データ・センターには事業継続計画が必要です

データ・センターには事業継続計画が必要です

事業継続性とは

今日のビジネスでは、製品やサービスが「常にオン」の可用性と、オンデマンドの利便性を提供することが求められています。事業継続性とは、自然災害や人災に直面した場合でも、組織が 24 時間 365 日の可用性を維持する能力を指します。

停電や洪水からランサムウェア攻撃まで、最悪の事態に備えて事業継続計画を策定することで、予期せぬ事象が発生した場合でも、事業を継続して最適なパフォーマンスを発揮するために役立てることができます。 

通常、事業継続計画には以下のものが含まれます。

  • ディザスタ・リカバリのソリューションとテクノロジー
  • 顧客やステークホルダーに問題や状況を伝えるための手順
  • 様々な災害に対応した行動計画
  • 特定の資産やテクノロジーが利用できない場合に備えた事業継続のための代替策
  • 緊急時における従業員の支援策

事業継続性は急速に複雑になる可能性があるため、多くの組織が包括的な事業継続管理(BCM)プログラムを開発しています。

FlashBlade のテスト・ドライブ

Pure1® のセルフサービス・インスタンスによる FlashBlade™ の管理を通じて、ネイティブなスケールアウトが可能なファイル/オブジェクト・ストレージの先進的機能をお試しいただけます。

事業継続管理(BCM)のメリットとは

BCM がもたらすメリットには以下のものがあります。

  • プログラム管理の合理化
  • 組織の俊敏性を高め、危機に対して迅速に対応・管理可能
  • インシデントから立ち直るために明確に定義された IT ディザスタ・リカバリ戦略
  • 災害時の事業継続を可能にするテクノロジーへの投資計画

事業継続を可能にするには

迅速な対応を計画すること自体は可能ですが、実際に災害時に事業を継続できるかどうかは、IT インフラストラクチャ内のテクノロジーが密接に関与します。事業継続戦略に組み込むことを検討する必要があるテクノロジーには、以下のものがあります。 

  • データを保護するためのバックアップとスナップショット
  • 災害時の稼働を可能にする高可用性クラスタリング
  • リモート・ワークへのシフトをサポートする仮想デスクトップ・インフラストラクチャ(VDI)
  • ダウンタイムや移行なしでシステムを更新できる無停止アップグレード

ピュア・ストレージが事業継続性戦略に果たす役割

BCM では、IT ディザスタ・リカバリのテクノロジーが大きな役割を果たします。オールフラッシュ・ストレージ・アレイのパイオニアであるピュア・ストレージは、俊敏で災害に強いデータ・ストレージ・インフラストラクチャ・ソリューションを提供する独自の立場を築いており、お客様の事業継続性の確保を支援します。ピュア・ストレージは、事業継続を可能にする以下のようなソリューションを提供しています。

800-379-7873 +44 20 3870 2633 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 9 75 18 86 78 +49 89 12089 253 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 (0) 20 201 49 65 +46-101 38 93 22 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 31 52 80 624 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387