横浜銀行:データベースの高速化と安定稼働にピュア・ストレージが大きく貢献

日本有数の地方銀行におけるオムニチャネルシステムの高度化とお客様手続きの電子化を支えるデータベース ― フラッシュアレイの導入により高速性と安定性が向上、夜間バッチ処理およびバックアップの時間も大幅短縮

概要

日本最大規模の地方銀行である横浜銀行は、地域・お客様本位の姿勢を守りつつ、スピード感を持って新しい課題に取り組んでいます。その一環として、オムニチャネルシステムの高度化とお客様手続きの電子化推進を目指して検討を重ねたところ、データベースのストレージの性能や耐障害性に課題があること、その課題を解決できるのはピュア・ストレージであるという結論に至りました。ピュア・ストレージの導入により、データベースの性能向上はもとより、夜間のバッチ処理によるデータ更新およびバックアップ時間の大幅な短縮が可能となりました。

業種

金融

採用地域

  • 日本

用途

  • データベース

Webサイト

課題

ソリューションと効果

ビジネスの変革

オールフラッシュストレージの採用による性能向上、容量効率向上、省スペース、省電力

ITの変革

  • データベースの高速化と耐障害性の向上、データのスリム化
  • 夜間バッチ処理およびバックアップ時間の大幅な短縮
  • 業務を止めない安定稼働の継続
  • データセンター内占有スペースの低減
800-379-7873 +44 20 3870 2633 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 9 75 18 86 78 +49 89 12089 253 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 (0) 20 201 49 65 +46-101 38 93 22 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 31 52 80 624 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387

ピュア・ストレージ導入
簡単 3 ステップ

1. ニーズご相談

データ・ストレージのニーズについて個別にご相談をお受けしております。

2. PoC 実施

お客様にご協力いただき、専門チームが PoC(概念検証)を実施します。

3. ピュアへ移行・ピュアを導入

総所有コスト(TCO)削減効果を実証し、移行・導入のお手伝いをいたします。