ピュア・ストレージ
アナリスト・レポート

IDCのロゴ

Pure Unified Fast File and Object Storage

ESGによる本レポートでは、ピュア・ストレージの統合型高速ファイル/オブジェクト・ソリューションが「データの価値を最大化」することを目指す多くの組織にとって戦略の中核となり得るかを検証しています。


IDCのロゴ

Why Pure Storage Is Buying Portworx for $370 Million

コンテナ・インフラストラクチャ・ソフトウェア市場は、CAGRで63%成長しているとIDCは報告しています。IDCのアナリストは、ピュア・ストレージによるPortworxの買収が両社にとって優れた戦略的投資であると述べています。


Gigaomのロゴ

GigaOm Radar for Enterprise General-Purpose Storage Systems

GigaOmは、2020年のRadarレポートでFlashArrayを卓越した性能を表す「Outperformer」として位置付けました。優れたアーキテクチャで管理がしやすいため、ビジネス上での実用性においてバランスのとれた効率的な設計であると評価しています。


451 Researchのロゴ

Pure Storage Acquires Portworx, gains Holistic Kubernetes Storage and Data Management Platform

451 Researchによる本レポートでは、Kubernetesデータ・サービス・プラットフォームを牽引するPortworxをピュア・ストレージが買収する意図について解説しています。


DCIGのロゴ

Enterprise All-Flash Arrays Product Bulletin for Pure Storage

DCIGによる本レポートでは、アクティブなワークロードにオールフラッシュ・ストレージ・インフラストラクチャを採用するメリットを概説し、FlashArray//Xシリーズについて分析しています。


IDCのロゴ

Architectural Design Decisions Directly Support a Better Customer Experience for Pure Storage FlashArray Users

アーキテクチャの設計は、エンタープライズ・ストレージのライフサイクルに大きな影響を与える可能性があります。IDCによる本レポートでは、ソフトウェア定義のアーキテクチャ、ステートレス・コントローラ、コンポーネントのモジュール性、設計のシンプルさに焦点を当て、Evergreen StorageのためのFlashArrayアーキテクチャのサポートについて解説しています。


IDCのロゴ

Containerizing Key Business Workloads: Evaluating the Approaches to Meet Persistent Storage Demands in Containers

IDCによる本レポートでは、コンテナ上で動作するアプリケーションのデータ永続性をサポートするための複数のアプローチについて分析しています。また、コンテナやクラウド環境向けに提供している共有ストレージ・サービス「Pure Service Orchestrator™」の最新機能や市場での差別化についても評価しています。


ESGのロゴ

Pure Storage: FlashArray File Services

ESGによる本レポートでは、FlashArrayファイル・サービスについて検証し、Purity/FAオペレーティング・システムがグローバルな重複排除と圧縮機能を備えた共有ストレージ・プールによるブロック/ファイルのための統合ストレージを提供する能力について解説しています。


451 Researchのロゴ

Data Outages

451 Researchによる本レポートでは、データを利用できなくなった場合のリスクとコストを検証し、プロアクティブなデータ保護の必要性について解説しています。


451 Researchのロゴ

Pathfinder: Multicloud and Hybrid Cloud The Path Forward for Storage Infrastructure

451 Researchによる本レポートでは、ハイブリッド・クラウドとマルチクラウド環境の台頭に伴い、クラウド・ストレージ・サービスを選択する際に組織が注意すべき点と潜在的な落とし穴について解説しています。


451 Researchのロゴ

Business Impact Brief: The Future for Data Storage is Unified

451 Researchによる本レポートでは、統合ブロック/ファイル・データ・ストレージが必要とされる主な要因について解説しています。


451 Researchのロゴ

Pathfinder Report: Without Agile Storage, There’s No Agile IT

451 Researchによる本レポートでは、ストレージ・プラットフォームの選択や、ストレージ・システムのサイジングを適切に行い、アジャイルなITに対する混乱を大幅に削減・排除する方法について解説しています。


451 Researchのロゴ

Business Impact Brief: Businesses are Shifting to a Unified Hybrid Cloud

451 Researchによる本レポートでは、統合ハイブリッド・クラウドの導入の背景にある主なビジネス推進要因と、効果的なクラウド戦略の重要性について解説しています。


ESGのロゴ

Trends in Digital Workspaces, VDI, and DaaS(デジタル業務環境、VDI、DaaSの新潮流)

VDIは、従来のデスクトップ、アプリケーション、データをエンド・ユーザーに提供する方法を大幅に変え、取って代わろうとしています。ESGによる本レポートでは、デジタル・ワークスペースとVDIのトレンドに加え、VDI導入のビジネス推進要因、メリット、課題について解説しています。


IDCのロゴ

Pure Storage Introduces a New "Unified Fast File and Object" Market Category at Its Accelerate User Conference

「統合型高速ファイル/オブジェクト」がどのようにして新たな市場機会を切り開き、ピュア・ストレージの有効市場を拡大し、プライベートおよびクラウドベースのソリューション向けの新機能を提供するかについて、Pure//Accelerate 2020での主な発表内容とともに紹介しています。


ESGのロゴ

Pure Storage ActiveDR: Near-zero RPO with Continuous Asynchronous Replication Technical Review

