オールフラッシュ・ストレージでNVMeのメリットを引き出すには

NVM Expressとは?

NVM Express(NVMe)ストレージとは?

NVMe(不揮発性メモリ・エクスプレス)は、コンピュータの高速PCle(Peripheral Component Interconnect Express)バスを介して、ソリッド・ステート・ドライブ(SSD)などのフラッシュ・メモリ・ストレージ・デバイスからデータに素早くアクセスするための転送プロトコルです。ピュア・ストレージのFlashArray//Xは、PCIeを介したNVMeの高速転送を活用して、性能の高いオールフラッシュ・ストレージ・アレイを提供します。

NVMeがモダン・データ・エクスペリエンスに不可欠な理由とは?

ますます困難を極める市場において、ビッグデータはもはや競争力を維持するだけでは十分ではなく、高速でなければなりません。ビッグデータを高速化するには? サーバールームからスタートします。

ハードディスク・ドライブ (HDD) から SSD への移行は、ストレージ・エリア・ネットワーク (SAN) のほんの一部に過ぎません。転送プロトコル、相互接続、およびネットワーク・アーキテクチャは、ストレージ・システムの全体的な速度においても重要な役割を果たします。

これは、シリアル・アタッチドSCSI(SAS)などの従来の技術をNVMe/PCIeやNVMe over fabrics(NVMe-oF)に置き換えることを意味します。SSDをPCIeバスに接続するために特別設計された転送プロトコルを使用することには、固有のメリットがあります。

従来のストレージ・システムでは、コントローラプロセッサからSSDへSASリンクを使用します。SCSIはディスク用に設計された従来型プロトコルであるため、CPUコアからSSDへの各接続は、SASホスト・バス・アダプタ(HBA)と同期ロックによって制限されています。このシリアルボトルネックは、NVMeのような新しいプロトコルを利用しないフラッシュ・アレイを阻止します。

ピュア・ストレージのFlashArray//Xは、このSASのボトルネックを解決するために特別に設計されました。NVMeは、各CPUコアに各SSDへの専用キューアクセスを提供できる最大64Kのキューとロックレス接続で大規模な並列処理を実現します。

FlashArray//X のテストドライブ

セルフサービス環境でピュア・ストレージ FlashArray™ //Xの管理を体験してください。スナップショット、レプリケーション、ActiveCluster、VMware統合などの高度な機能をお試しいただけます。

NVMeストレージとSATA SSDの違いとは

NVMeのSSDは、最初にHDD用に導入されたコンピュータ・バス・インターフェースであるSerial ATA(SATA)を介してコントローラのCPUに接続します。初期のSSDは、単にテクノロジーの偏在性を利用するためにSATAで動作するように設計されていました。今日、SSDの物理インターフェースに適しているのはPCIeはです。NVMe転送プロトコルにより、メーカーはPCIeを介してインターフェイスする際にSSD技術を活用することができます。ピュア・ストレージのソリューションはすべて、NVMeストレージを活用してフラッシュ・メモリの可能性を最大限に引き出します。

NVMe ストレージのメリット

NVMeストレージの主なメリットには、次のようなものがあります。

  • さらに高速化した転送速度(HDDでは55~180 IOPS、SSDでは3K~40K IOPS)。
  • より高いデータスループット。
  • 各CPUコアに各SSDへの専用キューアクセスを提供できるロックレス接続
  • I/O操作のための64K以上のキューを持つ大規模な並列処理。

ピュア・ストレージは、 PCIeを介したNVMeの高速転送を活用して、モダン・データ・エクスペリエンス(Modern Data Experience™)を提供するオールフラッシュ・ストレージ・ソリューションを提供します。

ピュア・ストレージのNVMeストレージが選ばれる理由とは?

NVMeストレージの可能性をボトムアップ方式で最大限に引き出す設計のピュア・ストレージのソリューションには、次のようなものがあります。

  • SSD用に設計されたSANの性能メリット
  • ハードウェアを無停止でアップグレードし、ダウンタイム、移行、および性能の低下はありません。
  • 予測型分析は、バグを事前に発見し、発生前にボトルネックに対処するのに役立ちます。
  • PurityのAIは、データセンター管理の複雑さを取り除き、データを完全に制御するためのシンプルなダッシュボードを提供します。
800-379-7873 +44 20 3870 2633 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 9 75 18 86 78 +49 89 12089 253 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 (0) 20 201 49 65 +46-101 38 93 22 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 31 52 80 624 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387