果を実証し、移行・導入のお手伝いをいたします。