境界のないデータ保護

ObjectEngine™プラットフォームは、近代的なビジネスを確実に保護するためのフラッシュとクラウドをベースに開発された業界初のデータ保護ソリューションです。プライベートクラウドとパブリッククラウドの間でシームレスで迅速なバックアップ、リカバリ、データ再利用を実現できます。

Created with Sketch.

「ピュア・ストレージのソリューションは、同等の機能を提供するのに従来の3分の1のラックスペースですみます。フルラックたった1つ分のObjectEngineソリューションで、2 PBのオブジェクトストレージが利用できるのは驚異的です。」

Moor Insights & Strategy社
シニアアナリスト Steve McDowell氏

バックアップデータを無駄にしません

従来のディスク→ディスク→テープ(D2D2T)の手法では、データのリカバリに数日かかることがあります。フラッシュ→フラッシュ→クラウド(F2F2C)は、データ保護のための近代的なアーキテクチャです。リカバリに要する時間を劇的に短縮します。

ObjectEngine —
データ保護の革新

業界初のF2F2Cソリューション ObjectEngineは、フラッシュとクラウドの利点を活かした前例のないリストア性能をオンプレミスで実現しつつ、99.999999999%の永続性を実現するパブリッククラウドへの拡張と従量課金モデルを提供します。Veritas、Veeam、Commvaultの各ワークフローで利用できます。

F2F2Cを現実のものに

効率的なバックアップと高速リカバリ、さらに、新しいビジネスイニシアチブにデータを再利用できるデータ保護環境を提供します。ワークフローに変更を加えることなく、既存のバックアップアプリケーションの利用を活性化する次世代の環境です。F2F2Cと ObjectEngineがそれを可能にします。

オンデマンドリカバリ

従来のシステムの場合、リストアにはバックアップの約10倍の時間がかかります。ObjectEngineが提供するバックアップとリストアの性能は、拡張するにつれてリニアに向上します。

クラウドによるコスト低減

将来の使用量を見越して容量を余分に購入する必要はありません。ObjectEngineは従量課金制のサービスです。最新のデータをFlashBlade™に保存することで高速リカバリが可能となり、同時に全てのデータをパブリッククラウドに保存することでクラウドの経済性も享受できます。

一歩先を行くデータ保護

ObjectEngineとFlashBladeを使用することで、単一のプラットフォームで幅広いワークロードのために全てのデータを再利用できます。リストアに長時間を要し、データをサイロに閉じ込めるバックアップアプライアンスはもう必要ありません。

ObjectEngine
6つのブレークスルー

ObjectEngineは、低コストを実現しつつ近代的なデータ保護の新たな基準を築きます。

エンタープライズ対応

クラウドで99.999999999%の永続性を実現するデータセキュリティ

単一ネームスペース

高速なローカル性能、グローバルデータ保護、単一のデータハブ

極めつけの高速性

バックアップとリストアはわずか数分で完了

クラウドネイティブ

スケールアウトソフトウェア、オンプレミスからクラウド

スケーラブル

数百ペタバイト規模までリニアにスケール、帯域幅は数十ギガバイト

Efficient - 優れた効率性

インライン重複排除により、クラウドストレージと帯域幅のコストを最大97%削減

ObjectEngineサブスクリプションライセンス

ObjectEngineは、従量課金によってポートフォリオ全体にアクセスできます。バックアップデータにSTaaS(サービスとしてのストレージ)を提供しつつ、データ保護を近代化してバックアップデータの可能性を引き出します。

ObjectEngineサブスクリプション

バックアップワークフローを効率化

既にCommvault、Veeam、Veritasを利用されている場合も問題ありません。ObjectEngineは、これら既存のデータ保護ソリューションとシームレスに連携します。ObjectEngineをこれらのアプリケーションのターゲットにするだけで、バックアップやリカバリにかかる時間が大幅に短縮できます。

データ保護をより堅固なものに

世界的企業が、バックアップとリカバリのSLA(サービスレベル契約)を達成するためにFlashBladeを活用しています。Enterprise Strategy Group(ESG)の調査では、ObjectEngineとFlashBladeを組み合わせることで得られるバックアップおよびリカバリの性能は、Veritas NetBackupなどの既存のデータ保護ソリューションを補完し、今日の最も厳格なSLA、目標復旧時点(RPO)と目標復旧時間(RTO)を達成可能であると報告しています。

データの統合、有効活用

バックアップ専用のアプライアンスに別れを告げ、データサイロの複雑さを解消しましょう。ObjectEngineでFlashBladeデータハブに全てのデータを統合することで、データを知識と利益に変える準備が整います。オールフラッシュの優れた性能が、次世代の分析アプリケーションに容易にデータを利用することを可能にし、洞察の抽出を加速します。

お問い合わせ

ピュア・ストレージがお客様の成功を支えます。

テクニカルサポートへのお問い合わせ
経験豊富なサポートエンジニアが積極的なサポートを提供します。

ピュア・ストレージと繋がりましょう。