アクティブ/アクティブ・クラスタリング

本物のアクティブ/アクティブ・メトロ・ストレッチ・クラスタ

Purity ActiveCluster は、Ethernet とファイバーチャネルをサポートするシンプルなアクティブ/アクティブのクラスタにより、事業継続性の確保とディザスタ・リカバリの実現におけるコストと複雑さを排除します。

完全同期のアクティブ/アクティブ双方向レプリケーション

Purity ActiveCluster は、ゼロ RPO の同期レプリケーションと透過性のあるフェイルオーバーを提供します。クラスタ化されたアレイと複数サイトのホストを柔軟なアクティブ/アクティブの構成で使用可能にします。遠距離のディザスタ・リカバリのためのインテリジェントな非同期レプリケーションを提供します。

アクティブ/アクティブが鍵

アクティブ/パッシブの実装とは異なり、Purity ActiveCluster のアクティブ/アクティブ設計は、2 つのサイトからの同一のボリュームに対する I/O を同時に処理します。サイトでの仮想マシンやデータベース・インスタンスのアフィニティ管理の複雑さの懸念はありません。アプリケーションの遅延は最適化されています。

エリア外保護機能をビルトイン

アクティブ/アクティブ非同期レプリケーションは、インテリジェントなレプリケーションにより、エリア外のディザスタ・リカバリにおいて堅牢な保護機能を提供します。ActiveCluster アレイのいずれかがオフラインになった場合でも、ディザスタ・リカバリの RPO を維持します。

最適化された性能と高可用性

ActiveCluster では、アレイの優先度設定により、ホストが最大限の性能を発揮できる仕組みになっています。ホストからの書き込みはアレイ間での同期レプリケートに1回の往復のみを使用し、読み取りは常にローカルパスによって処理されます。

運用管理の容易さと自動化

ActiveCluster ストレッチ・クラスタの管理は、単一アレイの場合と同じくらい簡単です。どちらのアレイからでもスナップショットとクローンの実行が可能で、ボリュームとスナップショットは、両方のアレイで同期します。フェイルオーバーは透過的で、アレイは自動的に再同期します。

アクティブ/アクティブ・クラスタリングとは

アクティブ/アクティブ・クラスタリングとは、クライアントのワークロードをクラスタ内の複数のノードに分散させ、コンポーネントの障害時にもデータを安全かつ利用可能な状態に保つ、データの耐障害性のためのアーキテクチャを意味します。

よくある質問:

1. アクティブ/アクティブ・クラスタのメリット

アクティブ/アクティブ・クラスタの一般的なメリットには、次のようなものがあります。

  • 複数のデータ・センター、キャンパス、メトロにまたがるミッション・クリティカルなアプリケーションにおける高可用性
  • サーバー・クラスタ内での負荷分散
  • データの冗長性と耐障害性(1 つのサイトに障害が発生した場合にも継続稼働)

2. 高可用性クラスタとは

フェイルオーバークラスタとしても利用される高可用性クラスタは、2 台以上のマシンまたはノードで構成されたコンピュータシステムで、ハードウェア障害、災害、その他ダウンタイムを伴うイベントに備えてサービスの可用性を維持するために使用されます。

3. アクティブ/アクティブとアクティブ/パッシブの違い

この 2 つのアーキテクチャの主な違いは性能です。高可用性(HA)クラスタは、主に次の 2 種類に分類されます。

  • アクティブ/アクティブ・クラスタ:クライアント・マシンはロード・バランサーに接続し、複数のアクティブ・サーバーにワークロードを分散させます。

  • アクティブ/パッシブ・クラスタ:クライアント・マシンはメイン・サーバーに接続してフル・ワークロードを処理し、バックアップ・サーバーはスタンバイ状態を維持して障害発生時にのみ稼働します。

アクティブ/アクティブ・クラスタでは、通常運用中は全てのサーバーのリソースへのアクセスが可能です。アクティブ/パッシブ・クラスタでは、バックアップ・サーバはフェイルオーバー時にのみ動作します。

多くの称賛をいただいています

ピュア・ストレージは、あらゆる業界の先進的なお客様に選ばれています。

「ピュア・ストレージを導入したことで、医療スタッフとサポート部門の時間の節約が可能になり、患者ケアの改善に集中できるようになりました。」

St. Joseph's Health 技術・情報セキュリティ部門ディレクター
Jesse Fasolo 氏
800-379-7873 +44 20 3870 2633 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 9 75 18 86 78 +49 89 12089 253 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 (0) 20 201 49 65 +46-101 38 93 22 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 31 52 80 624 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387
Your Browser Is No Longer Supported!

Older browsers often represent security risks. In order to deliver the best possible experience when using our site, please update to any of these latest browsers.