データ・ウェアハウス

データ・ウェアハウス・
ソリューションの移行

リスクもリターンも大きい現代のビジネス。従来型データ・ウェアハウス・ソリューションから脱却するときが来ています。優れた操作性、大規模なストレージ容量、比類のない性能が、お客様の競争優位性をサポートします。

データ・ウェアハウスへの 新たなアプローチ

データが無限に増大し続ける今こそ、データ・ウェアハウスを刷新するチャンスです。コンピューティングやストレージの活用率の低さは、非効率なコスト要因となります。ピュア・ストレージは、性能を犠牲にすることなく、ストレージ・リリースをスケーリングし、データの価値を最大化します。

モダン・プラットフォームへの移行

ピュア・ストレージは、データ分析にモダン・データ・エクスペリエンス(Modern Data Experience™)をもたらします。ピュア・ストレージは、高速な TTFB(最初の 1 バイトを受信するまでの時間)と高スループットにより、知見の抽出を迅速化します。高速なオブジェクト・ストレージをオンプレミスに導入するという選択肢が増え、クラウド・ネイティブ・アーキテクチャによってリスクが軽減します。

ワークロードのスケーリング

エンタープライズのワークロードには柔軟性が求められています。データ・サイロは過去のものです。ピュア・ストレージの分散ストレージは、単一の高性能データ・ソースとして柔軟にスケーリングすることができます。分離されたワークロードを複数実行し、オンデマンドでコンピューティングを活用することで、洞察の抽出を加速します。

クラウドのパワーを オンプレミスで

ハイブリッド/オンプレのエコシステムをクラウドのパワーで強化する ピュア・ストレージと Vertica は、コンピューティングとストレージを分離した業界初の分析データベース・ソリューションをオンプレミス環境で提供し、新たなレベルのシンプルさと柔軟性を実現しています。

FlashBlade テスト・ドライブ

トライアルは無料です。お客様による機器の追加やセットアップも必要ありません。Pure1® のセルフサービス・インスタンスによる FlashBlade™ の管理を通じて、ネイティブなスケールアウトが可能なファイル/オブジェクト・ストレージの先進的機能をお試しいただけます。

データ・ウェアハウスとは

データ・ウェアハウスは、構造化データ向けに最適化されたストレージ・システムで、迅速なビジネス・インテリジェンス(BI)に必要な高速 SQL クエリを可能にします。データ・ウェアハウスは、高速トランザクションから予測型分析まで、企業における BI 促進のためのストレージのデファクト・スタンダートとして使用されてきました。

よくある質問:

1. データ・ウェアハウスのメリットとは

データ・ウェアハウスには、次のような特長があります。

  • 複数の異なるソースから構造化データを集約

  • リレーショナル・データベースの分析クエリを高速化

  • 安価なクエリと迅速なレポート作成のための専用のストレージ・ソリューション

2. データ・ウェアハウス、データ・レイク、データ・ハブの違いとは

データ・ウェアハウス、データ・レイク、データ・ハブの違い: 

  • データ・ウェアハウス:データ・ウェアハウスは、組織内の複数の非構造化データ・ソースから取り込んだ構造化データを統合・格納する単一のリポジトリです。

  • データ・レイク:組織内(データ・ウェアハウスを含む)のあらゆる構造化および未加工の非構造化データを格納する単一の未精製リポジトリです。このデータから BI のための知見を抽出するには、まずデータを処理する必要があります。 

  • データハブ:構造化および非構造化データを集中管理型データ・レイヤーに集約し、一元管理可能にする単一のインターフェースです。オペレーショナル・データも処理できる点でデータ・ウェアハウスとは異なり、複数の形式のデータに対応可能な点でデータ・レイクとも異なります。

3. データ・ウェアハウスをデータ・ハブに統合する理由とは

データ・ハブは、異なるエンドポイントの集合間でのデータ共有に必要なデータ・ガバナンスを提供します。このように、データ・ハブはデータ・レイクとデータ・ウェアハウスを単一のアクセス・レイヤーに集約します。データ処理が抽象化されるため、BI のための知見抽出を一元化された場所で行うことができます。

多くの称賛をいただいています

ピュア・ストレージは、あらゆる業界の先進的なお客様に選ばれています。

「今ではあらゆるワークロードをピュア・ストレージのアレイ上で実行しています。性能上の問題がストレージに起因することがなくなりました。」

デジタル・オペレーション部門ディレクター
Chad Plemons 氏

パートナー連携

ワークロードの動的な管理、パブリック・クラウド以上にシンプルな運用を可能にします。

800-379-7873 +44 20 3870 2633 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 9 75 18 86 78 +49 89 12089 253 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 (0) 20 201 49 65 +46-101 38 93 22 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 31 52 80 624 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387