Containerizing Key Business Workloads: Evaluating the Approaches to Meet Persistent Storage Demands in Containers

基幹ビジネス・ワークロードのコンテナ化:コンテナでの永続的ストレージを検証する

(17 ページ, 1014 KB)

オンプレミスの耐障害性、セキュリティ、性能に加え、クラウドライクな柔軟性と拡張性、さらにコンテナの基準や主流のインフラストラクチャとの緊密な統合を組み合わせたコンテナ・ストレージ・サービス。

コンテナ技術は、ここ数年で最も注目を集めているトピックの1つです。Docker、Kubernetes、ハイパースケーラのコンテナ・サービスは、クラウド・ネイティブ・アプリケーションの設計・開発を通じてデジタル変革を支援する開発者の間でよく使用されています。最近では、コンテナの採用がステートレス・アプリケーションからステートフル・アプリケーションにまで拡大され、永続的なストレージ・サービスの必要性が高まっています。これは、コンテナ化されたアプリケーションのために、クラウドのような拡張性とオンプレミスのストレージの耐障害性を最大限活用し、コンテナの採用をよりスムーズかつ迅速に行うものです。

ホワイト・ペーパーの内容:

  • クラウド・アーキテクトとITの意思決定者がステートフル・アプリケーションのコンテナ化を望む理由
  • コンテナのための永続ストレージにおける様々なアプローチ、それぞれの長所と短所
  • 近代的なアプリケーションをサポートするための主要なインフラストラクチャ、管理方法、自動化についての課題
  • Pure Service Orchestrator が、コンテナ化されたアプリケーションのためにシームレスなストレージ・サービスを提供する方法

 

800-379-7873 +44 20 3870 2633 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 9 75 18 86 78 +49 89 12089 253 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 (0) 20 201 49 65 +46-101 38 93 22 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 31 52 80 624 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387