ESGによる本レポートでは、継続的なレプリケーションと高速リカバリにより、ほぼゼロのRPO保護を提供するActiveDRの能力を検証しています。また、ActiveDRによる性能への影響のないフェイルオーバー、導入・管理の容易さについてもテストしています。 


IDCのロゴ

Pure Storage Agile Data Service Delivering on the "Modern Data Experience"

「モダン・データ・エクスペリエンス」という言葉が表す意味と、そのことが俊敏性・可用性が高く、高性能で効率的なエンタープライズ・インフラストラクチャの提供にどのように結びつくかを解説しています。また、ピュア・ストレージのアジャイル・データ・サービスがどのようにしてモダン・データ・エクスペリエンスを実現するのかについても解説しています。 


IDCのロゴ

Pure Storage Introduces Compelling Alternative to HFAs for Secondary Storage Workloads

エンタープライズ・ワークロードにおいて、オールフラッシュ・アレイ(AFA)がハードディスク・ドライブ(HDD)ベースのアレイと比較して圧倒的な優位性を提供する理由を解説しています。 


451 Researchのロゴ

Pure Storage unveils plan to Accelerate the ‘modern data experience’

創業10周年を迎えたピュア・ストレージは、年次ユーザー・カンファレンスにおいて、次の10年およびその先に向けた計画を発表しました。「モダン・データ・エクスペリエンス」という新しい構想を発表し、その実現のために設計された多くの新製品と機能を発表しました。


451 Researchのロゴ

Pure Storage pitches priceslashing QLC flash storage

ピュア・ストレージは、大手ストレージ・ベンダーの中で、新たな低コストのQLCフラッシュを利用したストレージ・システムを最初に提供しました。これは、既存のデバイスよりも最大40%も安価で、オールフラッシュ・ストレージの利用拡大を目的としたものです。451 Researchによる本レポートでは、ピュア・ストレージのこの動きとタイミングについて解説しています。


Forresterのロゴ

The Total Economic Impact™ Of Pure Storage FlashArray Storage Solutions

Forresterによる本レポートでは、TEI(総合的な経済効果)として、FlashArrayストレージ・ソリューションによるコスト削減とビジネス上のメリットを解説しています。


IDCのロゴ

Enterprise Storage as Enabler of Digital Transformation in Global Retail Banking

世界の銀行市場におけるビッグ・データ、分析に対する2019年の支出は260億ドルに達すると予測されており、その後も前年比13%の成長が見込まれています。IDCによる本レポートでは、リテール・バンキングにおけるエンタープライズ・ストレージの役割について解説しています。


Gartnerのロゴ

ガートナー2019年マジック・クアドラント 「ソリッドステート・アレイ」部門

お客様のビジネスに最適なソリッドステート・アレイの選択にお役立てください。詳しくはレポートをご覧ください。


Gartnerのロゴ

Which SSA Do Users Prefer? Ask Customers.

Gartner Peer Insights  Voice of Customer(VOC:お客様の声) のソリッドステート・アレイ部門で最も高い評価を獲得しました。詳しくはレポートをご覧ください。


MIT Tech Review Insights

2018年度グローバルレポート:AIという緊急課題

本レポート(日本語)では、2,300人を超えるグローバル・リーダーに対する調査をもとに、AIとデータ・インテリジェンスの活用を目指す企業が直面する膨大な可能性と課題を考察しています。


Gartnerのロゴ

ガートナー「クリティカル・ケイパビリティ」レポート 2019、ソリッドステートアレイ部門

ガートナー「クリティカル・ケイパビリティ」レポート 2019、ソリッドステート・アレイ(SSA)部門では、高負荷の状況で 18 の SSA 製品を分析しています。ピュア・ストレージは、オンライン・トランザクション処理、サーバー仮想化、VDI で最も高いスコアを与えられました。詳しくはレポートをご覧ください。


Forresterのロゴ

The Total Economic Impact™ Of Pure Storage For SaaS Providers

Forresterによる本レポートでは、ピュア・ストレージ製品の導入によるTEI(総合的な経済効果)について解説しています。


IDCのロゴ

Evergreen Storage Has Changed Customer Expectations

ピュア・ストレージは、2015年、それまでの既成概念を打ち破る新しいコンセプトのストレージ所有モデルEvergreen Storageを打ち出しました。詳しくはレポートをご覧ください。


IDCのロゴ

Element of Value-Based Care

オールフラッシュ・ストレージ・ソリューションを活用して患者データへのアクセスを高速化する方法に焦点を当てながら、成長市場で重要となる医療ITストレージのニーズについて説明しています。詳しくはレポートをご覧ください。

800-379-7873 +44 20 3870 2633 +43 720882474 +32 (0) 7 84 80 560 +33 9 75 18 86 78 +49 89 12089 253 +353 1 485 4307 +39 02 9475 9422 +31 (0) 20 201 49 65 +46-101 38 93 22 +45 2856 6610 +47 2195 4481 +351 210 006 108 +966112118066 +27 87551 7857 +34 51 889 8963 +41 31 52 80 624 +90 850 390 21 64 +971 4 5513176 +7 916 716 7308 +65 3158 0960 +603 2298 7123 +66 (0) 2624 0641 +84 43267 3630 +62 21235 84628 +852 3750 7835 +82 2 6001-3330 +886 2 8729 2111 +61 1800 983 289 +64 21 536 736 +55 11 2655-7370 +52 55 9171-1375 +56 2 2368-4581 +57 1 383-2387