データの移行とは

データの移行とは

世界規模でデジタル化が進むなか、データは企業の最も貴重な資産となっています。顧客取引の処理、ビジネス・インテリジェンスの収集、現代人の生活を便利にするアプリケーションの改良など、さまざまな場面でデータが必要とされています。

しかし、データは変化するものです。組織とともに成長し、顧客のニーズに応じて進化します。顧客の数が増えるほど、処理すべき取引が増え、管理を要する顧客の記録も増えます。

IT インフラのアップグレード、クラウドベースのストレージへのデータの転送、新しいソフトウェア機能のデプロイメントなど、さまざまな目的に対応するためのデータの移行は、現代のビジネス運営に欠かせない要素です。

データの移行とは

データの移行とは、データをある格納場所から別の格納場所に移動させるプロセスです。このプロセスには、新しい格納環境でデータにアクセスするために必要なプランニング、マッピング、抽出、フォーマット処理などが含まれます。

データの移行が行われるのは、通常では、IT インフラをアップグレードして新しいストレージ容量、アプリケーション・ワークロード、セキュリティ規制などに対応する場合です。フォルダ間やディスク間でファイルを手動で移動するだけというシンプルなケースもあれば、データセンター内での新しいサーバー・ハードウェアへの大規模なフォークリフト・アップグレード(老朽化更改)のような複雑なケースもあります。

ビジネスの俊敏性は、データ・モビリティ(データをいかに容易に移動できるか)と緊密に関連しています。従来型のアプリケーションやハードウェアのアップグレード、クラウドへの移行において、データの移行は大きな役割を果たします。

FlashBlade テストドライブ

テストドライブは無料です。お客様による機器の追加やセットアップも必要ありません。Pure1® のセルフサービス・インスタンスによる FlashBlade™ の管理を通じて、ネイティブなスケールアウトが可能なファイル/オブジェクト・ストレージの先進的機能をハンズオンでお試しいただけます。

テストドライブを申し込む

ETL の概要と仕組み

現代企業の IT インフラにおけるデータの移動は、従来型のハードウェアから新しいインフラへの 1 回限りの移動だけではありません。

ETL とは、ビッグデータ分析のプロセスの一部であるデータの抽出(Extract)、変換(Transform)、書き出し/ロード(Load)を表す略語です。ビッグデータの定型的な処理をアプリケーションで実行するために、ETL パイプラインの自動化が行われます。ETL の各ステップの概要は次のとおりです。

  1. 抽出:1 つまたは複数のデータベースで構成されるソースから、データが抽出されます。
  2. 変換:データがコンパイルされ、ターゲット・データベースで読み取りが可能な SQL(構造化照会言語)に変換されます。
  3. 書き出し/ロード:変換後、データは新しいソースにロードされ、ターゲット・システムを置き換えるか、ターゲット・システムに統合されます。

ETL は、大量のデータを迅速に別の場所に移動して日々の運用やアプリケーション・ワークロードをサポートするための手法の 1 つにすぎません。さまざまな環境でシームレスなデータ移動を可能にするオンプレミスあるいはクラウドのソリューションへの投資は、企業が俊敏性を確保し、顧客に高可用性を提供し続けるうえで不可欠です。

データの移行に関してよくある課題

最初の抽出の瞬間からターゲット・ソースへの最終的なデプロイメントまで、データの安全性を常に確保しなければなりません。抽出や転送に不備があると、システムのデータが損なわれるおそれがあります。同様に、IT インフラの不具合や停電、サイバー攻撃といった緊急事態も、データベースにとって脅威となります。データの移行を行う前に、ディザスタ・リカバリ計画を策定しておくことが重要です。

データの移動に際しては、2 つのソース間の互換性という課題も考慮しなければなりません。オリジナル・ソースの SQL がターゲット・ソースと異なる場合があります。これは特に、2 つの異なるシステムで 2 つのアプリケーションを実行している場合のアプリケーションの移行でよくある状況です。このような場合には、移行プロセスを完了する前に、データを互換性のある言語に変換しなければなりません。

データの移行に際しては、移行中に組織の Web サイトがダウンするといったケースも考えられます。ダウンタイムは、データセンターにオンラインでアクセスできない状況を意味します。データの移行プロセスの一環として、新しいデータがターゲット・ソースにアップロードされるとき、アップロードの進行中はシステムへのアクセスが遮断されるかもしれません。また、アクセスを失うことで、顧客やビジネスの喪失というリスクも生じます。

データの移行を失敗させる要因の排除

データの移行を開始する前の準備が重要です。移行を成功させるには、ソース・データベースと移行テクノロジーについて十分に理解しておく必要があります。正しいデータ転送が行われることを予め確認し、古いソースと新しいソースの間でのシームレスなデータ移行を図ります。ダウンタイムが発生するおそれがある場合には、そのことを顧客やビジネス・パートナーに連絡しておくことも重要です。

データの移行中のダウンタイムを回避し、Web サイトを正常に稼働させ続ける方法は複数あります。例えば、ゼロ・ダウンタイムのデプロイメントでは、移行が完了するまでは元のデータベースへのアクセスが保持されます。アップグレードを段階的にアップロードしてダウンタイムを回避する「スキーマ移行」や、2 つの異なるエンティティからのアクセスを許可するクラウド・ストレージ「ハイブリッド・クラウド」などの手法によっても、データ移行中のアクセスを継続できます。

データが転送・デプロイされたら、次に、データの移行が正しく行われたことを検証します。ここでの検証とは、元のソースを変更したり消去したりする前に、移行先のデータベースの正常稼働を確認することを意味します。問題が発生したり、転送中にデータが破損したりした場合は、戻って問題点を修正してから次の段階に進みます。

ピュア・ストレージでデータの移行を容易に

ピュア・ストレージは、最新のコントローラへの無停止アップグレード、外部ホストと内部アレイの接続性、SSD(ソリッド・ステート・ディスク)などのコンポーネントにより、データの移行プロセスをシンプルにします。ピュアは、データの変換と保護を支援してダウンタイムを最小限に抑えるハイブリッド・クラウドを提供します。ピュア・ストレージのソリューションは、データ移行の準備から検証まで、プロセス全体にわたってお客様とデータを支えます。

800-379-7873 +44 2039741869 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 1 83 76 42 54 +49 89 12089253 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 202457440 +46850541356 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 43 505 28 17 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387 +48 22 343 36 49
このブラウザは現在サポートされていません。

古いブラウザには、セキュリティ・リスクが存在する場合があります。ピュア・ストレージの Web サイトをより快適にご利用いただけるよう、最新のブラウザにアップデートしてください。