Storage as-a-Service:運用の俊敏性を実現する運用コスト(OpEx)ストレージ・リソース

サービスとしてのストレージ(Storage as-a-Service)

サービスとしてのストレージ(Storage as-a-Service)

サービスとしてのストレージ(Storage as-a-Service: STaaS)とは、プロバイダがサブスクリプションを通じて顧客にストレージ・リソースを貸し出すデータ・ストレージのビジネス・モデルです。STaaSは、使用量に応じて料金を支払うサービスのため、運用コスト(OpEx)の俊敏性を高め、コストを削減します。

サービスとしてのストレージ(STaaS)を選ぶ理由

ストレージ容量の新規購入は高額な資本支出(CapEx)となります。将来の容量ニーズが予測しにくい場合には、特に注意が必要です。ビジネスの成長を予測し、ストレージ容量を購入することもできますが、将来その資金は他のビジネスで必要になる可能性も考慮すべきです。

大規模なデータ・センターを持つ大手テクノロジー企業は、ストレージの余剰容量の販売に積極的です。これらの企業にとって、ストレージは製品に対する単なるサービスの一貫です。大規模なストレージ・エリア・ネットワーク(SAN)の管理、アップグレード、保守にかかるコストは製品本体で十分に吸収できます。アマゾンウェブサービス(AWS)、Microsoft Azure、Google Cloud、Oracle Cloudなどが、STaaSのサブスクリプション・オプションを備えた主要なクラウド・ストレージ・プロバイダの例です。

STaaSは、ストレージを運用コスト(OpEx)扱いにします。STaaSでは、ユーザーはプロバイダとのサービス・レベル契約(SLA)に署名し、ストレージおよびデータ転送料金(ギガバイトあたりのコストなど)を支払います。最大のメリットは、このプロセス全体が自動化されているため、24時間365日のパフォーマンスと可用性を維持しながら、需要に応じてストレージのニーズを拡大/縮小できることです。

FlashBlade のテスト・ドライブ

Pure1®のセルフサービス・インスタンスによるFlashBlade™の管理を通じて、ネイティブなスケールアウトが可能なファイル/オブジェクト・ストレージの先進的機能をお試しいただけます。

サービスとしてのストレージ(Storage as-a-Service)のメリット

STaaSのメリット:

  • ストレージ・コストを最適化する OpEx サブスクリプション・モデル
  • ビジネスの成長にあわせたストレージ・リソースの迅速なスケーリングおよびプロビジョニングが可能
  • 主要クラウド・サービス・プロバイダの信頼性
  • シンプルなストレージ管理

ピュア・ストレージはオンプレミスでSTaaSを実現

STaaSのメリット:

  • ストレージ・コストを最適化する OpEx サブスクリプション・モデル
  • ビジネスの成長にあわせたストレージ・リソースの迅速なスケーリングおよびプロビジョニングが可能
  • 主要クラウド・サービス・プロバイダの信頼性
  • シンプルなストレージ管理

 Pure as-a-ServiceでオンプレミスにSTaaSを導入することは、スポーツカーをレンタルして走行距離の料金のみを支払うのと、基本的に同じです。

800-379-7873 +44 20 3870 2633 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 9 75 18 86 78 +49 89 12089 253 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 (0) 20 201 49 65 +46-101 38 93 22 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 31 52 80 624 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387