オブジェクト・ストレージとは

オブジェクト・ストレージとは

オブジェクト・ストレージとは

オブジェクト・ストレージとは、データをオブジェクトと呼ばれる自己完結型の単位として保存・管理するデータ・ストレージ・アーキテクチャのことです。各オブジェクトには、キー、データ、オプションのメタデータが含まれています。フラットで API フレンドリー、拡張性に優れたオブジェクト・ストレージは、Amazon S3 などのパブリック・クラウド・ストレージ・サービスやピュア・ストレージの FlashBlade® などのオンプレミス・ソリューションに最適なストレージ形式です。

各ストレージの違い

データ・ストレージの世界では、ファイル、ブロック、オブジェクトの3つの主要なアプローチがあります。主な違いには次のようなものがあります。

オブジェクト・ストレージとは、データをオブジェクトと呼ばれる自己完結型の単位として保存・管理するデータ・ストレージ・アーキテクチャのことです。各ユニットには固有 ID またはキーがあり、分散システムのどこに保存されていても見つけることができます。

オブジェクトはモジュール単位で機能し、それぞれがパーミッション、プライバシー、セキュリティ、コンティンジェンシーやその他の情報詳細を記述したメタデータを備えた自己完結型のリポジトリとして機能します。例えば写真に似ており、撮影に使用したカメラの設定および撮影時間・場所を記述したメタデータが含まれているようなものです。

オブジェクト・ストレージは、ほとんどのウェブサイトや SaaS(Software-as-a-Service)アプリで使用されているアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)アーキテクチャである HTTP と REST をサポートしています。

ブロック・ストレージは、データを個別の固定サイズのデータ・ブロックに分割し、それぞれが固有 ID を取得します。ブロック・ストレージを使用することで、基礎となるストレージ・システムは、データがどこに格納されていてもそれを取得することができます。ブロック・ストレージは、データをストレージ環境から切り離し、ストレージ・エリア・ネットワークが、基盤となるオペレーティングシステムに関係なく、最も利便性の高い場所にデータを保存できるようにします。すなわち、ストレージ・システムが、クラウド・サービス・プロバイダ、Linux サーバー、Windows サーバーのハイブリッドであっても、SAN は必要なときに素早くデータを再構築して取り出すことができます。

ファイル・ストレージは、最も一般的なストレージ形式です。データは、断層化されたファイル・ディレクトリ内のフォルダの対話可能なファイルに保存されます。これは、直接接続型ストレージ(DAS)およびネットワーク接続型ストレージ(NAS)システムで使用されるストレージ形式です。ハードドライブ、ローカルコンピュータ、または会社のサーバーでホストされている共有ドライブ上のファイルにアクセスするたびに、ファイル・ストレージを処理していることになります。特定のデータへのファイルパスは長くて非効率的ですが、その代償としてユーザーの利便性が向上します。

FlashBlade のテストドライブ

Pure1® のセルフサービス・インスタンスによる FlashBlade™ の管理を通じて、ネイティブなスケールアウトが可能なファイル/オブジェクト・ストレージの先進的機能をお試しいただけます。

GigaOm Radar レポート ― 高性能オブジェクト・ストレージ

ピュア・ストレージは、GigaOm Radar レポート「高性能オブジェクト・ストレージ」のリーダーに位置づけられました。

オブジェクト・ストレージのメリット

オブジェクトベースのストレージの主なメリットには、次のようなものがあります。

  • スケーラビリティ: フォルダ階層やブロック・テーブルにとらわれないフラットなアーキテクチャにより、ほぼ無限の
  • オンデマンド・データ: オブジェクト・ストレージを利用することで、使用したストレージの容量分だけの支払いを簡単にできます。無限のスケーラビリティを備えたデータ・ストレージは、組織の成長に合わせて拡張できます。
  • メタデータを活用したデータ分析: メタデータは、システム内のデータをかつてないレベルで制御できます。
  • API サポート: オブジェクト・ストレージ・システムのデータにRESTコマンドでアクセスして管理できます。
  • データの整合性向上: オブジェクト・ストレージ・システムでは、消去コーディングを活用して、データのチャンクを再構築し、データの破損を防ぐために整合性チェックを実行することで、データの整合性を保護できます。

オブジェクト・ストレージの利用例

オブジェクト・ストレージの効果的な利用例としては次のようなものがあります。

  • SaaS アプリや Web サイトの開発: RESTful API とデータ・オブジェクトは、SaaS アプリや Web サイトを構築する開発者の負担を軽減します。
  • 非構造化データの管理: フラットで階層のないデータ構造は、非構造化データ(画像、オーディオ、動画など)を無限のスケールで格納するのに最適です。
  • モノのインターネット(IoT)への対応: メタデータは、IoTデバイス全体のデータ管理に特に役立ちます。

オブジェクト・ストレージに FlashBlade が選ばれる理由

ピュア・ストレージは、ネイティブ性能を備えたエンタープライズグレードのオールフラッシュ・ストレージ・システムの開発にAおけるパイオニアです。FlashBlade® は、ネイティブにスケール・アウトが可能なファイル/オブジェクト・ストレージを提供する、業界で最も先進的なソリューションです。オブジェクト・ストレージの無限のスケーラビリティと NVMe ストレージの大規模なスループットと並列性を組み合わせることで、FlashBlade はビジネスニーズに合わせて拡張できるモダン・データ・エクスペリエンス(Modern Data Experience™)を提供します。

FlashBlade のテストドライブ

Pure1® のセルフサービス・インスタンスによる FlashBlade™ の管理を通じて、ネイティブなスケールアウトが可能なファイル/オブジェクト・ストレージの先進的機能をお試しいただけます。

800-379-7873 +44 2039741869 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 1 83 76 42 54 +498962824144 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 202457440 +46850541356 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 43 505 28 17 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387 +48 22 343 36 49
このブラウザは現在サポートされていません。

古いブラウザには、セキュリティ・リスクが存在する場合があります。ピュア・ストレージの Web サイトをより快適にご利用いただけるよう、最新のブラウザにアップデートしてください。