Go Do Good —
行動で社会に貢献する

"Go Do Good"(行動で社会に貢献する)を信条とする Pure Good Foundation では、より良い世界を築くために、各地域やグローバルなプロジェクトを通じて、社員および、パートナーである非営利団体を支援しています。

沿革

Pure Good Foundationは、少人数の社員の活動から始まりました。彼らは、コミュニティのニーズを正しく認識し、自らの活動によって変化をもたらすという強い信念を持っていました。株式公開の数か月前に設立が承認され、社員による株式の寄付によって活動資金が提供されました。私たちは、ピュア・ストレージの社員によって育まれたこの組織を誇りに思い、彼らの寛大さを称え日々仕事に従事しています。

現在、Pure Good Foundationの取り組みは、3つの分野に分かれています。

社員による慈善活動 — チームワークを大切にするというコア・バリューと、良いこと・役に立つことをするという企業文化に焦点を当て、社員がコミュニティとの関わりを深めるための3つのプログラムを提供しています。それらは、慈善活動を通じてチーム・ビルディングを促進するGlobal Interest Grantsを含む社員ボランティア・プログラム、個々の慈善活動を寄付によって支援するコミュニティ・ボランティア・プログラム、そして、社員が最も時間を費やしている非営利団体をサポートする取締役プログラムです。

環境 — ピュア・ストレージは、製品やサービス、活動を通じて、お客様と地球環境にプラスの影響を及ぼすよう努めています。Evergreenプログラムから自社オフィスでのプラスチック製品の排除に至るまで、私たちは、環境へのフットプリントをいかに削減するかを常に模索しています。また、環境問題に取り組む非営利団体への支援を通じて、環境保全に貢献しています。

人材開発 — 世界規模で技術革新が進む昨今では、仕事を求める人の多くが、労働市場において競争力を得るためには、トレーニングが必要だと感じています。Pure Good Foundationは、人材開発部門と協力し、歴史的に不利な立場に置かれている人々を支援するために、継続的な教育、専門的な能力開発、エントリーレベルの業務などを提供する取り組みを行っています。

ボランティア活動を推進

Pure Good は、ピュア・ストレージの社員と、各地域あるいはグローバルに活動する環境・労働力開発プロジェクトをつなぎ、プロジェクトに関わる非営利組織を支援しています。非営利団体のニーズと社員のスキルのマッチングや、オフィス内およびリモートでのイベント開催といった形で取り組んでおり、支援の一環として、植樹活動や1対1のメンターシップなどの活動を行っています。Pure Good Foundationは、世界中の社員の活動を促進し、毎年何千人もの人々の生活に大きな影響を与えています。

Pure Good Foundation の支援を希望される方へ

所属する組織が人材開発や環境保護、サステナビリティなどに取り組んでいる方、ピュア・ストレージのボランティア活動に興味をお持ちの方は、ピュア・ストレージのニコル・ジョンソン(Nicole Johnson)までご連絡ください。また、実現のための支援が必要とされる革新的なプロジェクトがありましたら、お話をお聞かせください。Pure Good Foundationのガイドラインに沿った取り組みには、正式な申請手続きをご案内いたします。

グローバルな取り組み

PureService4Goodサービスは、ピュア・ストレージの社員のためのユニークなリーダーシップ開発と、国際的なサービス・プロジェクトを組み合わせたものです。Pure Good FoundationとTeam4Techとの提携により、グローバルな支援活動の現場で、革新的で直接的な体験を、全ての参加者に提供します。

南アフリカのケープ・タウンでは、LEAP Science and Maths Schoolと協力して支援活動を行ってします。私たちから教育者向けのリソースを提供することで、生徒への関心を高めることが可能になりました。現在も南アフリカ全土でLEAPとの活動を続けており、6つある学校のうち4校でボランティア活動を行っています。

アラスカでは、都市部から離れた地域において、地元のコミュニティや学区と協力し、教育者と生徒に提供するテクノロジーを刷新しました。私たちは、全ての生徒が都市部の学区の生徒と同等の成長機会を得られるように、米国全土の同様の学区と協力して活動を続けていきたいと考えています。

ベトナムの孤児院に住むK-12の学生のための放課後のSTEMプログラムに、新しい教室運営の技術を導入したことに加え、イノベーション・ハブの設立を支援しました。これは、孤児院を卒業した学生の継続的なスキル向上を支援し、キャリア成長の機会を提供するものです。

取締役

ジョン・ヘイズ
(John Hayes)

ピュア・ストレージ
創設者兼チーフ・アーキテクト

創設者兼チーフ・アーキテクト

ヘイズは、Yahoo!社、Bix.com社、Forterra社でコンピュータ・エンジニアリングに長年従事した後、2009年にピュア・ストレージを共同で設立しました。Pure Good Foundation理事会の会長も務めています。

ジョー・フィッツジェラルド
(Joe FitzGerald)

ピュア・ストレージ
最高法務責任者兼コーポレート・セクレタリ

最高法務責任者兼コーポレート・セクレタリ

シリコン・バレーのベテランであるフィッツジェラルドは、2013年にピュア・ストレージに入社する前は、Symantec社に12年間在籍し、法務部門と広報部門の上級副社長、Symantec Foundationの監督を務めました。 Pure Good Foundationの理事を務めるほか、LOT Networkの理事会のメンバーとしても活躍しています。

デビッド・ハットフィールド
(David Hatfield)

ピュア・ストレージ
副会長兼名誉会長

 

名誉副会長兼社長

ハットフィールドは、ピュア・ストレージの社長を7年間務めた後、名誉副会長に就任しました。ビジネスの専門知識を活かし、数々の次世代テクノロジー企業に対して投資家として関与しており、現在、ベイエリアの多くの慈善団体の理事会のメンバーとしても活躍しています。

ケリー・エスレイ・ハウエル
(Kelly Esrey Howell)

ピュア・ストレージ
セールス・トレーニング・イネーブルメント担当シニア・マネージャー

セールス・トレーニング・イネーブルメント担当シニア・マネージャー

ハウエルは、NHLサンノゼ・シャークスの公式慈善団体であるSharks Foundationに5年間勤務した後、2013年にピュア・ストレージに入社し、後にPure Good Foundationの設立に貢献しました。2013年からは、シリコン・バレーのボランティア団体であるMake-A-Wish Greater Bay Areaで専門家諮問機関の議長を務めています。

コリン・ミード
(Colin Mead)

ピュア・ストレージ
グローバル・テクニカル・サービス副社長

グローバル・テクニカル・サービス副社長、ピュア・ストレージ

2015年にピュア・ストレージに入社したミードは、ハイテク業界における国際的なサポートとサービスの責任者としての20年以上の豊富な経験を当社にもたらしました。PureService4Goodチームの一員としてベトナムでボランティア活動を行った後、理事会に加わりました。

+