ハイブリッドクラウドのためのコンテナストレージは STaaS で

Pure Service Orchestrator™は、コンテナのためのSTaaS(Storage as a Service)を提供します。アプリケーションがどの環境に置かれているかに関わらず、パブリッククラウドの持つ俊敏性と、オンプレのインフラが持つ信頼性とセキュリティが開発部門を支援します。スケールアウト型マイクロサービスアプリケーションをオンデマンドで構築・展開します。

コンテナを容易にする Pure Service Orchestrator

コンテナのメリットをミッションクリティカルな永続アプリケーションにまで拡張することで、アプリケーション配信までの時間を短縮し、開発者のニーズに応えます。ピュア・ストレージのもつオールフラッシュの高速性、実証された信頼性、リッチデータサービスにより、コンテナにエンタープライズクラスの永続的な STaaS(Storage as a Service)を提供します。


コンテナのための永続ストレージを
容易に、オンデマンドで

コンテナ化されたアプリケーション環境は流動性が高く、急速に拡張します。これに対応するには、ピュア・ストレージの高速で柔軟なストレージソリューション、Pure Service Orchestratorのスマートプロビジョニング、柔軟なスケーリング、透過的なリカバリ機能が必要です。

スマートプロビジョニング

Pure Service Orchestratorは、性能の負荷、アレイの容量と健全性ステータス、ポリシータグなどの複数の要素を評価することによって、各ストレージ要求に対して最適なプロビジョニングの決定をリアルタイムに、自動的に行います。

柔軟なスケーリング

FlashArrayとFlashBlade™を単一の共有インフラストラクチャに統合し、必要に応じてファイルとブロックをサポートします。Pure Service Orchestratorにより、新しいアレイを簡単に追加できるため、ビジネスの成長に合わせた柔軟な拡張が可能になります。

透過的なリカバリ

サービスの堅牢性を維持するために、Pure Service Orchestratorは自己修復機能を備えています。ノードの障害、アレイの性能制限、ディスク容量などの問題によるデータの破壊を防ぎます。

拡大するコンテナの必要性

コンテナは軽量でコンパクト、そして柔軟です。アプリケーションのランタイムをインフラストラクチャから切り離すことは、アプリケーションのモジュール性と拡張性のため、ひいてはクラウドモデルITのために欠かせない要素です。IDC社は、2021年までに、クラウドプラットフォーム上のアプリケーション開発の大部分がマイクロサービスとコンテナを使用すると予測しています。

クラウドモデルのストレージオーケストレーションとプロビジョニングを、オンプレで

Pure Service Orchestratorは、Docker、Kubernetes、Mesosphereなどのコンテナオーケストレーションフレームワークとシームレスに統合され、コンテナ環境におけるコントロールプレーンの仮想化レイヤーとしても機能します。したがって、開発者は、デバイスとしてのストレージから、サービスとしてのストレージ(STaaS)の利用に移行することができます。


主流となる
コンテナストレージ

Pure Service Orchestratorでは、コンテナの永続ストレージの問題を解決し、ストレージの拡張を容易にしました。動画で解説しています。


コンテナだけではありません

ピュア・ストレージの共有型高速ストレージインフラストラクチャは、コンテナ化された永続的アプリケーションとともに、既存のスケールアップおよび仮想化アプリケーションをサポートします。これまでにない高度な統合が可能になります。

スケールアップ、仮想化した既存のアプリケーションをコンテナ化された永続ストレージアプリケーションとと合わせてサポートしましょう。
コンテナストレージのテクノロジー

「Dockerの統合はシームレスなので、私たちの開発部門はコンテナベースの永続アプリケーションを容易に構築し、展開することができます。また、Pure Service Orchestratorは、ポリシーに基づいてステートフルなコンテナをオンデマンドでプロビジョニングします。これにより、開発部門の作業効率がさらにアップします。ピュア・ストレージの共有型高速ストレージは、同社の他の製品と同様にシンプルです。我々のコンテナ環境のスケーリングに欠かせない要素となるでしょう。」

Franklin American Mortgage 社
DevOps リードエンジニア Don Bauer 氏

コンテナを超えて
PaaS へ

開発者の多くは、サービスとしてのコンテナをさらに進化させた、オンプレミスの PaaS を必要としています。ピュア・ストレージは、Red Hat OpenShift のリファレンスアーキテクチャによってこれを実現しました。「サービスとしてのピュア・ストレージ」が、クラウドアーキテクチャだけでなくクラウド消費モデルを備えた本物のクラウドエクスペリエンスを提供します。

コンテナに関する参考資料

Pure Service Orchestrator に関する資料をご紹介します。KubernetesとDockerの導入と運用に関するホワイトペーパーもご用意しました。ご一読ください。

お問い合わせ

ピュア・ストレージがお客様の成功を支えます。

テクニカルサポートへのお問い合わせ
経験豊富なサポートエンジニアが積極的なサポートを提供します。

ピュア・ストレージと繋がりましょう。