ビッグデータ時代に求められる大量データのリアルタイム利活用を支えるストレージ

~膨大なデータからインサイトを取得するリアルタイム分析を実現~

IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の活用が、あらゆる分野で急激に広がっています。たとえば、車両センサーで得たデータから車両の走行状況や渋滞状況を分析し、橋梁センサーからのデータで車両の通行量や橋梁の損壊リスクを排除することができるようになりました。それに伴い、企業が収集・分析するデータ量もこれまでにないほどの増加を遂げています。しかし、現在の多くのシステム環境におけるサーバーやストレージでは、この膨大なデータのダイレクトな分析は容易なことではなく、また非常に高額な投資も必要になるなど、多くの課題を抱えています。

本ホワイトペーパーでは、これらの課題とその背景にあるストレージ関連の要因、そしてソリューションについてご紹介します。

800-379-7873 +44 20 3870 2633 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 9 75 18 86 78 +49 89 12089 253 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 (0) 20 201 49 65 +46-101 38 93 22 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 31 52 80 624 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387