Pure//Accelerate Digital 2021 | 詳細とご登録
キャパシティ・ストレージ

妥協のない大容量ストレージ

FlashArray//C は、NVMe 性能、高度な統合、シンプルな管理機能を提供し、データの価値を最大化する、業界初のオール QLC フラッシュ・アレイです。

オールフラッシュの性能を 99.9999% の可用性で

24 時間 365 日の運用が期待されている環境では、不安定な性能や予期せぬシステム停止を許容できません。FlashArray//C は、最も要求の厳しい環境にも対応するエンタープライズ・グレードのデータ・ストレージであり、確かな実績のある 99.9999% の可用性、無停止アップグレード、一貫した 1 ミリ秒以下の低遅延を提供します。

オール・フラッシュをあらゆるワークロードに

オール QLC の FlashArray//C は、容量重視のワークロードに対して非常に経済性が高く、ハードディスク・ドライブやハイブリッド・アレイを不要にします。また、FlashArray//X は、性能重視のワークロードに最適です。これら全てを Purity で一元管理できます。

高容量を必要とするアプリケーションのためのストレージ

優れたデータ効率

ピュア・ストレージの DirectFlash モジュールと独自のデータ削減技術の組み合わせが、優れた有効容量を可能にしています。容量重視のワークロードも、ビジネス・クリティカルな性能重視のワークロードと同様に、Purity の高度なデータ・サービスのメリットを享受できます。

大容量のオールフラッシュ・アレイ・ストレージを導入して、データサイロを排除

最高の信頼性、最適な構成オプション

FlashArray//C は、3U の 797 PB から 9U の 7.3 PB までの実効容量オプションで 99.9999% の可用性を提供します。低遅延と可用性を重視した設計により、データ集約型ワークロードの容量拡張要件に対応します。

99.9999% の可用性を実現する QLC に最適化したストレージ

追加コストなしで機能を追加

Evergreen™ は、100% 無停止のアーキテクチャを柔軟な購入プログラムで提供し、従来型ストレージの複雑さ、リスク、高額なアップグレードからお客様を解放します。ファイバーチャネルと Ethernet をサポートする ActiveCluster™ 同期レプリケーションなど、Purity の全機能を追加コストなしで利用できます。

大規模データ・ストアを統合

FLASHARRAY//C ― 仕様

容量

物理仕様

//C40

最大1.9PB / 1.4PiB 実効容量**

最大物理容:494 TB / 449 TiB

3U
97.7 lbs(44.3Kg)フルロード
シャーシ:5.12” x 18.94” x 29.72”

//C60

最大実効容量:7.3 PB / 6.6 PiB** 

最大物理容量:1.9 PB / 1.7 PiB

3U~9U
97.7~185.4 lbs(44.3~84.1 kg)フルロード
5.12”~18.94” x 18.94” x 29.72”

[**]実効容量には HA、RAID、メタデータ・オーバーヘッド、GB から GiB への変換を想定しており、常時オンのインライン重複排除、圧縮、およびパターン削除によるデータ削減効果が含まれています。平均データ削減率は 5:1 で計算されており、シン・プロビジョニングは含まれていません。

FlashArray//C ― 他社製品との機能比較

機能

Pure Storage
FlashArray//C

HPE
Nimble Storage
(HF シリーズ)

NetApp
FAS シリーズ

Dell EMC
SC シリーズ

実効容量 7.3 PBに必要なフットプリント

9 RU、100% NVMe DFM

64 RU、10 TB 7k HDD + 3.8 TB SSD(キャッシュ用)

28 RU、10 TB 7k HDD + PCIe FlashCache

30 RU、10 TB HDD + 1.6 TB & 3.8 TB SAS SSD(キャッシュ用)

遅延

一貫した 2~4 ms の遅延、キャッシュ・ミスなし、ホットスポットなし

< 1 ms (キャッシュヒット)
> 5 ms (キャッシュミス)

5〜10+ ms の書き込み遅延、読み取り遅延は FlashCache を介した読み取りキャッシュに依存

<1 ms (キャッシュヒット)
>5 ms (キャッシュミス)

エンドツーエンド NVMe

DirectFlash™️

非対応

非対応

利用不可

QLCフラッシュ・メディア

24.7 TB / 49 TB

QLC DirectFlash™ モジュール

非対応

非対応

利用不可

コントローラ NDU

Free Every Three ― 3 年ごとにコントローラ無償アップグレード(Evergreen Gold の場合)

