Improved Ransomware Data Recovery

ランサムウェア攻撃後のデータ・リカバリの改善

ランサムウェア攻撃からのデータ・リカバリを向上

アナリスト・レポート

(8 ページ, 1 MB)

データ保護は常に重要な課題です。ランサムウェア攻撃からのリカバリには、被害を防ぐための統合的で柔軟な対応が求められます。このESGテクニカル・レビューでは、高速ファイル/オブジェクト・ストレージを統合するピュア・ストレージのオールフラッシュ・ソリューションFlashBladeのSafeModeの実践的な分析と監査について説明しています。また、SafeModeがランサムウェア攻撃や誤操作によるデータ削除からデータを保護する方法や、Commvault、Veeam、Veritasといったデータ保護ソリューションと統合する方法について、Enterprise Strategy Group(ESG)のアナリストが検証しています。

「ESG Technical Review: Improved Ransomware Recoverability with SafeMode on FlashBlade」は、シニア検証アナリストの Vinny Choinski氏と検証アナリストのAlex Arcilla氏の共著です。

このレポートでは、以下について述べられています。

  • FlashBladeのSafeModeは、ランサムウェア攻撃からデータのバックアップを保護でき、また、誤操作によるデータ削除や、ストレージ管理者の不正な行動を抑止できる。
  • FlashBladeのSafeModeは、Veeam、Commvault、Veritasといった様々なデータ保護ソリューションと統合できる。
  • FlashBladeは、柔軟なパフォーマンスを発揮する並列アーキテクチャの活用を可能とし、 データに合わせて拡張できるため、バックアップやリカバリを高速化できる。

「ランサムウェア攻撃、人的ミス、管理者の不正な行動などによってデータのバックアップが危険にさらされることは、組織の時間、収益、生産性の損失につながります。信頼できるクリーンなバックアップを保持すること、それを実際に使って復旧し、通常業務を再開できることが、セキュリティおよびデータ・リカバリ戦略では極めて重要です。」
– Enterprise Stategy Group (ESG)

ESG レポートを読む