データハブの統合によるストレージの簡素化

データハブとは?

データハブとは?

データハブは、近代的なデータセントリック・ストレージアーキテクチャです。データの活用が極めて重要な意味をもつ今日、データハブは分離されたデータの統合と共有を可能とし、分析やAIの強化に最適なソリューションとなります。独立したサイロへのポイント・ツー・ポイント接続を使用してデータにアクセスする場合、インフラストラクチャをデータハブに変換することで、組織全体のデータフローが大幅に効率化されます。

データハブによるデータサイロの統合

今日の企業にとって、データとは、洞察と革新を促進する燃料です。しかし、ほとんどのデータはサイロに格納されて断片化されており、分析やAIアプリケーションの利用には適していません。非構造化データの中には、データ・ウェアハウスに格納されたものもあれば、データレイクの中で失われたデータもあります。データは統合されず、データの速度は遅いままでした。単一のプラットフォーム上にデータを統合するストレージ・システムの実現は難しいことでしょうか。問題は、各アプリケーションのデータ要件が異なり、データのサイロが拡散してしまうことです。

データハブは、データを格納するだけでなく、データの統合と提供を行うことを念頭に設計されています。データを統合するということは、データの完全性を確実に保ちながら複数のアプリケーションが同時に同じデータにアクセスできることを意味します。データを提供するということは、今日のビジネスに必要なスピードを備え、各アプリケーションが必要とする性能でデータアクセスを可能にすることを意味します。データハブは、独自のサイロと複製データセットがアプリケーションに与えられている従来のインフラストラクチャの考えを刷新するものです。

データハブのメリット

データハブの一般的なメリット:

  • サイロを単一の統合インターフェイスに統合し、すべてのデータに対応
  • 高速、高スループット、高性能のデータ・パイプライン
  • 全てのデータの可視性とアクセス性
  • 統合されたデータ・ストレージ管理インタフェース

FlashBlade のテスト・ドライブ

Pure1®のセルフサービス・インスタンスによるFlashBlade™の管理を通じて、ネイティブなスケールアウトが可能なファイル/オブジェクト・ストレージの先進的機能をお試しいただけます。

ピュア・ストレージがデータハブを強力にする理由。

データハブは、各サイロの強みを引き出し、単一の統合プラットフォームに統合します。これには、ファイル/オブジェクトの優れたスループット、ネイティブ・スケールアウト、多次元パフォーマンス、超並列アーキテクチャの4つの必須機能を含みます。

Pure Storage® のFlashBlade®は業界初のデータハブです。ソフトウェアからハードウェアまで、データハブの4つの必須機能を実現するために全て調整されています。

FlashBladeの特徴:

  • ファイルとオブジェクトの統合を念頭に構築
  • ネイティブ・スケールアウトを可能にするアーキテクチャ
  • あらゆるデータに多次元的な性能を提供する設計
  • ソフトウェアからハードウェアに至るまで大規模並列
800-379-7873 +44 20 3870 2633 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 9 75 18 86 78 +49 89 12089 253 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 (0) 20 201 49 65 +46-101 38 93 22 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 31 52 80 624 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387