データ・インプレースのアップグレード、寿命 10 年以上のシャーシ、あらゆるコンポーネントの真の NDU アーキテクチャ

シャーシ内 NDU、シャーシ間のフォークリフト・アップグレード

プロフェッショナル・サービスによる Complicated Aggregate Relocation プロセス

非対応

バンドル・ソフトウェア

Gold & Silver

Timeless で利用可能

利用不可

利用不可

障害発生時/アップグレード時の性能

100%

100%

50% 以下、HA ペアごとのコントローラ障害の影響

50% 以下、HA ペアごとのコントローラ障害の影響

プロトコルのサポート

NVMe-oF (RoCE)、iSCSI、FC、SMB、NFS

FC、iSCSI、SAS

FC、FCoE、iSCSI、NFS、pNFS、CIFS/SMB

FC、iSCSI

高キャパシティ・ストレージとは

企業の規模にかかわらず、ローカル・ストレージ・ソリューションの導入時に重視するのは、コスト、容量、性能のバランスです。高キャパシティ・ストレージは、容量あたりのコスト($/GB)に最適化されたデータ・ストレージです。高キャパシティ・ストレージは、仮想マシン、バックアップ、メール、テスト/開発環境などのティア2(またはそれ以上)のワークロードに対応するように設計されています。

よくある質問:

1. 高キャパシティ・ストレージのメリット

高キャパシティ・ストレージ・ソリューションを導入するメリットには、次のようなものがあります。

  • ストレージ・コストの削減
  • 大規模データを高度に統合する能力
  • ストレージ層ごとのストレージ・コストを最適化する柔軟性
  • ティア2 ワークロードのための最適なストレージ容量と性能

2. 高キャパシティ・ストレージのユースケース

高キャパシティ・ストレージは、ティア2 アプリケーションに最適なソリューションです。

  • ディア 2 アプリケーションのディザスタ・リカバリ
  • バックアップ、スナップショット、ミラーリング
  • マルチクラウド環境のテスト・開発ワークロードの統合
  • ポリシーベースの VM 階層化

3. QLC フラッシュとは

クアッドレベル・セル(QLC)フラッシュは、容量が最適化されたNAND型メモリテクノロジーを採用し、ハード・ディスク・ドライブ(HDD)と同等、もしくはそれ以上のテラバイト単価を可能にします。

4. QLC、SLC、MLC、TLC の比較

QLC フラッシュは、NAND 型フラッシュ・デバイス内で 1 つのセルに格納できるビット数を多くしようとする長年の傾向の最新型です。テクノロジーの進化の概要:

  • シングルレベル・セル(SLC)フラッシュ:1 つのセルに 1 ビットを格納、電荷量は 2 段階
  • マルチレベル・セル(MLC)フラッシュ:1 つのセルに 2 ビットを格納、電荷量は 4 段階
  • トリプルレベル・セル(TLC)フラッシュ:1 つのセルに 3 ビットを格納、電荷量は 8 段階
  • クアッドレベル・セル(QLC)フラッシュ:1 つのセルに 4 ビットを格納、電荷量は 16 段階

多くの称賛をいただいています

ピュア・ストレージは、あらゆる業界の先進的なお客様に選ばれています。

「FlashArray の導入により、性能重視のワークロードと容量重視のワークロードを 1 つのプラットフォームに統合できるため、インフラがシンプルになります。共通のデータ・サービスと分析プロセスがあらゆるデータに対して実行できるようになりました。」

NTT マネージド・サービス事業部 CTO
Sean Donaldson 氏

「FlashArray//C の最大のメリットは、低速のディスク・ソリューションを排除できることです。ピュア・ストレージのオール NVMe フラッシュ・ストレージ・ソリューションにも大いに期待しています。」

ServiceNow クラウドキャパシティエンジニアリング部門ディレクター
Keith Martin 氏
高キャパシティ・ストレージ・アプリケーションのための NVMe

FlashArray//X の NVMe 性能

FlashArray//X は、オールフラッシュ、100% ソフトウェア駆動、100% NVMe ストレージです。エントリーレベルからメインストリームのエンタープライズ環境、次世代のクラウドネイティブなアプリケーションまですべてをサポートするように設計されています。

800-379-7873 +44 20 3870 2633 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 9 75 18 86 78 +49 89 12089 253 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 (0) 20 201 49 65 +46-101 38 93 22 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 31 52 80 624 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387