デジタル・ビジネスの再考

デジタル・ビジネスを
デザインする

2020 年は厳しい現実と向き合う年となりました。デジタル変革/DX の次のステージには、モダン・ワークロードとオペレーションに必要なスケール、パフォーマンス、柔軟性を実現するデータ・ストレージが欠かせません。

アプリケーション・アジリティ

デジタル・ビジネスには、競争優位性をもたらすスピード、スケール、イノベーションが必要です。最大限の効果と競争力を得るためには、アプリケーションを柔軟に提供できることが大事です。

常に有効なセキュリティ

システムのダウンタイムは、ビジネスに深刻な損害を与えます。24時間365日の保護は必須であり、それを実現できないシステムを使い続ける必要はありません。

柔軟なインフラストラクチャ

基盤となるシステムは、オンプレミス、クラウド、またはその両方において、制限なく成長、拡張、近代化を可能にする俊敏性を備えている必要があります。

今こそ変革を

ガートナー社の調査によると、企業の CIO の 64% が、2020 年の教訓がデジタル・ビジネスへの取り組みの出発点となったと回答しています。今後については、どのような計画を立てるべきでしょうか。

柔軟でパワフルなファイル/オブジェクト・ストレージ

デジタル・ビジネスの 中核をなすデータ

将来の成功のためには、先を見越した戦略が必要です。デジタル・ビジネスへの移行におけるデータの重要性、また、成功を阻む要因を取り除く方法についてご紹介します。

柔軟でパワフルなファイル/オブジェクト・ストレージ

成功をもたらす俊敏性

デジタル・ビジネスには俊敏性が不可欠です。ボトルネックとなっていた従来のデータ・ストレージから、俊敏性を備えた新しいストレージ・アーキテクチャに置き換えることで、新たな可能性が拡がります。

柔軟でパワフルなファイル/オブジェクト・ストレージ

多くの称賛をいただいています

アジャイルなストレージをデジタル・ビジネスへの変革に活用している事例をご紹介します。

「ピュア・ストレージを導入したことでスケーラビリティに自信を持てるようになりました。」

Global Response 共同 CEO
Herman Shooster 氏

「ピュア・ストレージの Evergreen プログラムは、IT 投資の保護だけでなく、変化の激しい状況下においても、業務を中断することなく必要に応じたストレージのアップグレードを可能にしてくれます。」

Aegis Sciences CIO
Tim Ryan 氏

関連製品・ソリューション

                               

デジタル・ビジネスとは

アプリケーションによるワークフローの自動化から、AI を活用したよりスマートなビジネスの意思決定まで、デジタル・ビジネスは、デジタル変革によって、顧客のニーズに合致したより適切なサービスを提供します。

よくある質問:

1. デジタル・ビジネスのメリット

デジタル・ビジネス・モデルを採用することによる一般的なメリットには、次のようなものがあります。

  • ビジネス・インテリジェンスの強化
  • プロセス自動化による生産性向上
  • 効率的なリソース管理
  • データに基づく意思決定
  • コラボレーション、生産性、俊敏性の向上
  • カスタマイズされた優れた顧客エクスペリエンスを提供する能力

2. デジタル・ビジネス・モデルとは

デジタル・ビジネス・モデルとは、ビジネス価値の提供においてテクノロジーが重要な役割を果たすビジネス・モデルのことです。一般的なデジタル・ビジネス・モデルには、次のようなものが含まれます。

  • eコマース、オンライン・マーケットプレイス 
  • フリーミアム・サブスクリプション・モデル
  • ピアツーピア・マーケットプレイス
  • オンデマンド・サービス(例:全てをサービスとして提供)
  • 広告付きサービス
  • サブスクリプション方式
  • オープンソース

3. デジタル変革が顧客エクスペリエンスをどのように促進するのか

デジタル技術は、製品、情報、サービスの消費方法を根本的に変えました。今日の消費者は、スムーズな顧客エクスペリエンスによって製品やサービスが提供されることを期待しています。それは、オンライン、オンデマンド、24時間365日利用可能で、ダウンタイムや混乱がないことが求められます。

800-379-7873 +44 20 3870 2633 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 9 75 18 86 78 +49 89 12089 253 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 (0) 20 201 49 65 +46-101 38 93 22 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 31 52 80 624 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387
Your Browser Is No Longer Supported!

Older browsers often represent security risks. In order to deliver the best possible experience when using our site, please update to any of these latest browsers.