Skip to Content

コンテナとは

コンテナとは

コンテナは、ソフトウェア部品を標準化したもので、アプリケーションの実行に必要なバイナリ、ライブラリ、構成ファイルなど、全てのコードや依存関係が含まれています。コンテナ化されたソフトウェアは、コンピューティング環境の違いにかかわらず同じように実行されます。

仮想マシンとコンテナの違い

仮想マシン(VM)とコンテナは、いずれも、隔離されたアプリケーション実行環境を作るために仮想化を利用します。主な違いは、それぞれが提供する仮想化の粒度にあります。仮想マシンがオペレーティング・システム(OS)またはマシンレベルで仮想化するのに対し、コンテナはソフトウェアレベルで仮想化を行います。

これら 2 つの仮想化技術の違いについて詳しく見ていきましょう。

仮想マシン

仮想マシンは、マシン全体とオペレーティング・システムを仮想化するため、別のマシンによるホストが可能になります。ホストマシンのリソースを共有するには、 サーバーを仮想化するハイパーバイザが必要です。複数の仮想マシンを、ホストマシンと連動する単一のハイパーバイザで実行できます。1 台の物理サーバーを、依存関係や動作要件が異なるアプリケーションを実行可能な複数のマシンに分割させることで、仮想マシンはコストを削減できます。

新しいサーバーが購入不要なことからコスト削減が見込める一方で、仮想マシンはホストマシンのシステム・リソースを大量に消費します。オペレーティング・システムと、その基盤となるマシンをシミュレートし、ハイパーバイザで 1 つのアプリケーションを実行する場合は、粒度を高くすることでさコスト削減が可能になります。

FlashBlade のテストドライブ

Pure1® のセルフサービス・インスタンスによる FlashBlade™ の管理を通じて、ネイティブなスケールアウトが可能なファイル/オブジェクト・ストレージの先進的機能をお試しいただけます。

テストドライブを申し込む

コンテナ

ハイパーバイザーによる多くのリソース要件を発生させず、仮想環境でアプリケーションを実行する利便性をイメージしてください。コンテナは、ソフトウェアを内蔵型の仮想部品にカプセル化して実現可能にします。

コンテナでは、ハイパーバイザでオペレーティング・システムとサーバーを仮想化する必要がありません。代わりに、ホストマシンの OS カーネルを使用し、特定のアプリケーションを実行するのに必要なソフトウェアとハードウェアの依存関係を仮想化します。オペレーティングシステムの単一インスタンスに複数のワークロードを作成することもできます。結果として、コンテナでは、仮想マシンと比較して物理サーバーにかかる負荷がはるかに小さくなります。

コンテナと仮想マシン間のトレードオフ

コンテナは、仮想マシンより俊敏性が高い反面、ホストマシンの OS カーネルとの依存関係が、他の OS 環境に依存するアプリケーションの使用に制限を生じさせます。仮想マシンはホストマシンに依存していないため、隔離性が高くセキュアです。

コンテナの使用が推奨される例:

  • 単一の OS カーネルで実行中のアプリケーション数を最大化したいとき
  • 単一のアプリケーションを複数のインスタンスで展開したいとき
  • コンピューティング・リソースとストレージ・リソースに優先順位をつけたいとき

仮想マシンの使用が推奨される例:

  • 単一サーバーで異なるオペレーティング・システムに依存する複数のアプリケーションを実行したいとき
  • オペレーティング・システムのリソースと機能の全てを必要とするアプリケーションを実行したいとき
  • 隔離とセキュリティに優先順位をつけたいとき

Pure Service Orchestrator によるコンテナ・オーケストレーションのメリット

ソフトウェア開発の観点からは、コンテナでは、基盤となる各ハードウェアの細かい差異を不問になる一方で、従来型の IT インフラの非効率性が全般的な性能が阻害されるリスクがあります。

Pure Service Orchestrator™ は、コンテナ化されたアプリケーションに対して永続的なストレージ・リソースを効率的に提供するコンテナ・オーケストレーション・ツールです。Kubernetes をはじめとするコンテナ・オーケストレーション・ツールとシームレスに統合し、次のようなケイパビリティを提供します。

  • ストレージのオンデマンド自動供給
  • ポリシーベースのプロビジョニング
  • ハイブリッド・クラウドをはじめとするあらゆるアレイの弾力的なスケーリング
  • ファイル/ブロックのアレイにおけるインテリジェントなコンテナ展開
  • 自動フェイルオーバーと自己修復機能によるデータの完全性確保によるエンタープライズ・グレードの耐障害性

Pure Service Orchestrator は、弾力的なスケーリング、スマートなプロビジョニング、透過性のあるリカバリ機能を提供し、サービスとしてのコンテナ(Containers as-a-service)を可能にします。

ご相談・お問い合わせ
ご質問・ご相談

ピュア・ストレージ製品および認定についてのご質問・ご相談を承っております。ご連絡をお待ちしております。

デモのご用命

ライブデモのご用命を承っております。ピュアがいかにしてデータを成果に変えるお手伝いができるかをご説明します。 

ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社

〒100-0014 東京都千代田区永田町 2 丁目 10-3 東急キャピトルタワー 12 階

 

一般: info-japan@purestorage.com

メディア: pr-japan@purestorage.com

03-4563-7443(総合案内)

閉じる
このブラウザは現在サポートされていません。

古いブラウザには、セキュリティ・リスクが存在する場合があります。ピュア・ストレージの Web サイトをより快適にご利用いただけるよう、最新のブラウザにアップデートしてください。